節分での正しい柊の飾り方と場所教えます!~終ったあとの処分方法まで~


節分には、柊鰯を飾るという風習がありますね。

しかし、なぜそういった風習があるのか

そして、どんなふうに柊鰯を作るのかなどということが

わからないという方も多いことでしょう。

そこで今回は、柊鰯を飾る理由から、

飾る場所などについてまで探っていきたいと思います。

節分の際には、ぜひご参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

節分で柊鰯を飾る理由は?

イワシ

なぜ、節分には柊鰯を飾るのでしょうか。

端的に言って、それは魔除けの意味合いがあるようですよ。

古い時代から魔除けがあると言われて、

臭いものや尖っているものがお祭りの場で使われていたようですね。

鬼が魔を表し、柊が尖っているもの、鰯が臭いものということで、

節分に家に鬼を侵入させないために、用いられたきたということです。

古い風習であり、平安時代の書物にも登場しているようですね。

柊鰯は、『土佐日記』の935年に登場するのが、最古だということです。

昔は、(ぼら)の頭が使われていたようですよ。

さらに、使い方としては正月に締め飾りに柊と共に差していたようです。

柊鰯にはとても伝統があるということが、窺い知れるでしょう。

ちなみに、民衆へと浸透してきたのは、江戸時代だそうですね。

柊鰯の簡単なつくり方!!

ここで、柊鰯の作り方についてご紹介しましょう。

用意したいものは、鰯の頭と、その頭を差せるほどの柊の枝です。

1、まず、柊の枝と鰯(頭)を用意しましょう。

2、鰯の頭をこんがりと焼きましょう。

3、そして、焼いた鰯の頭を柊の枝に差します。

これだけですので、簡単ですね。

エラの近くより目に向けて突き刺すと上手にできるようですよ。

ぜひ、あなたもやってみてください。

ちなみに、節分の行事食としては西日本において

鰯が多く食べられているようですよ。

鬼の嫌いな臭いを発する鰯を食べることで、

体内にいる鬼を追い出すことができるのだそうです。

スポンサードリンク

飾る場所は外に!?

柊鰯を飾る場所は、一般的には玄関に飾られているものです。

玄関に柊鰯があると、鬼が嫌がって逃げてしまうということですね。

柊の棘が鬼の目を差すということもありますし、

鬼は、焼かれた鰯の煙や臭いが嫌だという理由からのようです。

柊鰯を飾るとなると、その時期についても知っていなくてはいけませんね。

柊鰯は、節分の日から2月の終わりまで飾るのが一般的とされています。

しかし、この期間についても節分の日のみという地域など様々あるようですよ。

どの家もやってない!家の中で飾るのはダメ?

リビング

柊鰯ですが、玄関に飾るのが一般的だとお伝えしました。

しかし、周囲のご家庭で玄関に柊鰯を飾っていつお宅がない場合などには、

ご自宅で飾るのも何だか気が引けてしまうこともあるでしょう。

では、家の中に飾ってはいけないのでしょうか?

基本的には、家の中に柊鰯を飾ってしまうと鬼が入ってきてしま

という言い伝えになっていますが、

近頃では、家の中で柊鰯を飾るご家庭も多くなってきているようです。

そこまで言い伝え通りにしなくても大丈夫と考えられるでしょう。

地域性などにもよりますし、周囲のご家庭でどうしているか

といったことを聞いてみるのも一案かもしれませんね。

終わった後の処分方法!!

2月が終わると、柊鰯は外すことになりますね。

それから外した柊鰯はどうするのか!?気になるものです。

一般的には、半紙に包んでから塩でお清めをして捨てる

という方法が採られているようですよ。

もしお住まいの近くに神社があるのであれば、

神社で処分してもらうという方法でもかまわないでしょう。

どんど焼きの行事でお焚き上げしてもらうと良いですね。

このほかには、鰯と柊を焼きつくし、その灰を玄関先に盛るという方法もあります。

さらには、玄関先に埋めると言う方法もあるようですよ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ