節分で鬼と豆まきが存在する意味はなぜ?落花生をまく地域は多い?


豆まきというと、子供の頃から

当たり前のように行ってきたという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、なぜ節分では豆を撒くのか、そしてなぜ鬼を追い払うのか?

そういったことも意外に知らないということもあるでしょう。

しかし、豆を撒くことも、鬼が登場することも、意味があるのです。

そして、年齢の数だけ食べることにも意味があるのです!

さらに、大豆ではなく落花生を撒く地域もあるのですよ。

今回は、そういった豆まきの謎についてお伝えしたいと思います!

スポンサードリンク

節分で鬼と豆まきが存在する意味とは!

節分

昔は、宮中行事で『追儺(ついな)』というものが行われていたそうです。

それは、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると

信じられていたからでした。

そして、その邪気(鬼)を払うために『鬼やらい』

とも呼ばれる追儺が行われていたのです。

その行事の中にある『豆打ち』というものが

豆まきの由来と言われているようです。

豆まきは、追儺同様に邪気を払う目的で行われています。

豆を撒く意味については、

穀物(昔は豆以外にお米なども撒いていたそう)

などは魔除けの力があるとされていたからのようです。

なぜ鬼が出て来るのかというと、

鬼という言葉は陰(おん)や陰(おぬ)

から来ていると言われています。

そして、陰は目には見ることのできない邪気や

この世のものとは思えないものということで、

災害や疫病などは鬼の仕業ではないかと

考えられたというところから来ているようです。

落花生をまく地域がある?

落花生

節分には、丸い豆を撒くということを

思い浮かべる方も多いかと思いますが、

実は、節分に撒かれるのは丸い豆だけではないのです!

北海道や東北地方、さらに新潟などの北陸地方、

そして宮崎や鹿児島といった南九州などでは落花生を撒きます。

これらの地域の人にとっては、

節分に撒く物と言えば、落花生が一般的となっています。

では、なぜ落花生を撒くのか!?

それは、殻が付いた状態で撒くので、

拾ったらそのまま剥いて食べることが

できるからということもあるようですね。

宮崎などの場合は、落花生が特産と

なっていることも理由のようです。

スポンサードリンク

まいた豆はどうするの?

豆

さて、撒いた豆は皆さんどうされているでしょうか?

部屋などに撒いた場合には、拾って食べる

ということが一番ではないでしょうか。

事前に床は綺麗に掃除をしておくことを

忘れないようにしましょう。

節分に撒いた豆(福豆)にお茶を注いで飲むと言う方法もあります。

福茶と言い、縁起の良いお茶になりますよ!

もし豆を食べないのであれば、

神棚などにお供えするという方法もあります。

神棚に豆をあげると、落雷に遭わない

などといったことも言われているようです。

もしご家庭に神棚がなければ、

タンスなどの高いところに保管しましょう。

年の数だけ豆を食べる理由は?

遺産相続

良く、豆まきの豆は年の数だけ

食べると言われていますが、一体それは

どういった意味合いがあるのでしょうか。

昔は、節分という日は立春の前日ということで、

大晦日のような意味合いもあったようです。

その節分に、福豆という火で煎り邪気が

払われた豆を食べることで、福を年の数だけ取り込むのです。

そうすることで、次の年も健康でいられることを願ったのだそうです。

福豆は、数え年で1つ多めに食べたりすることがありますが、

それも、次の年が健康で過ごせるようにという願いが込められています。

まとめ

豆まきは、邪気(鬼)を払うことが目的なのですね。

そして、北海道や東北地方などは

落花生を撒くということもおわかりいただけたでしょうか。

撒いた豆は食べても良いですし、

大豆の場合はお茶にしていただいても良いでしょう。

1年の健康を祈願して年齢の数だけ食べると、

きっと次の年も健康な1年を過ごすことが

できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ