雛人形はいつから飾るの?処分の時期と方法について!


女の子のいらっしゃるお宅などでは

雛祭りに雛人形を飾っている方も多いことでしょう。

しかし、一体いつから飾れば良いのか

そしていつまで飾っていれば良いのかということが

わからないということもあるかと思います。

そこで今回は、雛人形を飾る時期から

処分の時期や方法まで探ってきたいと思います。

ぜひ雛祭りの際のご参考にしてください。

スポンサードリンク

雛人形はいつからいつまで?

雛人形2

まず、雛人形はいつ頃飾れば良いのでしょうか。

雛人形は立春の2月4日ごろから2月の中旬に飾ると良いそうですよ。

節分で豆まきをして厄を払ってから飾るというスタンスです。

遅くなってしまったとしても、雛祭りの1週間前までには飾る様にしましょう。

地域によっては、2月18日から19日までの雨水の時期に

飾るというところもあるようです。

片付ける時期については、

3月3日が終わったら片付けてしまう地域が多いようですが、

旧暦の4月3日まで飾る地域もあるようですよ。

大体の期限は、雛祭りが終わる3月3日から

2週間後までとなっています。

また、雛人形を片付けるのに最も適しているのは、

二十四節季の1つでもある啓蟄(けいちつ)の日

だということなので、3月6日ごろです。

毎年使うのはあり?おさがりOK?

雛人形3

毎年同じ雛人形を使うことは問題ないでしょう。

ご家庭のお嬢さんが小さいうちは雛人形を飾っていたとしても、

成長していくと飾らなくなってしまうということもあり得るでしょう。

それに、うっかり飾ることを忘れてしまうということもあるかもしれません。

実は、毎年雛人形を飾らなければ

目が潰れてしまうという迷信があるのですが、

これは、きちんと飾ってあげましょうという意味合いがあるものです。

雛人形は虫や湿気に強くないものなので、

毎年飾ると風通しにもなるというわけです。

「あっ!出し忘れた!」と気付いたら、

雛人形の状態を確認して防虫剤を取り替えるなどの対処をしましょう。

さて、子供に雛人形を引き継いでも良いのかということについて探ってみましょう。

雛人形を作っているメーカーの方は、

もし女の子を出産されたとしても、

自身の雛人形を受け継ぐことはできないとしています。

雛人形というのは、あなたの身代りとして厄払いを行っているというものです。

さらに、一人の女性の物という位置づけになっているようです。

生まれた女の子には、新たに雛人形を買って飾ってあげると良いでしょう。

雛人形のお下がりの詳細!母親・姉・従妹からの受け継ぎはこちらにて参照ください。

処分の時期はいつぐらいが良いの?

雛人形5

女性の場合、結婚という人生の節目には

自分で結婚先に雛人形を持参して飾るという方法もありますし、

自分では持って行かないで

実家に母親が飾ってくれるというパターンもあります。

また、結婚する時点で処分するという方法もあるようですよ。

1つの選択肢だけではないということです。

雛人形を置ける環境があるかということや、

あなたの気持ち次第で処分する時期を決めると良いでしょう。

置く場所がなくなった時などに処分するという方法も適しています。

スポンサードリンク

雛人形の正しい処分方法!

雛人形

では、役目を終えた雛人形はどのように

処分すれば良いのでしょうか。

まず、神社や寺院で人形供養をしてもらうという方法があります。

もしお近くに人形供養のできる神社などがない場合には、

『日本人形協会』に郵送することで、雛人形を供養してくれるでしょう。

また、各地で開かれるビッグ雛祭りに持参すると言う方法があります。

これは全国から雛人形を集め、雛段に飾る催しなのですが、

イベントで飾ってもらうことができますし、

イベントが終われば供養もしてもらえるでしょう。

まとめ

雛人形は立春を過ぎてから飾るのが良いのですね。

また、その人のためのものであり、受け継ぐことはできない

いうこともおわかりいただけたのではないでしょうか。

また、雛人形は飾れなくなるまでは飾ることも問題はないのです。

供養する際には、神社などにお持ちになるとよいでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ