白山神社の文京あじさいまつり2016の開催期間・時間と見どころ!


あじさいまつりと言えば文京区白山にある「白山神社」の

文京あじさいまつりはとても有名でオススメスポットの1つと言えます。

あじさいと言えば「梅雨」のイメージをされる方も多いでしょう。

そんなあじさいの開花期間の平均は約1か月という短い期間の中で、

数え切れない程のあじさいが咲く

「白山神社 文京あじさいまつりの開催期間・時間と見どころ」についてご紹介します!!

白山神社は伝統ある神社

スポンサードリンク

白山神社は「文京区白山」と地名にもなっている通りとても有名な神社で、

全国にいくつもの白山神社がありますが、

ここ文京区にある白山神社は「徳川家」とつながりが深い伝統ある神社なんですね。

というのも、約1000年前に文京区にある「本郷1丁目」の場所にて白山神社が建てられましたが、

そこから600年程時を経て、徳川家康の三男で二代目将軍の「徳川秀忠」の指示によって移動を強いられ、

今の「小石川植物園」の地に移動しました。

しかしその後、5代目将軍の「徳川綱吉」の屋敷が建てられることになったために

現在の場所に落ち着いているのです。

綱吉がこの件でかかわって以来、この白山神社を強く信仰したと言われています。

なので、徳川家とのつながりが深い神社と言えるんですね。

文京まつりのあじさいの特徴

あじさい3

文京まつりのあじさいの特徴として「決して広い」とはいい難い

この敷地内にて「3000株」ものあじさいが咲いているというとても魅力的なまつりで、

文京花五大まつりと言われる

「文京さくらまつり」「文京つつじまつり」「文京菊まつり」「文京梅まつり」の1つです。

ここのあじさいは色鮮やかなものばかりで、

「アジサイ」「マイコアジサイ」「ヤマアジサイ」「ガクアジサイ」「ウズアジサイ」などの

「テマリ型」と呼ばれる一般的な形のあじさいが多く咲いています。

あじさいの花言葉

文京あじさいまつりには多くの種類のあじさいが咲いていますが、

あじさいの花言葉はご存知でしょうか。

あじさいの花言葉を知っておくとちょっとした話題にもなるかもしれませんよ!!

そんなアジサイの花言葉は、

「元気な女性」「忍耐強い愛情」「家族の結びつき」とあるようです。

特に「家族の結びつき」は「あじさいの花の咲き方」が根源で、

あじさいは「集まって寄り添いあうように咲く花」ということから

家族の結びつきという花言葉があるとされています。

また、文京あじさいまつりにも咲いている他のあじさいの花言葉ですが、

「ガクアジサイ」の花言葉は「謙虚」。

「ヤマアジサイ」の花言葉は「乙女の愛」。

「マイコアジサイ」の花言葉は「移り気」となっています。

文京あじさいまつり2016の開催期間

あじさいは花の為、開花状況によって変動しますが、

平年通りで行けば「6月初め~6月2週目」といったあたりで開催されており、

「土曜で始まり日曜で終わる」と言う事が多いようです。

2016の開催期間は「6月4日~6月12日」辺りでの開催となることでしょう。

あじさいは何時まで見れるの?

あじさい4

この文京あじさいまつりは「あじさい」を見るだけでなく、様々なイベントも行っています。

しかしこれらのイベントは時間が設けられているですが、

あじさいの鑑賞に関しては「いつでも鑑賞可能」なのです。

朝方に行っても大丈夫ですし、暗くなってからでも見ることは出来ます。

自身の行きやすい・見やすい時間に行くのもアリです。

また、期間外でも見ることができますが、あじさいの開花寿命は「1か月程」といった通り、

早くて「5月25日以降~」から遅くて「6月20日」程であじさいの鑑賞は実質終了と言えますので、

まつり期間内でなくても良いという方は少しずらして見に行くと写真なども撮りやすいかと思います!!

あじさいまつりに料金はかかるの?

スポンサードリンク

この白山神社の文京あじさいまつりの入場料などは「無料」となっています。

ただし、敷地内での「模擬店」などに関しては別途料金が発生します。

見どころは「富士塚」!!

ここ、白山神社には普段お目にかかれない富士塚という「白山神社古墳」があり、

その場所に咲くあじさいはかなり綺麗なものとして特別人気でもあります。

基本的に「あじさい」を観たい人の為の開放とされているため、

あじさいを見て他はスルーするという方もいるようですが、

この時期にしか解放しないとても貴重な場所ですので、

行った方が良いオススメスポットです。

また、富士塚と聞いてもよくわからないと思いますが、

富士塚というのは富士山を想定して作られた人口山の事で、

昔は富士山に登るとご利益があると言う事で「富士信仰」が多かったものの、

実際に富士山に上るのはハードルが高すぎたために、

富士山に見立てて作った富士塚に上ることでご利益を得れるという事から

この白山神社の地にて、富士塚ができたと言う事です。

この富士塚には時間制限があり、「9時~夕方5時」までとなっています。

歯痛止めの神様がいる地!!

歯ブラシ2

この白山神社はあじさいは確かに有名ですが、

ここには「歯の神様」がいるといい、あじさいまつり期間中は「歯ブラシ供養」も行っているのです。

この歯ブラシ供養は「期間中の日曜日」限定となっていますので注意が必要ですが、

このイベントでは先着順で「無料歯ブラシ」を貰えることができますので、

日曜日の歯ブラシ供養は是非行いたいものです。

歯ブラシ供養のほかにも「歯科相談」も行っているのがこのイベントのすごいところです。

他のイベント例

このほかにもイベントはいくつか行われており、

小腹がすいた場合は「模擬店」にて軽食を取ったり、

バンドやオーケストラ、フラダンスの「コンサートステージ」などもあります。

また、子供も楽しめる様に「写生会」「オリジナルバッグ作り」も出来るため、

老若男女問わず楽しむことができます。

アクセス

この白山神社には周辺にもあまり駐車場がないため、

基本的には電車・バス等での移動が便利と言えます。

車で行くことも可能ですが、駐車場と混雑を考えるとあまりオススメは出来ません。

電車

・都営地下鉄三田線 白山駅のA3出口よりおよそ3分の徒歩にて到着。

・東京メトロ南北線 本駒込駅の1番出口よりおよそ5分の徒歩にて到着。

バス

・都バスの草63 白山上より3分程の徒歩にて到着。

・コミュニティバス「B-ぐる」 12番の白山駅・31番の白山5丁目よりおよそ5分の徒歩で到着。

まとめ

あじさい2

白山のあじさいはとても綺麗で人気のスポットとなっています。

混雑する事が予想されますので、早めの行動や準備等を行い、

混雑を回避してあじさいを見る場合は無理をして開催期間中に行かず、

少し期間をずらしていくのもあるです。

他にもイベントやオススメスポットである「富士塚」などもありますから、

1度は行ってみてはいかがでしょうか!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ