愛知県のあじさい名所、形原温泉のあじさいの里2016の見ごろ!


愛知県であじさいの名所と言えば、

やはりここ「形原温泉」で決まりでしょう。

ここでのあじさいは毎年5万株、10万人もの来場者がある

この形原温泉のあじさい祭りですが、

この記事では2016年の形原温泉のあじさいの見ごろや

開花状況、アクセス方法についてご紹介しています。

形原温泉について

スポンサードリンク

形原温泉は「西浦温泉」「三谷温泉」と肩を並べる愛知県蒲郡市の温泉地の1つで、

宿泊は10件程しかなく、とても居心地の良いレトロな雰囲気を持つ温泉地。

形原温泉とあじさいの里はセットで有名で、入り口の看板にもあじさいの里をPRしているほど。

元々は秋田に構える寺の祖丘禅師によって温泉を掘り当てたために

この地に温泉がわき出したとされていますが、

一旦は温泉が湧き出なくなるも、1945年の最大震度7を記録した「三河地震」によって

再び湧きだしたことが現在の温泉地の源にもなっています。

ここでのあじさいの里には毎年10万人以上の来場者を誇り、

それに負けじとあじさいも約5万株のあじさいが咲き誇ることから、

あじさいの名所としても知られているんですね。

形原温泉あじさいの里2016の開催期間等について

あじさい10

形原温泉あじさいの里のあじさい祭りの期間は毎年決まっており、

2016年も「6月1日(水)~6月30日(木)」の1か月間となってます。

あじさいの一般的な開花時期は「6月~7月上旬」とされているので、

全く問題なく見ごろを迎えるといえます。

なお、開催時間や料金等は以下の通りとなります。

🌼あじさい祭り2016の詳細まとめ🌼

・開催期間:6月1日(水)~6月30日(木)

・開催時間:朝8時~夜9時30分

・料金:300円

*中学生以下・障がい者(付き添い1名まで)は無料です。

*なお、障がい者については障がい者手帳の提示が必要です。

形原温泉のあじさいの開花状況

形原温泉のあじさい祭り開催期間は「6月1日~6月30日」の1か月間。

この1か月間の中での開花状況としては毎年およそ決まっています。

6月上旬ごろではまだ満開とは言えない部分も目立つものの、

6月の半ば、中旬ごろでは満開が多く目立ってきます。

なので、出来るなら「6月上旬」よりは「6月中旬頃」に行くと

毎年の開花状況からして、より良いあじさいを見ることができます。

見ごろについて

あじさい8

開花状況として6月上旬はあまりオススメできないといいましたが、

それは見ごろが関係しています。

形原温泉のあじさいの見ごろは「6月中旬以降」がオススメなんですね!!

そんな見ごろが続くのは「7月頭くらい」なので、

オススメとしては「6月18日(土)~7月3日(日)頃」がオススメの見ごろ時期と言えます。

場合によっては7月10日ごろまで続く場合もありますが、

雨などの天候次第と言えるでしょう。

見どころについて

夜のライトアップ!!

ここ、形原温泉のあじさいの里では、

期間内において昼は通常のあじさい祭りですが、

夜はライトアップされるのがここの魅力です。

関西では「京都の三室戸寺」がライトアップで有名ですが、

東海ではここの形原温泉のあじさいの里が有名なんですね。

ライトアップの時間は「日没~夜9時30分」です。

ホタルも舞う!!

このライトアップと共に「ゲンジボタル」も見れる可能性があるのです。

このゲンジボタルは土地柄、綺麗な環境出なければ見られないもの。

形原温泉がとても良い環境と言う事がキレイなあじさいやライトアップと共に

ゲンジボタルもライトアップしてくれるんですね。

もちろん、デリケートなので捕まえたりはしないようにしましょうね!!

三麓園でジンギスカン

ジンギスカン

あじさいの里に近い場所にて三麓園という「ジンギスカン」が食べられる場所があります。

この三麓園は50年という長い年月にわたって受け継がれる秘伝のタレをベースに

染み込んだジンギスカンをこの形原温泉付近で食べられるんですね。

良いジンギスカンは癖がないのは北海道ジンギスカンを食べたことがある方なら

わかるかと思いますが、癖もほとんどなく食べられるというのは「三麓園」で決まりでしょう。

・住所:〒444-0102 愛知県蒲郡市金平町上ノ坊20

・営業時間:11時~夜6時

・定休日:木曜日

・公式サイト「三麓園のジンギスカン」

↓MAPは以下にあります↓

駐車場情報

スポンサードリンク

駐車場は「300台」もの駐車が出来る駐車場が用意されています。

料金はあじさい期間中は「1台500円」となっています。

しかし、あじさい祭り期間中の土日は大混雑します。

空き待ちが出ることも良くあるので、出来れば

朝の時間帯から現地に行く事をお勧めします。

アクセス方法

電車の場合

・東京 より新幹線→ 豊橋からJR東海道線に乗り換え→

蒲郡または三ヶ根→タクシーでおよそ15分。

・大阪 より新幹線→ 名古屋から JR東海道線に乗り換え→

蒲郡または三ヶ根→タクシーでおよそ15分。

・名鉄名古屋駅→ 新安城の蒲郡行き→

形原または三河鹿島→タクシーでおよそ5分程度。

車の場合

東京方面

・東名高速道路の音羽蒲郡IC→オレンジロード→ 形原温泉

大阪方面

・東名高速道路の岡崎IC→国道248号線→ 形原温泉

・湾岸自動車道の豊明IC→国道23号線の蒲郡方面→ 形原温泉

まとめ

形原温泉のあじさいの里は毎年多くの来場者があるため、

混雑は凄いですので、なるべく朝からの行動をするように心がけましょう。

出来れば夜のライトアップも見どころですので、夜に行かれるのもオススメです!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ