ハロウィンで仮装やかぼちゃの起源って何?海外と日本の違いまとめ!!


秋にはハロウィンがありますね。最近では日本でも盛んに仮装行列などが行われています。

ご自宅でパーティーを開かれる方もいらっしゃるでしょう。

では、一体ハロウィンの起源などはどの様なものなのでしょうか。

そこで今回は、ハロウィンの起源や海外と日本の違いなどについて探っていきたいと思います。

ハロウィンの起源ってそもそも何?

スポンサードリンク

ハロウィンの起源をご存知ではない方も多いのではないでしょうか。

ハロウィンは、『すべての聖人の祭り(万聖節)』というキリスト教のお祭りが起源となっているんです。

しかし、それだけではないんですね。

元をたどっていくと、ケルト人(古代ヨーロッパの部族)のお祭りに行きつくんですよ。

死者の霊が10月31日に帰ってくるのだという、ケルト人信仰があったんです。

幽霊のみならず、魔女や悪霊といった類も街に集まってしまう日だとされていたんですね。

ちなみに、死霊たちは生きていた頃に住んでいた場所に帰ってくると言われていますよ。

ハロウィンの本当の起源は、この幽鬼祭なんだとされているんです。

ハロウィンで仮装する意味

ハロウィン5

ハロウィンと言うと、仮装をイメージされる方も多いかと思いますが、それはなぜなのでしょうか。

ハロウィンは、幽霊や悪霊などといった魔物が帰ってくる日ですね。

なので、この日は魔物でいっぱいになってしまうわけなんです。

この点は、日本のお盆とも似ていると言えます。

ハロウィンの魔物は、人々に憑りついてしまいあの世に連れていこうとするんですよ。

私達人間も連れていかれたくはないので、魔物の格好をしたりして仲間だと思わせるんです。

そうすることで、あの世に連れていかれないように、防御をする意味合いがあるんですね。

なぜかぼちゃが必要なのか

ハロウィン4

ハロウィンでは、黄色いかぼちゃも外せないアイテムですよね。

中身がくりぬかれていて、おばけの顔をしているのが特徴です。これはジャックランタンと呼ばれるものです。

このジャックランタンは、ジャックという男の言い伝えによるんです。

乱暴者のジャックがハロウィンに悪魔と出会い、魂を取られそうになりました。

しかしジャックは悪霊を騙し10年間魂を取らないと、悪魔に約束をさせたのでした。

10年が経った時にまた悪魔が現れますが、それでもジャックは魂を永遠に取らないことを約束させました。

時が経ちジャックは寿命により亡くなりますが、生前に行いが良くなかったために天国には行けなかったのです。

地獄に向かう途中で、ジャックはあの悪魔と再会してしまいます。

ところが、ジャックの魂を取らないと約束していることを理由に、地獄にも入れてもらえなかったのです。

そこでジャックは、落ちていたカブを手に取り、くりぬいた中に火をともしてもらい、さまよい歩くこととなりました。

このカブが、アメリカでかぼちゃに変化したということです。

海外と日本のハロウィンの違いまとめ

スポンサードリンク

日本のハロウィンの特徴

我が国日本では、大人がハロウィンで盛り上がっている傾向がありますね。

町中で仮装をして練り歩いていることもあります。

どちらかと言うと、若者が楽しんでいる点が見受けられ、

発祥地のアイルランドよりも賑わいを見せているほどです。

海外のハロウィンの特徴

海外では、日本と違って子どものためのお祭りといった雰囲気が強いでしょう。

『トリック・オア・トリート』と言いながら、各家々を訪れつつ、

その家の大人からお菓子をいただくというのが通常です。子どもは仮装をしているのが通常です。

この日のために、地域の大人たちはお菓子を用意し、

地域に住む子どもたちと触れ合うことを楽しみにもしているんですね。

日本では、若者を中心とした大人が仮装をして楽しむというイベントとなっていますが、

海外では子どものためのお祭りであり、仮装をしてお菓子をもらって歩くのが通常という違いがあるんですよ。

まとめ

ハロウィン6

ハロウィンはとても深い起源となる話があり、日本のお盆と共通する点もあります。

しかし、今や日本と海外ではハロウィンの過ごし方に違いがあることも確かです。

お祭り騒ぎをするのは間違っていないですが、日本では誰でもにぎやかにコスプレなどをして

友達などで集まって楽しむようなラフなイベントとなっていますが、

海外ではしきたりというような方法である大人から子供へお菓子を渡すという事は

今でも行われているところも多いのです。

と言っても海外でもどんどんラフなハロウィンにはなっていますが、日本とは明らかな違いも分かりましたね!!

国それぞれの楽しみ方があって当然ですし、日本は日本で良いハロウィンと言えるでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ