関西の名所!南光ひまわり祭り2016の見ごろと花火について!


関西でひまわりと言えば「兵庫県佐用町」の

有名なひまわり畑である、南光のひまわりが人気でしょう。

ここでは南光ひまわり祭りが毎年開催され、

6地区に分けて合計が「130万本以上」という関西最大規模のひまわり畑ですが、

この記事では南光ひまわり祭り2016の見ごろや開花状況、

花火大会などについてご紹介していきます。

南光のひまわり祭りについて

スポンサードリンク

南光のひまわりとは、「兵庫県佐用町」にある南光地区に咲くひまわりの事で、

元々は南光町だったんですが、現在は南光地区として「6地区」に分けて

ひまわりを栽培しています。

この町は「ひまわりの町」と呼ばれるほどひまわりが人気の町で、

1990年に南光ひまわり祭りが開催されてから現在までに

土地の広さ合計が「約25ヘクタール 約130万本」ものひまわりが咲きます。

この土地の広さは「東京ドーム5個分」もの広さとなり、

ディズニーランドで比べると「半分」の広さとなります。

この南光のひまわりは後ほど説明しますが、

6地区に分けてひまわりを栽培しており、その6地区それぞれの開花時期も異なる

という点が他のひまわり畑にはない珍しい点となっています。

🌻南光ひまわり祭りの詳細🌻

・開催期間:7月16日(土)~7月31日(日)予定

・開催時間:朝8時30分~夕方5時まで

・定休日:無し

・料金:200円(数量限定でひまわりの苗付属)

南光ひまわりの開花時期について

ヒマワリ12

南光ひまわりは毎年「7月上旬~8月上旬」という期間が開花時期となります。

しかし、上記で説明しました「6地区それぞれ開花時期が異なる」という点です。

では、その6地区の開花時期についてみていきましょう。

・宝蔵寺:7月上旬

・漆野(段集落):7月上旬

・林崎:7月中旬

・東徳久:7月下旬

・西下野:8月上旬

・漆野(本損集落):8月上旬

このような開花時期となっています。

なので、この長期間もの間「ひまわりが咲く」という事に繋がっています。

ひまわりの開花状況について

ひまわり4

南光ひまわり祭りにおけるひまわりは「各地区」において

開花時期が異なるといいましたが、開花状況ももちろん

各地区において多少異なります。

開花状況

・「宝蔵寺」「漆野(段集落)」における開花状況は例年、

「7月1週目~7月中旬」で満開~閉園となる傾向にあります。

・「林崎」における開花状況は例年、

「7月中旬過ぎ~7月下旬」で満開~閉園となる傾向にあります。

・「東徳久」における開花状況は例年、

「7月下旬~8月上旬」で満開~閉園となる傾向にあります。

・「西下野」における開花状況は例年、

「7月末又は8月初旬~8月中旬」で満開~閉園となる傾向にあります。

・「漆野(本損集落)」における開花状況は例年、

「8月上旬~8月中旬」で満開~閉園となる傾向にあります。

見ごろについて

スポンサードリンク

開花状況についても言えますが、見ごろも地区により様々です。

そんな各地区の見ごろについてみていきましょう。

・宝蔵寺:7月4日頃~7月10頃まで

・漆野(段集落):7月6日頃~7月13日頃まで

・林崎:7月17日頃~7月24日頃まで

・東徳久:7月24日頃~7月31日頃まで

・西下野:7月30頃~8月7日頃まで

・漆野(本損集落):8月6日頃~8月14日頃まで

このような見ごろとなることが予想されます。

花火大会の日程等について

この南光ひまわり祭りでは様々なイベントが行われますが、

やはり最大のイベントは「花火大会」です。

ここの花火大会では「30分間 約800発」という花火が上がり、

この花火と満開のヒマワリがうまくマッチするのが最大の魅力なんですね。

暗くなって見えづらい満開のひまわりを花火がほんのり照らしてくれる様子は

とても幻想的で神秘的です。

なお、2016年の花火大会の日程は「7月31日(日)」となっており、

時間は「夜8時~夜8時30分」となっております。

また、この特別日程のみ出店なども出店していますから、

祭り雰囲気がさらに出て、夏休みを最高の思い出にしてくれること間違いなしです!!

駐車場情報

駐車場はメイン駐車場として「南光スポーツ公園内」にて用意されています。

南光スポーツ公園内は有料とされており、

「普通車1台 500円」「マイクロバス(小型バス)1台 1000円」

「大型車1台 2000円」となっています。

また、花火大会時の17時以降の入場の場合のみ「無料」となるようです。

ここは臨時駐車場となっていますが、しっかりと誘導していただけるので

混雑はありますが、しっかりと駐車することはできます。

ただし何度も言うように、この駐車場はとても混雑しやすいので

土日は早めに到着を目指さないと待ち時間が出る可能性もあります。

開園時間に近ければ全く問題はありません。

アクセス方法

アクセス方法は基本的に良い場所にあります。

しかし、車の場合は「渋滞が出来やすい」という条件が加わり、

電車で行く場合、徒歩となると「30分程」歩くという位置にあるため、

行きやすい方法で行くのが理想的です。

出来れば電車の方は「猛暑」となることも多いので、

駅からはタクシーを使用する方が得策と言えます。

電車の場合

・JR姫新線の播磨徳久駅→徒歩約30分またはタクシーで5分程度。

車の場合

・中国自動車道佐用IC→373号線(作用インター信号右折)→

179号線(上町信号左折)→53号線にて到着。

・播磨自動車道播磨新宮IC→44号線→

28号線(テクノ中央信号右折)→179号線(市の上信号左折)→

53号線にて到着。

まとめ

南光ひまわり祭りはとても多くの来場者があり、

花火大会だけでも5000人以上の来場者がいる程人気です。

そんなこともあり、土日は特に混雑しますので、

早めの行動、そして「猛暑」による健康管理にも気を付けて

楽しいひまわり祭りにしましょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ