節分の行事食としてイワシを食べる意味はなぜ?他に食べ物はある?


節分というと、あなたのお宅では何を食べますか?

普段通りの食事でしょうか。

節分には、特定のものを食べるという風習があるのです。

それは、イワシです。ご存知でしたでしょうか。

では、なぜ節分にイワシを食べるのでしょうか。

その意味などについて探っていきたいと思います。

スポンサードリンク

節分で食べるとされる食べ物とは?

節分

節分に食べる物と言えば、撒いた後の豆を

思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

また、最近では全国的に広がりを見せている

恵方巻を食べるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、その他にも節分に食べられている物は色々とあるのですよ。

特に西日本ではイワシを食べるのだそうです。

最近ではさほど行うこともないようですが、

焼いたイワシの頭を柊に刺して戸口に置くという方法もあるようですよ。

鬼を家に入れないようにするためです。

イワシを食べる意味はなぜ?

イワシ2

では、なぜ前出のイワシを食べる風習には

どういった意味があるのでしょうか。

イワシを焼く時にモクモクとした煙が出ますね。

その煙によって鬼を追い払うということが由来だそうですよ。

イワシから上る煙は、鬼が嫌いだからです。

鬼は、イワシの煙だけではなく臭いも好きではありませんし、

柊の葉も苦手のようですね。

柊の葉は鬼の目に刺さるということもあるようですし、

イワシについては鮮度が落ちるのが早いので、

異臭を放つようになることも早いのです。

そういったことから、鬼であってもすぐに逃げてしまうようですよ。

また、違った理由もあるようですので、覚えておきましょう!

イワシは栄養価が高い魚です。

DHAという成分が含まれているので、

脳細胞を良くしてくれますし、冬季鬱にも効果があります

カルシウムや鉄分もたっぷりと含まれていますので、

冬場にエネルギーを蓄えるのにはうってつけです!

さらに、節分にイワシを食べるということは、

家族の健康を願うことや、無病息災を願うという

意味合いも込められているようですよ。

イワシ以外の地域はあるの?

節分2

では、節分にイワシ以外を食べるという地域はあるのでしょうか。

関東地方にはけんちん汁を食べるという風習もありますし、

四国地方ではこんにゃく料理を食べるということです。

また、山口県では節分にはくじらをいただくという風習もあるようですよ。

大きいものを食べるということは縁起が良い

されているからだそうですね。

節分の日には給食にもくじら料理が

出るのだそうです。各地ではイワシ以外に

様々と食されていることがおわかりいただけるでしょう。

スポンサードリンク

節分オススメ!イワシを使った料理!

イワシ

イワシの梅シソ焼き

イワシに大葉を載せて、さらに梅ペーストを塗り

グリルで焼いた、梅の香りも楽しめる一品です。

イワシにきちんと火が通るように焼いてあげましょう。

イワシの柚子ポン煮

ポン酢しょうゆで煮るので、さっぱりとした味わいに仕上がります。

香味野菜を足してあげるとさらに本格的なお料理になります。

しょうがも一緒に煮付けるので、

しょうがは千切りにして味付けの要の柚子は輪切りにしましょう。

イワシのチーズ焼き

洋風を楽しみたいならこちら!

トマトケチャップとチ-ズを用いてピザ風にいただくことができます。

いわしは手開きしてこしょうをして小麦粉をまぶしましょう。

中火で、イワシの身を下にして焼きます。

焼き色が付いたところで裏返し、

ケチャップを塗ってチーズを載せ

みじん切りにしたパセリも載せましょう。

まとめ

節分にイワシを食べることは、

鬼を追い払うことや健康のために食べるなどの意味があるのです。

また、地域によっても節分に食べるものは

異なってくることもおわかりいただけたことでしょう。

さらに、ただ焼くだけではなく、一工夫して食べると

より美味しくいただけるのではないでしょうか。

あなたも節分にイワシの素敵な料理を作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ