あけのひまわりフェスティバル2016の見ごろと開花状況について!


関東でヒマワリの名所と言ったら「あけの」のヒマワリではないでしょうか!!

関東では最大級の規模とされる広大な大地に咲く、

数え切れないヒマワリが茨城の筑波山と見事にコラボします。

さらにここのヒマワリにはある特徴があります。

それは後々として、今回は関東でのヒマワリの名所である

「あけのひまわりフェスティバル2016の見ごろや開花状況」についてご紹介します。

アクセス方法などもチェックですよ!!

あけのひまわりフェスティバルの広さとヒマワリの本数

スポンサードリンク

茨城県筑西市にある「明野ひまわりの里」は

宮山ふるさとふれあい公園の近隣に位置するひまわり畑で、

「あけのひまわりフェスティバル」として毎年多くの来場がある

明野ヒマワリの里の広さは約4.4ヘクタールとされ、

東京ドーム1個分の広さに該当します。

この東京ドーム約1個分もの広さの中にはなんと

「100万本」とも言われるひまわりをはじめ、コスモスや百日草なども咲きます。

明野ひまわりの里のひまわりの特徴

明野ひまわりの里に咲くひまわりには他のひまわり畑とは違い、

ある特徴があります。

それが「八重ひまわり」というひまわりがメインで咲いていると言う事。

この八重ひまわりというのは「八重咲きひまわり」の事で、

一般的なひまわり

・真ん中が黒くて花びらが少ない「一重咲き」。

ひまわり3

八重咲きひまわり

・真ん中の方まで花びらがあり、黄色が真ん中の方まである「八重咲き」。

ひまわり

簡単にいうと「一重咲き」の花びらの数が八重(何倍も多い)という咲き方をしています。

なので、明野ひまわりの里のひまわりは「黄色に包まれたひまわり」なのです。

他にも「世界のヒマワリ」と題して様々なひまわりもあり、

ミニバラや「赤黒いひまわり」などもあります。

明野ひまわりの里の開花時期

明野ひまわりの里のひまわりは合計100万本ものひまわり咲きます。

全国にあるひまわり畑の開花時期は早くて「7月中旬」の場所があり、

11月まで見られるひまわり畑もあります。

ここ「明野ひまわりの里」の開花時期は「8月中旬・下旬~9月上旬」と少し短いです。

天候などの環境によってはバラつきが出てしまい、

全て満開なひまわりを見ると言う事は中々難しいとはいえますが、

全ての花を合わせると100万本、

八重ヒマワリでの作付面積は「日本一」とも言われている事から

十分な見ごたえがあるのは間違いないですよ!!

開花状況・見ごろについて

ひまわり2

明野ひまわりの里での開花時期は少し短い

「8月中旬・下旬~9月上旬」とありますが、

明野ひまわりの里での開花状況は例年多少の誤差が出ています。

しかし、8月中旬のお盆終わりに行ってもまだ

開花状況は6分咲きにもなっていない位ということも多いことから、

やはり例年の開花状況からしても「8月下旬~9月上旬」が満開となることが多いです。

「あけのひまわりフェスティバル」というひまわりの祭典は「開花状況」を考え、

見ごろに行われる祭りであり、

2015年は「8月29日(土)~9月6日(日)」の1週間となっていますが、

もっと過去のデータをさかのぼったところ、

2016年のあきのひまわりフェスティバルは

「8月27日(土)~9月4日(日)」となるでしょう。

なので、これらの事を考えて2016年の見ごろは

「8月28日(土)~9月11日頃」まで見られるでしょう。

・開催期間:8月27日(土)~9月4日(日)(予定)

・開催時間:日の出~日の入り

・料金:無料

あきのひまわりフェスティバルの楽しみ方

スポンサードリンク

あきのひまわりフェスティバル2016は予定で行くと

「8月27日(土)~9月4日(日)」の日程となるでしょう。

この期間では「オープニングイベント」や「出店」などといったものも登場します。

また、中でもオススメなのは切り花園内での「八重ヒマワリの持ち帰り」が出来るところです。

切り花園という自身で良い花を切り、それを持ち帰ることができる場所があります。

5本300円と「有料」とはなりますが、自身が気に入ったものを持ち帰るだけでなく、

花のプレゼントとしても更に別途有料にて好きな包装をし、誰かにプレゼントすることもできます。

短命ではあるため、早めに渡すこととなりますが、

日本最大規模で大輪な茨城県の明野ひまわりの里の八重ヒマワリを持ち帰るのはおすすめです。

駐車場混雑情報

駐車場は「宮山ふるさとふれあい公園駐車場」「臨時駐車場」で

およそ200台の駐車が可能で、料金は「無料」となっています。

やはり毎年多くの方が訪れるこの地で、200台の駐車場は少し小さめ。

朝から行けば全く問題なくスムーズに駐車が出来ることがほとんど。

しかし、お昼時になるとスムーズに駐車出来ない可能性もあるので注意が必要です。

多少待ち時間が発生する可能性もあるのでなるべく早めに行った方が良いです。

アクセス方法

アクセスはとてもいいとは言えませんが、道順はシンプルなので車でも問題無しです。

しかし、ちょっと複雑と感じる方は「電車+タクシー」を使用することをオススメします。

車の場合

・北関東自動車道の桜川筑西ICを降り、

アジア下館カントリークラブ方面の国道50号線を進み、県道45号線・14号線を経て到着。

・常磐自動車道の谷和原ICを降り、

国道294号線を進み、筑西市役所方面の県道54号線を経て到着。

電車+タクシーの場合

・JR水戸線 関東鉄道の下館駅で降り、タクシーに乗車後15分~20分にて到着。

土日はシャトルバスもある!!

期間内の土日に限り、JR下館駅の南口にて「無料シャトルバス」が運行します。

タクシーでは1500円はかかる距離なので、出費も抑えられますのでオススメです。

しかし、1日に4便しかないので、しっかりと時間を合わせて乗ることが重要です。

JR下館駅の南口発便時間:9:20 10:55 12:30 14:55

ひまわり会場発便時間:10:00 11:35 13:10 15:35

まとめ

あきのひまわりフェスティバルでは毎年多くの来場者がいます。

昼時は混雑もしますので、出来るだけ早めに行くことをオススメします。

また、土日は混雑しますが、無料シャトルバスも運行していますので、

電車で行く方は土日でも全く問題ないでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ