春のお彼岸はいつ?お彼岸の意味となぜおはぎをお供えするのかについて!


お彼岸というと、春と秋がありますね。

ご先祖様を供養する、大事な日本ならではの行事です。

彼岸

しかし、お彼岸はいつからいつまでなのか、

彼岸花はどういうものか?といった疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、春のお彼岸について、期間や彼岸花などに関する、

情報をお届けしたいと思います。

これを機に、お彼岸への意識を高めたいですね。

スポンサードリンク

春のお彼岸はいつからいつまで

彼岸

さて、まずは春彼岸の時期はいつからいつまでなのかについて、気になりますね。

真ん中となるのは春分の日であり、この日を彼岸の中日(ちゅうにち)とし、

その前の3日間と後の3日間を合わせて7日間を、春の彼岸と呼ぶようですよ。

2016年については、3月17日・木曜日が彼岸の入り(彼岸の始まる日)となっていて、

春分の日でもある、3月20日・日曜日が彼岸の中日に当たるようですね。

最終日は、3月23日・水曜日のようですよ。彼岸明けと呼びます。

ちなみに、3月21日は月曜日ですが振り替え休日であり、祝日となりますよ。

彼岸は7日間あるということを、覚えておきましょうね。

お彼岸の意味

さてここで、御彼岸の意味について考えてみましょう。

お彼岸は、古くインドより渡って来たのです。

彼岸という言葉はというと、“波羅蜜多”というサンスクリット語を、

漢文に訳した言葉である”到彼岸”が省略されたもののようですね。

また、お彼岸は”お日願”と書くこともあるとも言われているのです。

太陽というものは西に沈みますが、その西には”極楽浄土”があるのだと言われています。

その極楽浄土もある西側に沈みゆく太陽に向かいお願い事をするという、

説もあるということです。

春分の日には、太陽が最も西に沈むということで、

一層、極楽浄土に近付けると言う意味から、

彼岸の頃は、願いもより通じるようになるのだということですね。

お彼岸と彼岸花の関係

彼岸花2

春彼岸に適しているのは、キンセンカなのだそうですね。

黄色やオレンジなどの色をした花で、鮮やかなのが特徴ですよ。

また、それ以外にも牡丹の花も春に咲くので、彼岸に良く供えられます。

キンセンカも、ちょうど春彼岸の時期に咲くことが、彼岸に用いられている理由のようですね。

秋の彼岸の場合には異なり、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)が一般的になっているようです。

春と秋では供える花も違うのですね。

なぜ曼珠沙華が彼岸花と呼ばれるのか・・・その意味については、

これといって理由があるわけではないようですね。

単に、秋のお彼岸のシーズンに咲いているからのようですよ。

スポンサードリンク

なぜお彼岸に「おはぎのお供え」なのか

おはぎ2

おはぎには、小豆が使われていますね。

この小豆は赤い色をしています。

この赤い色というのは、魔除け効果があるとされていたようですよ。

そういったことから、邪悪な心を払ってくれるということで、

先祖を弔うお彼岸の際に供えられるようになったということです。

ただ、お供えをするのは秋とされており、

春は「おはぎ」ではなく「ぼたもち」を食べるのです。

そんな秋のおはぎには砂糖が使われますね。

江戸時代の初めころは、砂糖はとても庶民には手の出せない、

高価なものだったようです。

お彼岸の際におはぎを作るようになったころでは、

やはり砂糖を使うおはぎは、お彼岸に食べれる、

特別感のある食べ物と考えられていたようですね。

時代は流れ江戸時代も後期になると、

砂糖も庶民にも使えるようになったということですよ。

まとめ

春のお彼岸は、春分の日を中心として7日間を指すのですね。

そして、春の場合は供えるならキンセンカが多いようです。

さらに、おはぎは魔除けのためにお供えするものだということも、

おわかりいただけたのではないでしょうか。

日本人にとって、お彼岸はお盆と同様に大事な行事です。

春のお彼岸にもしっかりとご先祖様を供養しましょう。

きっと、ご先祖様も私達のことを見守ってくれるはずです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ