ふじさわ江ノ島花火大会2016の日程と穴場スポットをご紹介!


神奈川県の花火大会と言えば神奈川新聞花火大会が有名ですが、

時期をずらして行わえる少し遅い人気の花火大会も存在します。

それが「ふじさわ江ノ島花火大会」です。

この花火大会は10月の秋の人気花火大会として

大勢の観客が江の島へと見に行きます。

この記事ではふじさわ江ノ島花火大会2016の日程や穴場スポットを紹介します。

ふじさわ江ノ島花火大会について

スポンサードリンク

ふじさわ江ノ島花火大会は湘南・江ノ島の風景と共に

片瀬海岸西浜から打ち上げられる花火で、

毎年多くの来場者がこの江ノ島に集まります。

このふじさわ江ノ島花火大会は毎年「約3000発」もの花火の中に、

特大サイズと言われる「二尺玉」は直径60cmの重さが80kgもあるとされ、

空高く上がるこの二尺玉が開く花の大きさは「直径約480m」にもなるといいます。

このほかにも「スターマイン」といった有名な花火などももちろんあり、

全部で「45分間の花火」となります。

この花火大会では「漁港」からの花火と「船上」からの花火という特徴も見ものです。

ふじさわ江ノ島花火大会2016の日程等の詳細

江ノ島

ふじさわ江ノ島花火大会は毎年10月に行われる花火大会で、

毎年およそ「6万人」もの来場者がある人気の花火大会です。

2016年のふじさわ江ノ島花火大会の日程は「10月15日(土)」となっています。

また、万が一荒天といった場合には「翌日16日(日)」への延期となります。

その詳細は以下の通りとなります。

🎆2016年ふじさわ江ノ島花火大会の詳細まとめ🎆

日程:10月15日(土)

*荒天の場合は翌日16日(日)への延期

開催時間:夜6時~夜6時45分まで

打ち上げ総数:3000発

来場者総数:約6万人

駐車場:1636台

*他コインパーキング等あり

有料席について

花火8

このふじさわ江ノ島花火大会では「有料席」が販売されています。

場所は境川河口左岸で、指定のパイプイスに座ることが

確約されるこの有料席チケットですが、

これは事前購入が必要です。

販売方法等の詳細は以下の通りとなります。

チケット販売価格

・2500円(1人)

チケット販売期間

・9月1日~

・ローソンチケット

・チケットぴあ

・藤沢市観光センター

・藤沢市役所観光課

*チケットの購入は早めにしないと売り切れとなります。

花火大会の混雑について

スポンサードリンク

ふじさわ江ノ島花火大会では約6万人もの来場者があるといいます。

しかし、それは花火大会を目的とした方の人数であり、

江ノ島には朝から多くの観光客や地元の方などがいますので、

昼頃にはかなり混雑します。

特に花火大会当日ともなれば車では「渋滞」が起こり、

駐車場なども空きが少なくなっていきます。

電車移動などであれば混雑はありますが、極端に不便と言う事はないです。

しかし、車では混雑は凄いですから、このふじさわ江ノ島花火大会の当日は

観光も兼ねて朝から江ノ島などの散策をしながら駐車場に車を停めて

夕方ごろには花火を見れる体勢を作っておきましょう。

江ノ島花火大会の花火ってどんなの?

ふじさわ江ノ島花火大会は全部で「45分間」「3000発」もの花火が上がり、

およそ6万人もの観客が海岸に向かって空を見上げるわけですが、

実際にどういった花火なのか見ていきましょう。

3000発となると全国にある花火大会よりは打ち上げ数が少ないのですが、

引けを取らないほどの「迫力」と「鮮やかさ」が印象的ですね。

屋台もある!!

片瀬を中心とした周辺には数十もの屋台が並び、

多くの来場者が花火前後に立ち寄るスポットとなっています。

ここでは「ご当地グルメ」なども多くあり、花火大会に行った際には

是非立ち寄りたいスポットと言えるでしょう。

穴場スポットをご紹介!!

どの花火大会でも「混雑」は避けられません。

なので、まずは「穴場」を見つけ「混雑」を避け、

最高の花火を見つけることも大事なイベントの過ごし方です。

有料席は楽ですが、無料でも見ることは可能なのです。

というわけで、比較的見やすくてオススメの穴場スポットを紹介します。

岩本楼前の海岸

旅館「岩本楼(ろう)」の前にある海岸で、江ノ島で見ることができます。

ここは広いとは言えませんが、会場付近みたいな混雑も無く、

満喫できること間違いなしのオススメスポットです。

新江ノ島水族館周辺

ここは穴場と言えますが、人もそれなりに多いので、

穴場という穴場ではないかもしれませんが、

花火を見るならここでの花火もかなりきれいで音もしっかりと聞こえます。

場所取りは早めの方が良いですよ!!

湘南モールフィル

藤沢にある大型ショッピングセンターで、

花火大会当日になると毎年屋上を解放しています。

もちろん車を置いて会場へと行くのはNGですが、

駐車場から見るといった方であれば問題ないですので、

買い物がてら行ってみてはいかがでしょうか。

片瀬漁港駐車場周辺

ここは正直「混雑」はしてしまいます。

しかし、「絶景」を期待するならこちらの漁港です。

夕方ごろから続々と人が集まってしまう為、早めに場所取りをすることが必要ですが、

無料で絶景を見るならこちらはオススメです。

広さは結構広めのスポットです。

まとめ

いかがでしたか?

ふじさわ江ノ島花火大会では様々な場所から花火を見ることができますが、

実は「海岸」に行けば基本的に見ることができるのです。

しかし、あまりに遠い海岸となると「綺麗」だとしても「音」が聞こえないこともあるので、

出来れば上記のオススメスポットにて絶景を楽しめたらいいなと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ