2015年京都の季節名物の紅葉シーズンは寒い?屋内から見るスポット!


紅葉シーズンの寒さは微妙ですよね!!

調査してみると寒いと答える人や、それほどでもない方、

薄手のコートを持っていれば大丈夫という人もいてまちまちなのですよね。

そこで屋内で見られるスポットなど調べてみました。

スポンサードリンク

京都の紅葉シーズンは寒いの?

紅葉

京都の紅葉の季節は朝夕と昼の寒暖の差がかなり激しく、

紅葉シーズンにお出かけの方はどうしても服装が気になります。

ここ数年の傾向は紅葉の見ごろは

11月下旬~12月上旬がまさに紅葉シーズンの見ごろと言えます。

しかし東京の気温と京都の気温を比べてみると、

この時期は京都の方が寒くなっています。

特に夜の冷え込みは激しいため、

それなりの防寒対策を考えておいた方がいいでしょう。

これまでの平均的にもこの時期は

寒さを感じるのが一般的のようですので、服装には気を付けてお出かけ下さい。

お寺が多いから屋外ばかりなの?

紅葉5

言うまでもなく、紅葉というものは基本的に屋外で楽しむものですから、

京都であろうと屋外が多いことは確かです。

京都の紅葉は、赤が基調になっていますから、

赤で敷き詰められた神社仏閣の建造物が一段と荘厳さを見せているのだと思います。

なかには、社殿などへの立ち入りも許されているところもあり、

抹茶を一服しながら紅葉を楽しめるところもあるようです。

屋外での紅葉は寒さ対策は必要?

紅葉6

晴れた日の昼間であれば、

秋の服装に薄手のコートを一枚持っていかれればいいと思います。

夜の紅葉を楽しみたいという方は、

この時期京都の夜はかなり冷えるとされています。

コートやマフラー等の寒さ対策も忘れずに持って行った方がいいでしょう。

紅葉を見に行って風邪をひいて帰るなんて、

何のために行ったか分かりませんからね。

スポンサードリンク

屋内で見れる京都紅葉オススメスポットは?

屋内からみられる紅葉のスポットを紹介します。

★三千院(さんぜんいん)左京区

最澄(伝教大師)が788年に比叡山延暦寺を開いた時、

自ら薬師如来像を刻み、それを本尊にして堂を開いたのが期限です。

緑の木々も多いですが、秋になるとカエデなど秋になると

色づく木々も多く紅葉の名所とも知られています。

三千院を象徴する「往生極楽院」では、時々法話があります。

お話上手のお坊さんがまるで落語をお話しされるように楽しくお話ししてもらえます。

・拝観料/高校生以上700円 中学生400円 小学生150円

・駐車場/民間の駐車場を利用

・車いすでの拝観も可能です。

・休 日/年中無休

★「亀峰菴」温泉かけ流し露天風呂付き客室

観光の拠点、嵐山から近い亀岡の宿でゆっくり紅葉観賞はいかがですか?

少し離れているとはいえ、

紅葉が楽しめるお部屋でゆっくり食事をとりながら紅葉見物です。

亀岡、嵐山の紅葉の見ごろは11月中旬~11月下旬(例年)

・予約可能人数/2名~4名

・最安料金(例外あり)/1泊1室×2名利用で合計80,000円より(税抜き)

★祇園円山 かがり火

四季折々に趣深い円山公園。

かがり火はその丸山の中で、祇園にほど近い京の趣あふれる味どころです。

屋内で見られるスポットとは少し離れてしまいましたが、

丸山公園内にあるスポットですので、紅葉を見てそのままこちらに来ることができます。

一階は大広間で(祇園の間・東山の間・大文字の間)静かな個室(桜の間)

二階は(千鳥の間)など人数に合わせて、

全館200名様、大、小ご宴会もお手軽なお値段で受け付けてくれるとなっています。

ただし、紅葉の時期はかなり早くに予約を取らないと空いていない時が多いようです。

ここでは鍋などを体を温めることができる食べものが置いてありますが、

宿というわけではありません。

宿を予約できればかなりの穴場かもしれませんよ。

屋内でなくても屋外でも紅葉が楽しめ、

冷えた体は鍋などで体を暖められるので、

寒さも吹き飛ぶことでしょう!!

スポンサードリンク

まとめ

紅葉の楽しみというのはやはり屋外での楽しみが一番ですよね。

現在は夜でもライトアップなどをして楽しませてくれますので、

一度京都の紅葉を楽しんでください。

紅葉に関する記事はこちら!!

「京都の紅葉でオススメのカップルスポットとは?」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ