雛人形の由来!並び方の意味と飾るのに最適な場所とは?


女の子のいるご家庭なら、雛人形を飾られるという家もあるでしょう。

しかし、雛人形にどういった由来があるのかご存じでしょうか。

そこで今回は、雛人形の由来や並び方の意味や、

置き場所などについてご紹介いたします。

スポンサードリンク

雛人形の由来は?

雛人形5

雛人形は、女の子が健やかに成長することを願って飾られるものです。

元はというと、

身代わりとして穢れを一手に引き受けてくれる、ひとがた(人形)というものでした。

平安時代には流し雛という、紙で作られた

ひとかたを流す行事が、上巳(じょうし)の節句に行われていました。

災厄から身を守ってもらうという

意味などを込めて雛人形を祀っていたそうですよ。

江戸時代から後には女の子がしていた

お人形遊びに節句としての行事を絡めることで、

現在のように雛人形を飾るようになったそうですね。

人形自体も、紙のものではなく豪華な作りのものになったようです。

並び方の意味とは?

雛人形4

ちなみに、関東ではお内裏様は向かって左に位置しているのが通常ですね。

しかし、関西は京雛と言ってお内裏様は向かって右側に位置するのが通常だということですよ。

では、なぜ関東と関西では違うのかについてご紹介しましょう。

日本では、昔から左側にえらい方が座るという、左上座(向かって右)が通常でした。

そういったことから、古来からの伝統であるのが、京雛である関西の雛人形です。

関東の雛人形が向かって左なのは、大正天皇が洋装の時に、

皇后さまの向かって左に立たれたことから来ているそうですね。

段数の違いは?

雛人形

雛人形と言うと、七段飾りは有名だと思いますが、それだけではないようですね。

雛人形には、三段飾りから五段飾り、そして七段飾りという種類があるんです

では、この段数の違いはどういった意味などがあるのでしょうか。

七段飾りの雛人形を並べる順番についてご紹介しましょう。

全て向かって左からのご紹介ですよ。

七段飾りの場合

一段目は、ぼんぼりにお内裏様、そしてお神酒とお雛様、

ぼんぼり、後には屏風を飾りましょう。

二段目では、三人官女を置き、間には高杯を飾ります。

三段目は、五人囃を飾りましょう。

四段目は右大臣と左大臣を置き、間に御膳と菱餅を置きます。

五段目には橘、仕丁、そして桜を飾りましょう。

六段目はたんすに挟箱(はさみばこ)、そして長持(ながもち)、

鏡台や針箱、衣装袋、火鉢、茶道具を飾ります。

最下段となる七段目は、籠と重箱、そして御所車を置きましょう。

五段飾りの場合

五段飾りの場合は、一段目から三段目は七段飾りと同様のようですよ。

四段目は、右大臣や重箱、そして御膳、菱台さらに左大臣という順になっています。

五段目には橘、そして(怒、泣、笑)といった仕丁の3人、桜になります。

四段目と五段目は、商品等によって配置が異なるケースもあるので、各自確認してくださいね。

三段飾りの場合

さて、最後に三段飾りの配置についてお伝えしましょう。

一段目と二段目は他の段数のものと同じです。

三段目は、左右の隅にそれぞれ桜を配置しましょう。

そして、その間に籠に重箱、御所車を置きましょう。

スポンサードリンク

飾るのに適している場所はどこ?

雛人形を飾るなら、居間に飾るのが適しているでしょう。

リビング

家族皆が集まる場所ですし、皆を見守ってくれるからですね。

とは言っても、居間に飾らなくてはいけないという、

決まりがあるわけではありませんよ。

また、居間に飾るとするなら、以下の事に気を付けましょう。

台所や食卓の近くには飾らない事が大事です。

油だとか水分が飛び散り、雛人形が汚れてしまうからですね。

また、直射日光やエアコン等が当たりやすい場所も避けましょう。

反対にNGなのは玄関です。

風水で、家庭の運気を人形が吸ってしまうからだということですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

雛人形の由来や飾り方などについて、お分かりいただけたでしょうか。

三段飾りでも七段飾りでも、女の子の健やかな成長のために、

雛人形を皆の目に付きやすい場所に飾ってあげましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ