喪中におけるお歳暮で贈る物や控える事、タブーなどを知っておこう!


いつもお歳暮を贈っている方のご家庭が、

喪中になることもあるでしょう。

また、ご自身が喪中になることもあります。

しかし、そう言った時にはお歳暮を贈っては

失礼なのではないかと考えるのではないでしょうか。

そこで今回は、喪中である場合の

お歳暮のマナーやタブー等についてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

喪中でお歳暮を贈るのはタブーなの?

意識

お歳暮は、お相手の方に日頃の感謝の意を

現すものであり、お祝いの品ではありません。

なので、喪中のご家庭にお歳暮を贈っても問題はないでしょう。

ただし、四十九日や五十日祭を

済ませていない間は、贈らない方が良いとする

見方もあるようですので、気を付けましょう。

また、あなた自身が喪中である場合も先方に贈ることに

問題はありません。とは言え、中には喪中の人から

お歳暮を貰う事に抵抗を感じるというケースもあります。

穢れがあるとイメージしてしまうことがあるからです。

なので、四十九日を過ぎてから水引をかけることなく

贈るのがベストと言えるでしょう。

どういったお歳暮を贈ればいいの?

お歳暮3

 

喪中の期間には、お悔みに来られる方なども

あるので、普段より訪問客も多くなるでしょう。

仏壇におかしなどのいただきものがあがることも

多いので、品物も多数いただく時期にもなります。

そういった事情もあるので、お相手が喪中で

あるならば、カタログギフトをお贈りすることも

良いのではないでしょうか。

欲しいものや送ってもらう時期を先方に

選んでいただけるので、大変便利と言えます。

3000円から5000円、10000円とプランもあるようですし、

あなたの予算から選ぶことが可能となっています。

中には、インターネット上でカタログギフトを

贈ることのできるサービスもありますので、

あなたも活用してみてはいかがでしょうか。

マナー違反や控えた方がいい事などはあるの?

困った

あなたかお相手が喪中である場合には、

熨斗(のし)のマナーが変わってくることを覚えておきましょう。

熨斗紙は、白無地の奉書紙か無地の短冊を用います。

お祝い事の熨斗で使われる紅白の水引は使ってはいけません。

そして、表書きには御歳暮、またはお歳暮と書きましょう。

さらに、故人宛に贈らないことも大事です。

縁が切れた時や、相手が亡くなった時に

お歳暮は贈らなくても良いことになっているからです。

もし、あなたが喪中で故人宛にお歳暮が届いたとしたら、

当人が亡くなったことを手紙でお伝えするようにします。

四十九日が終わった後に寒中見舞いとして贈る際の、

送り状の文面についても大事です。歳末にあたっての

お相手への感謝を述べるなど、差し障りのないように書くことが必要です。

スポンサードリンク

お正月に送るのは注意!?年賀にならないように送るには?

参拝2

忌明けを待っていたらお歳暮の時期を逃してしまった・・・

そんな時には、1月8日の松の内(お正月の

門松などが飾られている期間)が明けてから

『寒中見舞い』として贈られると良いでしょう。

松の内の間はお祝いの期間とされるからです。

ちなみに、関西地方では松の内は1月16日以後のようです。

さらに、寒中見舞いというのはお相手の

冬の寒さを気遣う意味があります。

寒中見舞いとして贈るならば、

2月3日から4日辺りの立春の頃までに贈りましょう。

また、お相手であってもご自身であっても、喪中であるならば

お正月に『お年賀』として祝いの贈りものをするのもNGです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お歳暮はお礼の品であって、お祝いではないので

贈る側と贈られる側のどちらかが喪中であっても、

お歳暮を贈っても支障はないのです。

ただし、四十九日までの間は控えることや、

熨斗についてもマナーがありますので、注意が必要です。

喪中ですと気持ちも落ち着くのに時間を要すでしょう。

そういったことにも配慮をしつつ、ご挨拶の品を

贈るようにすることが大事です。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ