東沢バラ園バラ祭り2016の開花状況!春秋の見ごろとアクセス方法!!


日本のバラ祭りの中でも有名で、

広さも株数も多いとして人気のバラ園である「東沢バラ園」

山形県は村山市にあるこのバラ園は「バラ園」としては珍しく、

平成13年に「かおり風景100選」にも選ばれた人気スポットだけに多くの来場者が訪れます。

この記事では東沢バラ園のバラ祭り2016の開花状況や春・秋別の見ごろ、

そしてアクセス方法等をご紹介していきます。

東沢バラ園とは?

スポンサードリンク

東沢バラ園は平成14年、2002年にグランドオープンし、

広さがなんと7ヘクタールもあり、東京ドーム1.5個分もの広さを誇るこのバラ園。

バラ園としては唯一、環境省による「かおり風景100選」に選ばれ、

今もその栄光は健在と言えるのが東沢バラ園です。

魅力的なのはバラ園なのでバラですが、このバラの数はなんと

「750品種2万株」ものバラが色鮮やかに咲いています。

ここではバラが咲く期間であれば有料とはなるものの、

それ以外の期間は基本的に無料で、

定休日は「年中無休」というのが魅力的なバラ園です。

ここは広いだけあって、各場所にトイレ・多目的トイレのほか、

子供にも優しいベビーシートなどもあります。

お年寄りも安心の車いすや、ベビーカー、

ペットも入園可能な家族団らん出来るスポットなのです。

春の開花状況・見ごろ

バラ3

バラは春・秋の2回咲きます。

同じ種類が咲くことは無いですので、

春と秋は違う一面が見られるのが非常に魅力的です。

この東沢バラ園での開花状況は例年ほとんどぶれずに毎年行われており、

バラ祭りも同じ期間に行われます。

このバラ祭り開催期間となると人も多くなり、多少の混雑はあります。

ただし広いので有意義に過ごすことができるのは凄いメリットと言えます。

春のバラの開花時期は「6月上旬~7月上旬」の1か月間です。

そして、東沢バラ園の開花状況としては

「6月中旬ごろ」が1番満開の多い期間となることが多いため、

見ごろは「6月18日(土)~6月25日(土)」頃が見ごろとなるでしょう。

一方、バラ祭りも同時期開催されますが、

バラ祭りは2015年は「6月4日~6月5日」となっていましたが、

2016年は「6月4(土)~7月3日(日)」頃まで行われるでしょう。

バラの開花時期:6月上旬~7月上旬

実際に開花状況:6月中旬ごろが満開が多い

見ごろ:6月18日(土)~6月25日(土)

バラ祭り:2016年6月4(土)~7月3日(日)頃予定

営業時間:8:30~18:00

料金

高校生以上:600円

小中学生:300円

小学生未満;無料

秋の開花状況・見ごろ

バラ2

秋も同じく開花時期に合わせてバラ祭りがあり、

バラの見ごろともなると多少の混雑があります。

そんな秋のバラの開花時期は「9月上・中旬~9月下旬」とされており、

東沢バラ園の秋バラの開花状況としては「9月下旬辺り」が満開が多いです。

2015年は「バラ祭り」が終わってからも見ごろを迎えていたことから、

「9月19日(月祝)~9月28日(水)」頃が見ごろとなるでしょう。

シルバーウィークの時期が見ごろと言えます。

10月になっても満開のバラを見ることは出来ますよ。

2015年の秋バラ祭りは「9月7日~9月30日」となっていましたが、

これはあまりブレが無く、2016年も「9月8日(木)~9月30日(金)」頃となるでしょう。

バラの開花時期:9月上・中旬~9月下旬

実際に開花状況:9月下旬辺り

見ごろ:9月19日(月祝)~9月28日(水)

バラ祭り:9月8日(木)~9月30日(金)頃予定

営業時間:9:00~16:00

料金

高校生以上:600円

小中学生:300円

小学生未満:無料

東沢バラ園の見どころについて

スポンサードリンク

バラの見どころが多い!!

東沢バラ園では敷地が広い中、道行く先々で色とりどりのバラが見られる。

この園内を十分に楽しんでもらえるように、「40分見学コース」

「80分見学コース」という道順を載せたマップもあり、

自身の都合等に合わせたコース取りがしっかりと決められているんですね。

もちろん自身が自分で好きに見回っても良いですし、

時間があまり無いという方であれば「コース」の指示に従う事で

およその時間で見て回ることができます。

コース各所には「プリンセスミチコ」「グリーンローズ」「カーディナル」「ブルーヘブン」

「バイオレット」「クレオパトラ」「ピース」「光彩」「黒真珠」「オリジナルバラ むらやま」

「ケニギンベアトリックス」などのバラがあり、十分楽しめるように咲いています。

サービス面が良い

車いす

このバラ園の魅力は

「誰でもゆっくり堪能出来る事」がコンセプトと言っていいくらい

園内のバリアフリーが充実しています。

先ほども書きましたが、ベビーカーや車イスはもちろん、

目の不自由な方でも補助犬の同伴もありですし、

赤ちゃんのオムツを交換するためのベビーシートやベビーベッドもあります。

授乳などの時もスタッフに声を掛けると個室まで案内してくれます。

また、広い中、疲れてもすぐに休める様に

いくつかの場所にて「休憩ベンチ」も設置しています。

更に良い面は、「正面出入り口」の事務所に申し出ると

「車いす」「ベビーカー」などの無料貸し出しも行われているのがスゴイ魅力的な所と言えます。

園内は基本的に禁煙ですが、いくつかの特定の場所にて「喫煙スペース」もあるので

しっかりと配慮もされています。

子供の遊び場もしっかりと完備されており、

「滑り台」「ブランコ」「ターザン」等があり、決して飽きない仕様になっています。

このように環境が整っていると言う事が来場者を多く呼ぶことができるポイントと言えます。

名物バラソフト

ここに来たら誰もが頼むという人気ソフトクリームの「バラソフト」

場所は園内中央付近のバラ交流館2階の喫茶店

ここではバラ祭り期間内であれば「バラコーヒー」「バラジュース」なども堪能できるため、

休憩がてら行くのがオススメです。

アクセス

この東沢バラ園へは電車・車どちらでも行きやすい場所にあります。

しかし、電車を使った場合、少しだけ歩くことになります。

車に関しては「東沢バラ園」での駐車場は「170台」が駐車可能となっています。

電車の場合

・JR村山駅を降り、徒歩で約20分または車で5分程度で到着。

車の場合

・東北自動車道の東根ICを降り、国道287号・13号・25号を経由し到着。

まとめ

東沢バラ園は広大な敷地に多くのバラが咲き、

環境の良さも抜群でアクセスもしやすいと言う事で人気のスポットとなっています。

バラ時期はやはり賑わいますから、ゆっくり見たい方は昼時を少しずらすなどすると

比較的ゆっくり見れますし、写真撮影も十分できます。

何より、家族皆で行くにはかなりオススメのバラ園ですので、

1度いってみて見ることをオススメします!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ