将来の不安で眠れないのは仕事とお金の考え方を変える事が必要。


将来が不安だ!!という若者は後を絶ちません。

確かに、昔ほど安定した社会とはなっていないこの現代は「ストレス社会」ともいえるのが現状です。

しかし、それと「将来が不安」という考え方は全くの別問題なのです。

実は人間の多くは「考えなくても良い事」を考えすぎてしまう事が「ストレス」を招き、

自身で不安を煽っているともいえるのです。

その不安を煽るような考え方は止めて、今すぐ考え方を変えるべきなのです。

将来が不安という考え方はムダでしかない

スポンサードリンク

将来が不安という人は多くの人の悩みでもある1つ。

しかし、この悩みは悩んでも解決されないことに気づいているのでしょうか。

将来というのは「今日以降」の未来の事を指しています。

という事は、だれもが想像できない未来の事を考えてしまっているのです。

「見えない部分」だからこそ不安になってしまうものですが、

そもそも見えない部分を観ようとしても見えないのですから意味がないのです。

1か月後に公開が決まっている映画を観るにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。

1か月前から観る方法など考えても意味ありません。

公開されてから観る事しかできないですから、先の事を今考えていても先に進みません。

むしろ、その無駄に考えている時間を違う時間に使う事が出来れば、悩んでストレスを溜めることもなくなるのです。

未来のことは「親」に聞いても明確に答えが返ってくることはないでしょうし、自分自身も分からないのです。

将来「お金」の不安があってもそれをどうするのか

お金

将来、お金のことが不安という方もいるでしょう。

生活するために必要でもある「お金」というツール。

食べ物は自給自足でも、人に食べさせてもらうなどなど方法はありますが、

暮らすという事に焦点を当てると、家賃を払ってもらうなどは難しいでしょう。

なので、お金は必要でもあります。

それも、あればあるほど良いと考える方も多いでしょう。

しかし、「老後」「病気」「教育費」などなど、家庭の問題によるお金の問題も考えても意味がないのです。

それは「今の現状」が答えとなっているからです。

家庭を養う方はお金の問題に直面しやすいでしょう。

しかし、お金にたいして不安を持ち、それを考えたところで何か変わったという経験はありますか?

変わったと言っても「お金が増えてストレスが減った」という方以外は意味がありません。

悩みは「お金」なのですから、増えれば問ほぼ題にならないはずです。

そうです、悩んでお金が増えるなら皆増えています。

また、お金の節約などでストレスを感じ、それが家庭を悪くしているのなら、それも意味ないです。

お金の入り方を変えなければ解消されることはないのです。

将来、仕事が不安という方は今すぐ変えるべき

悩む

「仕事」と「お金」の関係性は絶対的でもあります。

お金の不安があるという方は仕事の不安とも直結しやすいものでもありますが、

仕事に不安を感じる方は「今すぐ変えればいい」と思います。

家庭がある方でも仕事に不安を感じるのであれば、ストレスや自分の人生を考えて相談してみましょう。

「応援」「協力」をしてくれるパートナーなのかは大事ですが、

不安を感じながら行う仕事に「働く意味」は無いとも言えます。

会社に勤めた「目的」を思い出してみましょう。

当初の目的が「ただ生活するため」だったらそれは悩んでも仕方がないでしょう。

そうやって入った会社なのですから、不安になるのは当たりまえの事です。

もしも目的が明確にあって会社に入り、そして目的とズレたことで不安を感じるのであれば、

それは説得できるような意思をパートナーに伝えるべきです。

説得できないのであれば、それほどの意思でもあるともいえるのです。

仕事に不安を抱えているという人は「とりあえず就職した」という人に多いです。

「今」を大事にせず「未来のために」と無駄に考えてしまったから言えるので、

それを変えるには現状を変えるしかありません。

または、「家庭を養う主としてポジティブになる」しかないでしょう。

不安で眠れないのは「考えることしかしない」から

スポンサードリンク

不安で眠れないという状況が続くのは「考えているから」です。

不安なんだから考えるのは当たり前という方も無意味といえます。

そもそも不安は人間である以上0にすることは難しいでしょう。

しかし、不安をなくすには「考えているだけでは意味がない」のです。

考えるのは誰でもできますし、それで不安が無くなるのなら誰もが笑顔でしょう。

不安で眠れないという方に共通しているのは「行動しているのか」という事です。

お笑い芸人が「ネタができるか心配」という問題に直面する場合、

陸上競技でスタートが成功できるか心配という場合などなど、

そういったことを頭で考えても意味がないのです。

やはり、ネタを失敗しないように満足できるまで練習するという行動、

そして陸上競技でスタートが抜群に切れるように練習する他ないのです。

仕事やお金の不安も同じです。

人は「現状から変わる事が嫌」という人が多く、特に日本人はそうです。

仕事に関しても、不安なら転職すればいいですし、転職出来そうにないなら、

自身で業を起こすこともしてみても良いと思います。

現代はインターネットがありますから、情報なども簡単に手に入りますし、出来ないことはないのです。

家庭があっても、仕事に不安がありながら働いてもストレスが家庭に向いてしまいます。

それを感じる家庭の身になると、転職をして満足の行く仕事をすればいいのではないでしょうか。

実は満足のいく仕事をするとお金が多少減っても不安は解消されやすいです。

仕事が不安という方はプライベートでお金を使い、さらにお金が少ないと不安を感じる。

しかし、仕事で満足できている方は仕事によるストレスも少ないので、プライベートで使うお金も以前より減るでしょう。

全員に当てはまる事ではないですが、それほど不安によるストレスによって人生は変わるのです。

どうせ自分には出来ないという考えが1番無駄

ダメ

ここまで来て、いやいや、そんなこと言われても今すぐ変える事なんてできないという方は

家庭を持つ方であってもこの先も「不安」から解消されることはないでしょう。

そして、成長も難しく、今以上にストレスを感じて行くともいえるでしょう。

「今すぐ変わることは誰でも出来る」のです。

それは「行動」ですから、なんでも行動してみるのです。

めんどくさいという方、そして「そんなことやっても変わらない」というのであれば、

変わらなくていいのではないでしょうか。

やりもせずに判断するのであれば変わらなくても文句は言えません。

本当に不安を無くし、変わりたいのであれば行動をするべきなのです。

家庭があるのなら「相談してみる」などがありますし、仕事に不安を感じるのなら、

今すぐ仕事を変えてみること、そしてお金に不安を感じるのであればお金に満足の行く仕事にすること。

ハードルは1人暮らしなどの方は簡単に自分を変えることができますので、まずは行動をしてみましょう。

仕事を探してみるなり、色々なバイトをしてみるなり、様々な経験をしてみると変わってきます。

正社員が不安を無くすという考えは今は古いので、正社員からバイトになったとしても、

それで不安が無くなり、今を考えることができるようになれば、それは満足の行く行動ではないでしょうか。

1000万貯金したから老後も安心して生きられるなんてことはありません。

そして、もしも家庭持ちが相談したのに断られたのであれば、

断られないような説得力を持つことです。

それは「会社勤め以外で何か行動を始める」という事。

例えば「漫画家になりたい」というのであれば「会社勤め」をしながらマンガを描いて、

インターネットなりで自身で「生計が立てられる」というくらい結果を出してみるのです。

それであればその後相談したときに反応は変わるかもしれません。

それが「以前の会社よりも給料が下がっても」です。

会社に勤めているからって変わることは誰でも可能なのです。

問題は「行動するかしないか」です。

「不安」をかき消すには「考える」という事をやめ、行動に変えるという考え方そのものを変えなければ

今の現状を打破することは難しいのではないでしょうか。

考えている無駄な時間を「行動する時間」に置き換えてみれば結果は変わってくるでしょう。

先の事を考えて黙っているより、今のために今行動をするべきです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ