バレンタインの告白は手紙?それともライン?成功率を上げる書き方とは!


現在は、メールやラインといったツールが

日常的に使われていますし、そういったメッセージ機能を

利用して手軽に告白をする方も少なくはないのではないでしょうか。

冬にはバレンタインというイベントもありますので、

そういった機会に告白をしたいという方もいらっしゃるでしょう。

特別なバレンタインでの告白は、ラインでしても大丈夫なのでしょうか?

それもと、手紙でするべきなのでしょうか?

今回は、そういったバレンタイン告白についての謎に迫っていきます。

スポンサードリンク

バレンタインでの告白は手紙?ライン?どっちが良いの?

意識

最近では、手紙を使用して告白する方も以前より減っているかもしれません。

ラインやメールの方がすぐ届きますし、合理的な面があります。

それに、さらっと入力できるような気もするでしょう。

時代は変化しているものですが、敢えてじっくりと

相手の事を想いながら1文字づつ丁寧に手紙をしたためると、

よりあなたの想いを込めることができるのではないでしょうか。

気持ちを込めて一生懸命書かれた手紙を読んだら、きっと相手も喜ぶことでしょう。

手紙は、形として残るうえに心にも残ってくれます。

また、告白への返事をする猶予をお相手に与えることも可能です。

そして、面と向かって言いにくいことでも手紙には

書けるでしょう。手紙にはそういったメリットもあるのです。

バレンタインの告白は、手紙という手段がおすすめだということです。

自身の思いだけでは良い印象を与えれない!?

ダメ4

好きなお相手と、あまりお話ができないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

緊張してしまい、なかなか近付けないというケースもあるようです。

しかし、あまり話したことのない方からバレンタインにチョコ等をもらって、

告白をされたとしても、お相手にあまり良い印象は残ってくれないかもしれません。

せっかくの告白も成功できない可能性もあります。それでは悲しすぎるでしょう。

そうならないためにも、バレンタイン以前に

お相手の方とお話しができる関係になれていることがベストです。

緊張するかもしれませんが、勇気を持ってお相手の方と挨拶程度からでも

徐々に話せるようになることを目指しましょう。

スポンサードリンク

バレンタイン前からアピールはしておこう!!

人3

バレンタインは、男性側もチョコをもらえるかと考え、期待するものでしょう。

前もって、お相手にあなたがチョコをくれるかもしれないと

感じさせることによって、お相手も期待し心の準備ができるので、

告白を受け入れてくれる可能性もアップするでしょう。

大事なことは、バレンタインの前にお相手の男性に

もしかしたら好きなのでは?という素ぶりを見せてアピールしておくことなのです。

そうすると、お相手もバレンタインの日をわくわくしながら

待ってくれるかもしれません。

手紙やラインの成功率を上げる書き方とは!?

まず、手紙等を使っての告白で気をつけたいのは、

わかりやすく手短に書くということです。

あまりだらだらと長く書き過ぎるのもダメだということです。

あなたの、お相手を想う好きという気持ちに加え、

お相手の好きなところや、どうして好きになったのか

といった点をまとめて書くというだけでも大丈夫でしょう。

さらに、早く返事を欲しいとお相手を急かしてはいけません。

いつまでに返事を・・・といったことも書かないようにしたいです。

まとめ

さて、バレンタインの告白について考えてまいりましたが、

バレンタインの告白では手紙が有効であること、

そしてお相手と少しづつでも仲良くなっておくことや、

アピールも忘れずにしておくことなど、おわかりいただけましたでしょうか。

特別なバレンタインというイベントでの告白を、

ぜひ手紙に想いを込めてなさってみてください。

きっとお相手に想いが伝わるでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ