初夢の為の縁起の良い食べ物!良い夢を見る方法で正夢を目指す!!


正月で期待するものといえばこれではないだろうか。

それは「初夢」。

新しい年を迎えて初めて見る夢が「初夢」と言われています。

若い世代にも人気がある「バカ殿」にて初夢での爆笑シーンなどがよくあるので、

ついつい自分はどんな夢なのかな?と想像してしまいます。

今回はその「初夢」に関して「良い夢を見る方法」などについて解説していきます。

スポンサードリンク

縁起の良い食べ物で良い初夢を目指す!!

正月5

正月には縁起物と呼ばれる「縁起に良い」行いや食べ物など、

様々ですが、縁起の良い食べ物といえば何があるのでしょうか。

縁起の良い食べ物

「鯛」

メデタイで有名な食材。

ゲン担ぎで有名ですよね。

「伊勢海老(エビ)」

こちらも長寿に関連する食材。

エビの背中を曲げている姿から腰が曲がっても

元気でいる様にと「長寿食材」として今でも使われます。

「豆類」

豆になるという言葉があるように、人間性に関連する「縁起物」とされています。

特に小豆は赤飯などに使われますが、

豆という縁起にプラスして赤色という魔除け効果があるとされるものなので、

特に良いとされています。

「栗」

栗きんとんに関して記事でもお伝えしていますが、

クリは「勝ち栗」といわれ、勝利にまつわる縁起物として有名です。

「ブリ・サワラ・スズキ・マグロ・ボラ」

これらは俗にいう「出世魚」と呼ばれている縁起の良い魚です。

ボラは普段食べないでしょうが、食べている地域あります。

「昆布」

こちらは「よろこんぶ」で知られる昆布。

喜ぶという意味合いの元、縁起物として今でも使われています。

これらの食材はお正月に食べる「おせち」によく使われる食材です。

なぜ使われているかはこちらなどの理由から来ていたんですね。

一方で縁起の悪い食べ物には何があるのか

ダメ4

縁起の良い食べ物は良くわかりましたが、

良い夢を見るためには「悪い」とされる食べ物も知っておかなければ

当然効果は弱くなるでしょう。

なので、縁起の悪い食べ物も知っておきましょう。

縁起の悪い食べ物

「味噌」

味噌につけるという言葉があり、失敗につなげてしまうという意味となります。

「たくあん」

これは食べ方によるようで、

何切れにも切って食べることから「人を切る」などの意味合いとなり、

余り良い印象となるものではないようです。

「梨」

まさに「無し」という意味から来るもの。

ですが、年初めに梨を食べる事はあまりないかも知れません。

「スルメ」

良く「○○スラれた!!」などと使いますね。

スルという意味から縁起が悪いとされています。

ですが、「あたりめ」とされているものであればダイジョブかも?

これらはお正月にはあまり食べないかと思いますが、

京都などの地方によっては「お雑煮は味噌」という地域もあります。

これは縁起の悪い物とされていますが、一概には言えないようではあります。

いい夢を見るにはどうすればいいのか

睡眠4

では、ここまで良い夢を見るための食べ物を知って

良い夢まで近づいてきたかもしれませんが、

見る方法というのも大事でしょう。

より良い夢を見るにはどうすればいいのかをまとめました。

良い夢を見るには疲れるな!!

良い夢を見るためには色々条件がある。

というのも、夢を見るとき見ないときがある。

これは「深い眠り」「浅い眠り」に関係しており、浅い眠りの時に夢を見やすい。

この浅い眠り状態が無ければ見れないと言う事ではないですが、

浅い睡眠のほうが見る可能性は断然高いです。

そのためには「疲れすぎない」という事が大事です。

どういうことかというと、スポーツなどをして体に負荷を掛けたり

代謝をあげたりなどをすることで、より良い睡眠へとつなげる効果がある。

スポーツで特に有酸素運動をすると脳がスッキリする。

リラックス効果もあるスポーツを行うと「質の良い睡眠」へと変わるので

「浅い眠りの減少」にもつながります。

ですが、ここで勘違いをしてはいけないのが

「質の良い睡眠」をとったからといって「夢を見ない」というわけではなく、

「質の悪い睡眠」をしたからといって「夢を見る」というわけではありません。

疲れが多いほど「深い眠りに入りやすい」と言う事です。

上記の事から「夢」を見る時間の減少となり、

効果が薄れるのでなるべく初夢を見るには疲れすぎない事が大事。

要するに、年初めは多少はゆっくりしようと言う事ですね。

「質の良い睡眠」で夢を見るにはこのことが大事と言えます。

洗脳が大事!!

洗脳というのは本格的なものではなく、脳内に訴えかけるだけの事。

良く聞く、「良い夢を見られますように」と

枕の下に夢に出てきてほしいものなどを入れますよね。

これと同じです。

要は「脳にイメージを植え付ける」と言う事をすると、

夢になりやすいともされています。

こんな話があります。

朝起きるのが苦手で、中々起きれない・・・というときは

「枕に向かい朝の○○時に起こしてください」と語りかけるのです。

すると、脳が意識して指定してる時間よりも前に自身で目覚めるという方法があります。

実際に行っている方もいるようですので、この方法と同じなのでしょう。

要は、寝る前に記憶という引き出しにしまう事が大事なのです。

夢は願望が強く出るものとされています。

これは日頃から溜まっているストレスを解消するための1つの方法として

夢を見るという報告もあります。

ですが、あまりに脳に負荷を掛けていては

「睡眠の妨げ」につながるので控えましょう。

スポンサードリンク

寝る前の食事・晩酌はやめよう!!

夕食

寝る前の食事・晩酌は内蔵の動きを活性化させる事に繋がり、

内蔵に負担を掛けたまま睡眠となると脳は寝ているのに内臓は活動している状態となる。

このままでは「内蔵の疲れが体の疲れ」ともなり、睡眠の妨げに繋がってしまいます。

また、晩酌も同じでアルコールは体内に入ることで急激に体温を下げます

「雪山で遭難して低体温症となったら眠くなるとう話を聞いたことがありますよね?」

体温が下がると眠気に繋がるのですが、

アルコールの場合は一時的な物で、本来体内には要らないものなので、

外に出そうと「尿意」「脱水症状」と睡眠の妨げになる行動が目立つようになります。

結果、すぐに目が覚めるなど「質の悪い睡眠」を引き起こします。

このことから、寝る3時間以上前からは飲食はやめましょう。

正夢は実現できるか。

正夢は夢が実際に起こったとき、「正夢」となるのですが、

これは良い夢を見ることができれば正夢に繋がるのか。

これに関してはわからないのです。

ですが、正夢となるのは良い夢も悪い夢も関係ありません。

また、夢を周りに口外しない方が良いという説もありますが、

これもただのハッタリと言えます。

正夢という事が起こるのかはわからないのです。

10年後に「あっこれ正夢!?」というのを証明しようがありません。

「自身にしかわからないこと」なのです。

質の悪い、良いは定かではありませんが、

夢を見る回数が多い方が正夢となる可能性は高いでしょう。

まとめ

やはり初夢は見たいですし、見るとするならばいい夢を見たい。

このことから、なるべく縁起の良いものを食べてモチベーションを上げ、

質の良い睡眠をとるよう心掛けることが第一と言えます。

なので、まずは正月だとしても夜遅くまで夜更かしをせず、

いつも通り寝るよう心掛けましょう。

そして、正月だからといって食べ過ぎない事も大事です。

お腹八分目で睡眠前には何も胃に入れないと言う事も大事ですよ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ