ホタルの夕べは夕やけ小焼やけふれあいの里!日程・料金と楽しみ方について!


夏と言えば「ホタル観賞」も楽しみの1つですね!!

夜に無数に光る天然のライトが幻想的な世界を魅せてくれるそんな1日があれば

日ごろの嫌なことやストレスも吹き飛びますし、子供も無我夢中になることでしょう。

しかし、東京で見るというのは中々ないのではとも思える大都市にて見れる有名スポットがあるんですね!!

そこが「夕やけ小やけふれあいの里」です。

地方に行かなきゃ見れないという方も東京都内なので、安心して見れますね!!

と言う事で、今回は「ホタル観賞」ができる「夕やけ小やけふれあいの里」の見どころなどについてご紹介します!!

スポンサードリンク

ホタルの夕べとは?

ホタルの夕べというイベントを「夕やけ小やけふれあいの里」にて毎年開催しています。

このホタルの夕べとは「ホタル観賞会」の事で、

辺りが薄暗くなり始めると光る「ゲンジボタル」の鑑賞をすることができます。

ここでの「ゲンジボタル」は「園内で育った天然物」で、環境や天気などによってホタルの数が左右しますが、

この園内で育つホタルは「今にも手に届きそうな星空」と表現することができます。

この夕やけ小やけふれあいの里は自然に囲まれた場所なので、他の光などが一切ない

純粋な「ホタルの光」を鑑賞することができるオススメスポットなんですね!!

ホタルの夕べの日程は?

ホタル

夕やけ小やけふれあいの里にて行われる「ホタルの夕べ」の日程ですが、

2016年は「6月11日~6月26日」となっており、約2週間のみの期間楽しむことができます。

なぜ2週間という短い期間なのかは後程説明します。

ホタルの夕べの開催時間は?

このホタルの夕べというイベントは「天然で育つ天然のホタル」なので、

夜になってからの鑑賞会となっております。

なので、ホタルの夕べ開催時間は夜となっており、「夜6時~夜9時」となっています。

通常営業時間は「朝9時~夕方4時半」となっていますが、

少し車や座って休憩する時間を取れるのであれば、

それ以前の時間帯にお越しの方もホタルの夕べを鑑賞することもできますよ!!

ホタルの夕べに必要な料金は?

ホタルの夕べは「期間限定で時間限定の特別イベント」となっていますが、

なんと魅力的なのは「夕やけ小やけふれあいの里」のホタル観賞会の料金は、

なんと「タダ」となっています。

しかし、通常営業時間からお越しの方は「大人 200円」「中学生以下 100円」の料金がかかります。

ホタルの夕べ開催期間中、夜6時からは「入場無料」でホタル観賞をすることができるので、

時間がある方は本当にオススメと言えるスポットです!!

夕やけ小やけふれあいの里にいる「ホタルの種類」

この夕やけ小やけふれあいの里にて行われる「ホタルの夕べ」ですが、

ここにいるホタルの種類はもちろん日本で1番有名で多いとされる

「ゲンジボタル」です。

ゲンジボタル

ゲンジボタルの特徴として、「日本では大きい部類に入るホタル」と言われ、

オスのホタルよりもメスのホタルの方が大きいが、光り方はオスの方が光が強いです。

ゲンジボタル寿命が短い!!

ゲンジボタルの発生時期は「5月~7月」となっており、

さらにはこのゲンジボタルは寿命が短く、

「成虫になってから3週間」という短い期間で寿命を迎えます。

なので、このホタル観賞会は「2週間」という短い期間の中で行われるんですね。

ゲンジの由来

ゲンジやヘイケなどといった、昔「戦国」というものを連想させる名前の由来ですが、

ゲンジボタルのゲンジの由来は、

平家打倒としていたものの実際に果たせずに敗れて、

その後自害してしまった源頼政(みなもとのよりまさ)の打倒としていた思いが、

天高く光を放つホタルにたとえられたことからゲンジボタルとされた説があります。

他にも、源頼政が生きる魂をホタルの光として戦うという「魂を光にみたてた」と言う事から

「ゲンジボタル」と呼ばれている説もあります。

スポンサードリンク

夕やけ小やけふれあいの里ではホタルの捕獲は厳禁!!

ホタル2

夕やけ小やけふれあいの里にて、ホタル観賞をするためのイベントとして

ホタルの夕べを開催していますが、どの期間、どの時間としても

ホタルの捕獲(捕まえる行為)は厳禁とされています。

これは自然保護のためのものなので、しっかりとルールに従いましょう。

夕やけ小やけふれあいの里の楽しみ方

夕やけ小やけふれあいの里ではホタル観賞はもちろん、

そのほかにも様々な体験や楽しみの場を堪能することができます。

しかし、ホタルの夕べ期間は注意も必要です。

ホタルの夕べ開催時間中はホタルの鑑賞がメイン

ホタルの夕べは夜6からのイベントとなっており、

ホタル観賞をするために他の光などはホタルの光をさえぎってしまう事から、

基本暗い中でのホタル観賞となります。

ですので、その時間での他の娯楽等はありませんので、注意しましょう。

ホタル観賞の為の時間となります。

しかし、ホタル観賞をすると「満足」はすること間違いなしです!!

他の娯楽を楽しみたいなら!!

ホタル観賞以外は「日中」にて「ポニー・ウサギ」といった動物とのふれあい体験や

乗馬体験もできますので、子供が存分に楽しめる様になっています。

動物とのふれあいに関しては料金は「無料」となっていますが、

乗馬体験に関してはいくつか条件があり、

開催期間:休日・祝日(平日は事前に電話にて相談)

開催時間 4月~10月:10:00~11:45、13:00~15:30

年齢制限:3~9歳

料金:300円(ケージ内2週)

乗馬はこのように条件がありますので、注意しましょう。

・写真ギャラリー

今は亡き日本の写真家である「前田真三さん」の写真展も行われています。

ホタルの夕べ期間はもちろん鑑賞可能となっており、

終了期間は7月31日までとなっています。

・中村雨紅展示展

この夕やけ小やけふれあいの里は、童謡の「夕焼小焼」のモデルになった場所です。

この童謡の作詞者である「中村雨紅さん」の展示展がこちらにあります。

・各種体験コーナー

ここではそのほかにも別途料金に加えて「期間限定」での体験コーナーなどもあります。

「陶芸」「わら細工」「草などでつくる物づくり」といった、子供から大人まで楽しめる様になっています。

これらの日程・料金などの詳細はこちらの体験講座詳細にてお確かめください。

バーベキューをしよう!!

バーベキュー2

この夕やけ小やけふれあいの里では「ホタルの夕べの期間中」でもバーベキューも楽しめます。

バーベキューが行える時間帯は決まっており、

「朝9時半~夕方4時」となっています。

かまどとテーブルは場所台として「各1000円」の負担となりますが、

調理器具などは持ち込みの場合はお金はかかりません。

また、調理器具がない場合は「1000円でレンタル」も行っています。

食材は自身で買い込みとなりますので、注意しましょう。

また、バーベキューをするには「完全予約」となっていますので、

事前に予約したうえでバーベキューを楽しみましょう!!

予約電話番号:042-652-3072(朝の10時より予約開始)

アクセス方法

電車とバスで行く方法もあれば、車での方法もあります。

ただし、「ホタルの夕べ」の場合、バスの最終時間は「20時32分」となっているため、

早めに切り上げて帰らなければなりません。

なので、車でのアクセスをお勧めします。

一応電車とバスで行く場合のアクセス方法と車の方法をご紹介します。

電車・バスでのアクセス

京王高尾駅又はJR高尾駅北口を出て、

西東京バスの陣馬高原下行きに乗り、約30分乗車にて「夕焼小焼」を下車にて到着。

車でのアクセス

1.中央自動車道八王子インターより国道20号に入り、追分交差点より陣馬街道を走り、約30分程で到着となります。。

また、もう少し近くまで高速を使う方法でより近くまで行ける方法もあります。

2.中央自動車道八王子JCT経由で八王子市役所方面の

圏央道八王子西インターを降りて、川原宿交差点より陣馬街道を10分程度で到着となります。

まとめ

いかがでしたか?

ホタル観賞としては「自然」という最高の中で暗闇を

たくさんの光で照らす「ホタルの光」はまさに最高のライトとなります。

暑くなってきたその時期に「幻想的な世界」へと惹き込み、心を浄化してくれる、

そんな素敵なホタルを見るには「夕焼小焼けふれあいの里」で決まりです!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ