困ってる女の子必須!ハロウィンで可愛いゾンビメイクする簡単な方法!


ハロウィンには仮装をして楽しみたいと言う方も多いのではないでしょうか。

しかし、そういった時にどういった仮装にしようか悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。

その様なケースではゾンビメイクを試してみるのも一案ですよ。

さて、どういった方法があるのでしょうか。

今回は、ハロウィンにうってつけのゾンビメイクについて探ってみたいと思います。

可愛いゾンビはナース服の色とミニスカ!!

スポンサードリンク

ハロウィンでゾンビの仮装をすると言っても、ホラー感ばかりではいけませんよね。

なので、可愛さを出すためにナース服をチョイスするのも手段の1つですよ。

コスプレ6

しかも、ポイントはミニスカにすることであり、

カラーについては白も良いですが、ピンクというのも選択肢ですね。

また、白に赤いラインが入った衣装もありますよ。

超ミニスカートにして髪はポニーテールにすると、よりセクシー感が出せるでしょう。

小道具としては、注射器や聴診器といったアイテムも忘れられませんね。

顔だけカワイイゾンビメイクの方法!!

ゾンビ5

さて、続いてゾンビメイクの方法について探ってみましょう。

どの様にしてゾンビへと変身するのでしょうか。

メイクに必要な物

1.傷シール(メイクで自身で施すのが苦手な方にうってつけ)

2.白いドーラン(肌を白塗りするため)

3.血のり(ゾンビ感を出すため・100円ショップでの入手可能)

4.赤や紫の口紅や、アイシャドウパレット

5.カラーコンタクトレンズ

可愛いゾンビメイクの方法

1.まずは、目にカラコンを装着しましょう。

白か赤にするとよりゾンビらしくなりますよ。

2.続いてベースメイクをします。

ドーランを用いるならば、化粧下地を使う様にして肌を守ってあげましょう。

3.それから目元のメイク。

 アイラインは、ダークカラーをチョイスしましょう。

描く際には太目を心がけることが大事なんです。

まぶたの周囲や目の下に茶色もしくは黒のアイシャドウを塗ります。

ゾンビに見えるように、クマっぽくすることがポイントですね。

窪んでいるように見せることがカギなんですよ。

4.影を付けていく

頬骨を目立たせるように、頬に茶色か黒のシェーディングを行うんです。

おでこの方にもシェーディングを行うのも良いですね。

5.リップはマット感のあるもの

マット感のある暗い色のものを使うのがベストですよ。

でも良いかもしれません。

6.仕上げの傷は傷シールでもOK

上述の傷シールを貼るのも良いです。

そして、血のりも塗ってリアル感を追及するのもありです。

よりゾンビらしさを求めるなら、傷の一種として、

打ち身のようになるように、グレーや青のアイシャドウを用いるのも手ですよ。

流血や静脈部分は青紫でランダムに描くようにしましょう。

ちなみに、コンタクトレンズは最後に入れるという方法もありますので、

ご自身に合った方法でメイクをしていくようにしましょう。

リアリティを追及し、目元を落ちくぼませたり、傷口を演出することが大きなポイントになるので、

そういった点にも気を配ってメイクしていきましょう。

スポンサードリンク

衣装にもデザインをするのもあり!!

ゾンビ4

衣装を用意するなら、ゾンビ風にデザインして、ホラー感を演出することも一案ですよ。

デザインに必要なもの

1.ゴム手袋

2.筆

3.赤や黒、茶のアクリル絵の具

デザインの仕方とは

1.手袋をはいて手で絵具を掴みます。そして、衣装を擦ったり握りましょう。

2.続いては、筆を使い絵の具を飛ばすようにして、衣装のナース服を汚すんです。

絵の具は多めに用いることがポイントであり、これで上手に返り血を表すことができます。

行う場合には、絵の具を飛ばすことになるので、辺りに絵の具が付かないようにすることが大事です。

新聞紙などを敷いて行うと良いですね。一応、壁などにも新聞紙等を張っておくといいでしょう。

ナチュラル過ぎてもダメ

カワコワとはこういったメイクをすることを言います。

やはりナチュラル過ぎてもダメで、リアル感は出した方がグッド。

まさにカワコワの代表例と言えるものです。

せっかくのゾンビメイク。怖いは基本にはいっていますから、

怖い中でどれだけカワイイポイントを入れられるかなので、

ナチュラル過ぎるのはただただカワイイになってしまうので、NGです。

ゾンビ感はしっかりとだし、怖いのにセクシーなどに見せることが最も重要です。

USJでは非常に多いゾンビメイク。

カワコワの女の子たちは増えつつあり、USJに行くだけでも勉強になりますよ!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ