山梨のさくらんぼ狩りで時間無制限の食べ放題のオススメスポット!!


山梨でさくらんぼ狩りを考えている方も多いでしょう。

山梨県では「6月~7月」までの1か月間の間でさくらんぼ狩りを楽しめるところが多いですが、

山梨県ではほぼ全ての場所が「食べ放題」なんですね。

しかも、さらには「時間無制限」という場所もあるんです!!

大抵は「30~40分」という限られた時間内でおいしそうなものを選んで食べて移動して・・・これではすぐに終わってしまい、

もう少しゆっくりしたかったという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は「山梨県のさくらんぼ狩りで時間無制限の食べ放題があるオススメスポット」をご紹介します!!

山梨県の時間無制限食べ放題オススメスポット!!

スポンサードリンク

小野洋らん果樹園

この小野洋らん果樹園では「佐藤錦」「高砂」「ナポレオン」の3種類の品種を無制限の食べ放題となっていて、

3品種400本の木からなる広い果樹園では「お子様」ももちろんゆったり自分のペースで食べることができるので

非常にオススメのスポットです。

ここでは「低農薬」にこだわっている事から、品質も間違いなしの果樹園です。

他にも「すもも」「ぶどう」「桃」といった果物の栽培もおこなっています。

ただ、ここで注意が必要なのは「予約者でなければ無制限にならない」ので、

時間無制限を楽しみたい方は「必ず予約」をしましょう。

小野洋らん果樹園

✔時期:5月下旬~6月下旬

✔料金

・小学生以上:2000円

・小学生未満:1000円(予約した場合は小学6年生まで)

・2歳以下:無料

✔時間制限

・予約なしの場合:40分

・予約ありの場合:無制限(サービスチケットあり)

✔予約:予約推奨

✔営業時間:8~16時

✔定休日:無休(さくらんぼ狩り期間中のみ)

✔駐車場:70台(無料)

✔送迎:JR中央竜王駅にて送迎あり(予約時連絡)

✔住所:山梨県南アルプス市西野1202

✔電話番号:055-282-6267

✔公式サイト:小野洋らん果樹園

✔アクセス:小野洋らん果樹園MAP

小野まるしょう農園

この農園も山梨で味わえる「時間無制限」のさくらんぼ狩りスポットです。

ここでは「予約推奨」となっており、こちらも予約をすれば「小学6年生まで割引料金」という値段も見物。

予約なしでも行けないこともないのですが、当日に行くと「入れない場合もある」と言う事で、

やはり「電話・FAXでの予約が必要」と言えるでしょう。

もちろん、さくらんぼ狩りも大いに楽しめ、エリアの区切りなどもないために「ハウス内を移動しやすい」ということと

時間無制限と言う事もあって、ゆっくり自分のペースで美味しく食べる事ができます。

ただ、やはり「土日」は混雑するようなので、出来れば平日での来園がオススメと言えます。

時間無制限の為、土日の「駐車場状況」が混雑する場合もあるようなので、

その場合は近隣の駐車場から「送迎」もあるようなので、その方法での来園となる可能性もあります。

また、ここでは「ベビーカー」「ペット」なども可能と言う事で、家族がゆったり出来る環境が整っているオススメスポットと言えます。

小野まるしょう農園

✔時期:5月下旬~6月下旬

✔料金

・小学生以上:2000円

・3歳~小学生未満:1000円(予約した場合は小学6年生まで)

・3歳未満:無料

✔時間制限:時間無制限

✔予約:予約推奨(実質要予約)

✔営業時間:9~16時(時間外の相談もあり)

✔定休日:無休(さくらんぼ狩り期間中のみ)

✔駐車場:第一・第二あり

✔住所:山梨県南アルプス市西野1605

✔電話番号:090-7838-3433

✔公式サイト:小野まるしょう農園

✔アクセス:小野まるしょう農園MAP

予約は必ずした方が良い!!

スポンサードリンク

予約はしなくても入れる場所となっています。

しかし、小野洋らん果樹園は予約しなければ「無制限」ならず「40分」という有限となってしまうので注意が必要です。

また、小野まるしょう農園では「予約なしでも無制限」ですが、必ずその日に入れるといった保証はありません。

なので、どちらにせよ「電話等」の予約が必要になるといえます。

そして、通常予約なしの場合ですと「小学1年生」からは「大人料金」としての値段となりますが、

予約した場合は「小野洋らん果樹園」「小野まるしょう農園」ともに「小学6年生」までが子供料金となりますので、

結局は予約するとデメリットなど無く、メリットしかないのです。

なので、「予約はした方が良い」といえます!!

・「山梨のさくらんぼ狩りの最適な時期とオススメスポット一挙公開!!」

服装は動きやすい服装で!!

服装3

有限とは違い、無制限となると滞在時間も長めとなる可能性があります。

また、ハウス内で雨避けされているとはいえ、地面は歩きやすいとは言えない場合もあるので、

出来るだけ動きやすい服装で、なるべく足元は気を付けて「スニーカー」などで行くことをオススメします。

子どもの場合は楽しいという解放感が「ケガ」へとつながる場合があるので、

より動きやすい服装と着替えの服装、そして「ケガ」に備えて絆創膏などを持っているとより良いです。

まとめ

山梨県には2件も時間無制限のさくらんぼ狩りスポットがあるのです。

全国にもあることはありますが、数えられる程度しかないので、無制限を楽しむなら「山梨」がオススメです。

また、先ほども言いましたが、当日に直行するよりは「予約」した方が圧倒的にメリットがあるので、

子どもがいる場合でもいない場合でも関係なく「予約」はしましょう!!

スポンサードリンク

・「さくらんぼの食べ過ぎで腹痛が・・・」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ