お年玉はいくつからいくつまで?小中高校生別の金額相場と兄弟間のマナー!


子供にとってはお正月はまさに最高のイベント。

そうです、お正月といえば「お年玉」がもらえる時期でもあります。

小さいころは貰っていた立場でも大人になると

今度は渡す立場になるという事で、色々準備をしないといけないのですが、

やはり気になるのが「金額」ですよね。

この子には○○円で、この子には○○円。

こういった事が意外と難しいのです。

特に子供は大きくなるので、成長に合わせて金額を増やせばいいのかどうなのかなど

金額の事から年齢に基づくこと、兄弟間でしてはいけないマナーなどをしっかりと学びましょう!!

スポンサードリンク

赤ちゃんにお年玉をあげるべき?何歳から何歳の子にあげるの?

赤ちゃん3

まず、意外と考えなくてはいけないのが

「何歳から何歳までの期間あげるべきか」という点ですよね。

人それぞれ、家庭によりけりだとは思いますが、

世間一般でいうと「0歳から高校3年まで」というのが一般的です。

ただ、ここで言えることは「赤ちゃんなどの場合は上げなくても良い場合」があります。

それは自身が子供を産んでいて、その時にお年玉をもらっている場合、

この場合は「包むのがマナー」といえます。

貰いっぱなしは控えましょうと言う事です。

ですが、実際には「赤ちゃんにお年玉をあげている」という家庭は日本全国でも少ないようです。

なのであげなくてもいいのですが、以前自身の出産で貰った場合や

兄弟などに子供が生まれた場合などは気持ち程度の額を渡すことが良いと言えます。

間違っても相手からもらった額より少なくならないようにだけは注意しましょう!!

また、上は高校生活が終わる3年までを上限としている家庭が多いようです。

中には大学進学のために「大学まで」という家庭もあるようですが

基本的には「高校まで」となっています。

赤ちゃん~6歳までのお年玉の相場

では、まず赤ちゃんから6歳(小学生になるまでの年長さん)への

お年玉はいくらくらいが相場なのか見てみましょう!!

  • 0歳 500~1000円
  • 1歳 500~1000円
  • 2歳 500~1000円
  • 3歳 500~1000円
  • 4歳 1000円
  • 5歳 1000円
  • 6歳 1000円

というのが世間での一般的な相場となります。

見ていただくとわかる通り、6歳の年長まではおよそ1000円が相場なのです。

当然、3000円の方もいるでしょうし5000円もいるかもしれません。

少ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、500~1000円で十分なのです。

ですがここで注意点です。

0歳の時は500円~1000円以外にも「出産祝い」が別で必要となります。

家族内(兄弟)の子供であるならば1万は必要です。

いとこや友人の子供などには5000円でも十分ですし、1万でも良いです。

長男の子供であって自身が三男だとすると、

次男と自身で話し合って同額にするのが良いでしょう。

兄弟では「年上」の兄又は姉を立てることも必要です。

小学生のお年玉の相場

ここからはグレードが上がりますよね。

小学生となると「金額」に迷いが出る所もあるでしょう。

では、まずは小学生の世間一般における相場を見てみましょう。

  • 小学1年生 1000円~2000円
  • 小学2年生 1000円~2000円
  • 小学3年生 2000円~3000円
  • 小学4年生 2000円~3000円
  • 小学5年生 3000円~5000円
  • 小学6年生 3000円~5000円

とやはり「低学年」「中学年」「高学年」と上がるごとに

少しずつ多くなっているのがわかります。

低学年は1000円が多く、高学年になると3000円又は5000円が多いです。

お年玉は「高校まで渡す」と言う事が一般的な為、早い段階で高額となると

ずっと高額を渡すことになるので、徐々にグレードアップと考えるのがベターですね。

中学生のお年玉の相場

では、次に中学生の相場です。

小学生では徐々にグレードアップしていましたが、

中学生はどうなのか見てみましょう。

  • 中学1年生 5000円
  • 中学2年生 5000円
  • 中学3年生 5000円

このような結果となっています。

やはり中学生となれば「5000円」は覚悟していないといけません。

それと同時に中学1年では入学祝があり、

中学3年では卒業祝いがありますので、

金額で見ると1万を超えると考えた方が良いですね。

入学祝や卒業祝いも同じく血縁関係があれば「1万」で、

遠い親戚や友人などでしたら「5000円」と考えるのがベターです。

高校生のお年玉の相場

では、一般的にお年玉をもらう機会がなくなるともされる高校生での

お年玉の相場を見てみましょう。

  • 高校1年生 10000円
  • 高校2年生 10000円
  • 高校3年生 10000円

このように、中学生の時とは倍の金額となっています。

さらに、1万を固定化していますね。

どうやら世間では「高校」で終わりと言う事で、ある意味奮発しているとも言えます。

これは平均なので、中には「5000円」といった方や「15000円」といった方もいます。

その子との関係等にもよると思いますので、1万をベースとして考えるのが良いでしょう。

スポンサードリンク

大学生にはあげなくてもよい?

お年玉

世間一般では「高校生まで」と言う事ですが中には「大学生」になっても

お年玉を渡す方はいることでしょう。

もしも渡すのなら「1万」で十分です。

本来は「貰えない」というのが世間的なことなので、

2万などといったグレードアップなどは要らないでしょう。

「自立」の時期なのですから、頼りになることは避けることも重要です。

ましてや「アルバイト」などをしているのなら余計に「あげなくてもいい」でしょう。

兄や姉よりも金額は低くすることが大事!?

兄弟

自分自身に姉又は兄がいるとしましょう。

兄や姉が中学生の親戚に「5000円」を渡したとしましょう。

では、自分自身はどうすればいいのか。

これは兄弟に合わせるのがベターです。

兄が5000円を渡すのであれば「5000円で統一する」「3000円で安くする」

この2つの方法が一番いけるでしょう。

決して兄や姉などを上回ることが無いように心がけましょう!!

まとめ

今では「金額うんぬん」ではなく「お年玉」は上げるのはもちろん多いですが、

意外にも「お年玉を挙げない」という方もおられます。

血縁関係等にもよりけりですが、金額も地道に増やすことが一般的であり、

オススメとも言えます。

また、小学生までは比較的お年玉が少なめなことから、

少しバラエティにとんだ方法として、「お年玉に加えて宝くじ(スクラッチ)を混ぜる」

と言う事も面白くて喜んでくれるでしょう。

当たる当たらないというのもすぐに判定できるので、わかりやすいともわかるでしょう。

こういった工夫をすると「金額ではない」何か楽しみに待っている家庭も多いでしょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ