年末ジャンボ2015の販売日と当たるオススメの日にちとは一粒・天赦日!


2015年の締めといえば「年末ジャンボ宝くじ」ですよね!!

毎年当選金が気になりますが、2015年は今までの最高となる「10億」です。笑

当たれば即人生のアーリーリタイアともなるこの当選金を掛けて

皆さんが多くの購入を始めるのですが、

2015年の年末ジャンボ宝くじの販売日やいつ買えば当たりやすいのか

などについて知りたい方もいると思いますので、その辺をまとめてみました!!

スポンサードリンク

2015年の年末ジャンボはいつ販売されるの?

毎年似たり寄ったりの日程ですが、

年末ジャンボ宝くじ2015は11/25~12/22の28日間となっています。

約1ヶ月もありますが、気持ち早まってしまいますが、

気持ちをリセットして慌てずに待ち、逆に買い忘れなどの無いようにしましょうね。

買わなければ「当たらない」と言う事を忘れずに!!

ちなみに、抽選会場は東京にある「赤坂ACTシアター」で、

抽選開始時刻はお昼の12時頃となっているようです。

待ち遠しいですよね。笑

購入時の注意点は最終日!!

気持ちが早まって販売日すぐに買う方であれば問題ないのですが、

「中々買いに行けなくてたまたま最終日になって買いに行けた」

という方も多いと思います。

そんな方に注意点があります。

それがなんといっても営業時間ですよね。

最終日に行けたけど、行ったら閉まっていたなどとあったら

それこそ夢を買うどころか夢崩壊・・・。

そんなことにならない為にも事前に行きつけの売り場に確認をしましょう。

もちろん、休憩時間なども含めた確認です。

せっかく行ったのに休憩に行ってたなども悲しいです。

時間4

なので、まず事前に売り場に確認しましょう。

宝くじ売り場は店舗によっては営業時間が違います。

特に駆け込みでいつもと違う売り場の場合は注意が必要です。

いつ買っても同じでしょ!?

呆れる

では、そろそろ本題に入っていきますが、

年末ジャンボ宝くじ2015は約28日間の発売期間があります。

この1か月という長い期間で買いたい日にちに買うという方ももちろんいるでしょうし、

たまたま見つけた売り場がかなり当たっているみたいだから

買ってみようと言う事で買うという方ももちろん多いと思います。

では、そんな偶然で買っても適当に買っても変わらないんじゃないの?

とも思いますが、半場合っていて半場間違っています。

というも、そういった偶然で当たっている方も多いようなのです。

代表例を出しますと、あのロト6で3億2000万当てたという「久慈六郎さん」です。

この方はいつも通り売り場に行き、ほとんど適当に選んだ(気になっていた数字)結果、

見事大金を獲得して、1人マンションで小声で喜んだといいます。

そうです、偶然というものは存在しいているのですから、

いつ買ったとしても当たるのは当たる、当たらないのは当たらないというのが言えますね。

スポンサードリンク

当たる日!?オススメの日にちはいつなのか?

オススメ

では、上では「偶然で当たる」という例を出しましたが、

ここでは吉日によって当たると言う事について述べていきます。

偶然で当たるのはもちろん多いと思います。

たまたま買ったあのあれが○億に!?など。

ですが、宝くじを購入するにあたって、

カレンダーを頼りに念入りに予定を立てて購入する方もいるようです。

なぜそういう事をするのかというと、

やはり吉日という日を狙うことで当たる確率が上がるのでは?と思うからですね。

実際に宝くじ売り場に行ってみると、「本日○○の日」と言うのを目にします。

やはりこういった張り紙があると「今日買おう」などとなるのです。

統計などは全く取れていないこれは個人的な意見ですが、

そういった吉日に宝くじを購入し、高額当選した方はおそらくですが多いと思います。

それはなぜかというと、「吉日を狙って購入している方が多いから」といえます。

実際に宝くじ売り場で今日は○○の日を宣伝しているのですから、

今日は記念に買っておくかという方も絶対にいるでしょう。

偶然も含まれているのは確かですが、狙って行っている人も圧倒的に多いでしょうから

当選者の中で、吉日に買ったという方は多いと思います。

では、その吉日というのはいつなのか?ということです。

そもそも吉日というのは有名どころでいえば「大安」でしょう。

「本日大安の日!!」と宝くじ売り場で見かけますよね?

実はこれ以外にもあるのですが、今回は2015年の

年末ジャンボ購入での当たりやすくなるかもという必勝法ですので、

年末ジャンボの販売期間での最高の吉日を教えたいと思います。

それが「11/25(水)」「12/14(月)」の2日間です。

ではなぜか。

この2日間には福ある日となっていて、

11/25は「大安」「巳」があり、12/14は「一粒万倍日」「天赦日」があります。

「大安」は結婚式でこの日にするというような位のとても良い日といえますよね。

「巳」というのは弁財天と白蛇に関係があり、

願い事に関して叶うとされていますし金運の上昇日とも言えます。

そして12/14にある「一粒万倍日」というのは何かを始めるにあたり

縁起をもたらしてくれる最高の日となっています。

「天赦日(てんしゃにち)」ですがこれがまさに最高の日とも言われ、

日本で1番開運に向いている日なんですね。

こちらも何かを始めるにあたって何倍にも返ってくるという位縁起のいい日と言われています。

よって、11/25も良いですが、1番いい日というのは「12/14」といえます。

恐らく12/14は購入をしようという人で溢れかえるくらい

宝くじ売り場に人が殺到するのではないでしょうか。

そして、その殺到した日の中で当選者も出てくると思います。

なんせ、購入している方も間違いなく多いからです。

吉日だからといって必ず当たるというのは無いですが、

少なくとも縁起の良い日であることは間違いないので、購入日として間違いはないでしょう!!

スポンサードリンク

まとめ

今回は2015の年末ジャンボ宝くじに関してまとめました。

2015年は最高の10億と言う事で更に購入をする方が増えると思われますが、

それでも、偶然買う方もいれば吉日を狙って買う方もいます。

結果としてどちらの日の買っても大きな違いはありません。

ただ、吉日に購入したものが当選していると「やっぱり」と納得できる部分はあると思います。

例え当選しなくても吉日は毎年あり、チャンスはまだまだあります。

その日だけがチャンスではないのです。

なので、まずは諦めずに買う事が当選の近道と言う事で、

出来れば上記でオススメした吉日に購入してみましょう!!

年末ジャンボ関連の記事はこちら!!

「宝くじの連番とバラの確率と損得について」

宝くじが当たったらどう使う?不幸にならない使い方とは?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ