初詣で願い事を何個もして良いの?人に言うと叶わない?


お正月には初詣に行かれる方も多いかと思います。

賽銭を入れ、手を合わせて拝むということが通常ですが、

あなたは拝む時に願い事をしているでしょうか。

今回は、初詣の際の願い事についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

初詣で願い事はするべき?

参拝3

神社等に参拝をすると、『昇進できますように』のような、

お願い事をする方も多いのではないでしょうか。

何か自分に叶えたいことがある時には、やはり神頼みをしたくなるものです。

しかし、神社に参拝する時は、『~しますように』というようにお願いをするのではなく、

『〇〇のために△△しますので、助力してください』のように、

神様に対して自分の気持ちを宣言するという方法が良いと言えるでしょう。

神社に行かれましたら、何かを成し遂げるために

こういうことをする!と神様に誓ってみることが大事です。

また、『△△したので〇〇できました!ありがとうございました!おかげでもっと~できます』

というように、あたかも願い事が叶ったかのように願い事をするのも手段のようです。

あなたも試してみてはいかがでしょうか。

きっとご利益があるかもしれません。

複数の願い事はありなのか

参拝2

初詣での参拝では、幾つものお願い事をしても良いのでしょうか。

誰しも、叶えたいことは色々とあると思われます。

ただ、欲張ってはいけません。

お願い事は一つだけに的を絞るようにしましょう。

一つにしなければいけないのかという、根拠というのはありません。

しかし、欲張ってしまうと神様や仏様も混乱してしまうということも考えられます。

それに、幾つも願えばどれか1つでも完ぺきに成す

こともできずに終わってしまうこともあるのです。

そういったことがあるので、一番叶えたい願いを

考えて参拝に出向くというのも良いかもしれません。

ちなみに、お願いをするだけではなく、

ここに無事こうして来られたことへの感謝や、

自身の報告などをすると、さらに良いでしょう。

スポンサードリンク

人に言ってはいけない!ハッタリ!?

参拝

初詣等の場面で、願い事を他の人に言わないというケースも多いことでしょう。

それは、人に言うと叶わなくなると言い伝えられていることもあるからでしょうか。

人に言ってしまうと絶対に叶わなくなるということがあるわけではありません。

とは言え、人に話すことで要らない邪念などが入ってしまうこともあるようです。

もし自分の願いを話した相手に、

『叶う訳ないだろう』といったように思われてしまった場合、

その相手の否定的だったり消極的な感情が、その願いに移ってしまいかねないのです。

話した相手に否定的に思われる願いなら、話さない方が良いでしょう。

もし話すなら、本気になってその願いの達成を

一緒に願ってくれるような人などにしましょう。

願いを話すことは、相手次第だということです。

願い事をして叶えるためには「願い」ではなく「叶える努力」?

願い事を済ませたからと言って、それで終わりというわけではありません。

神様が全て叶えてくれるわけでもありませんし、

全面的に神様に委ねてしまうこともいけないのです。

肝心なのは、願い事の実現に向けて

自身でどういったことを心掛けて行動に移すかということです。

先程、神様に宣言をすると申し上げましたが、

何かのためにどんな努力をするのかというその宣言内容をきちんと遂行することが大事です。

そうすると、神様も『頑張っているな』と見守っていてくれるかもしれません。

願い事の実現に向けて、行動あるのみなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初詣の際の願い事も、決まりや気を付けたいことなどがあることが、

おわかりいただけたのではないでしょうか。

叶えたいことがあるのでしたら、

あなたもぜひ次の初詣で実行し、願いを叶えていただきたいと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ