バレンタインはチョコ以外でもOK?甘いのが苦手な上司や彼氏は?


バレンタインといえばチョコレート。

頑張って手作りしたものを食べてほしいという方や

告白するために頑張って作るという方まで、

さまざまな理由でバレンタインに励む女性が多いですが、

そんな中で今回は、甘いのが苦手な人へはどうすればいいのかという点に絞り、

チョコ以外でも大丈夫なのか、何が良いのかなどについてお話していきます。

スポンサードリンク

チョコ以外でもOK?世界と日本の違い!

チョコ2

日本のバレンタインは「女性から好きな異性にチョコレートをプレゼントする」というもの。

しかしこれはほとんどが日本での限定イベントなのです。

世界では主に「男性から女性に対して送る」というのが主流なのです。

特に「チョコを送る所も多いですが、チョコ以外を送るところも多い」という点です。

アメリカはチョコにプラスして何か違うものを送ります。

ヨーロッパでは主に、好きな異性であれば男性からでも女性からでも良く、

チョコレートも送りますが、チョコレートにこだわって送るという方はそこまで多くないようです。

イタリアではバラをプレゼントするなど、かなりオシャレなバレンタインとなっています。

と言う事から、日本はかなりチョコレートにこだわりを持ちすぎている。

絶対にチョコレートでなければいけないんだ!!という風習など、

もう少し経てば変わるかもしれないですね。

「チョコレートにこだわらなくても良い」と思います。

甘いものが苦手な上司などにはどうすればいいのか

上司2

では、日本ではチョコレートにこだわり過ぎているというのを頭に入れておいて、

「バレンタインに甘いものが苦手な上司には何をあげればいいのか」という点について。

上司ともなればお恐らくチョコレートなどの甘いものが苦手な方も結構多いと思います。

男性自体「甘いものが苦手」という比率も高めなのですから、そうなるでしょう。

では、日ごろお世話になっている上司には

甘い物以外で何をプレゼントすればいいのか。

おつまみ

やはりこれは定番。

呑む時に欠かせない「あて」というものですね。

これは年配の方でも若めの上司でも万能に効果ありです。

定番の「鮭とば」「チーズ」などを選ぶのが良いでしょう。

チーズ

高級な目線で攻めるとするとやはり「ホタテの貝柱」等でもいいですね。

もちろん「ポテトチップス」などのスナック系お菓子でも十分なのですが、

これらには全てそのまま渡すよりも、100均で買えるラッピング用の袋などに入れて渡す

見栄えもしますし、少し高級感も出てより一層気持ちが伝わるでしょう。

そういったひと工夫で印象も変わりますので、上司ともなればひと手間かけるのが良いでしょう。

最高の「おつまみセット」を目指しましょう。

ただし、あまりに辛い物やしょっぱいものや硬すぎるものはなるべく控えましょう。

あたりめなどは「ソフト」のほうが良いかもしれません。

特定の上司なら「日本酒など」がオススメ

これもどちらかというと年配向けとはなりますが、

あてと来たら「飲むもの」もアリですね。

この場合は「ワイン」などの好き嫌いが分かれるものよりも

「日本酒」といった日本人になじむ味が良いです。

ノンベエであれば「辛口」などでもいいですし、

無類の日本酒好きであれば甘くての飲みやすい「吟醸・大吟醸」でもいいですね。

プラスで「ヒレ」などを付けるとよりプラスになるかもしれないですね。

ハンカチなどのちょっとした小物

ネクタイやネクタイピンなどの小物系なども良いですが、

普段何気なく使うであろう「ハンカチ」などのものの方が

何枚持っていても使えますし、派手な色にしなければいつでも使えますから

「ハンカチ」はオススメです。

ハンカチ

それ以上のアイテム(靴下など)になると少し重たいと思うので、

軽いアイテムにすることをオススメします。

スポンサードリンク

彼氏が甘いもの苦手な場合

上司の場合はわかりましたが、もっと親密な関係である「彼氏」にはどうすればいいのか。

やはり上司みたいに気を遣うのは良くないです。

堅い印象を受けてしまう事から、なるべく距離感がわかりやすいものにするといいです。

クッキー

クッキーはいつでもできるといえばできますが、

バレンタイン仕様で「ハート」などにし、出来るだけ甘さは控えたものにするといいです。

少しだけレモン風味や紅茶風味にしてみるなどの工夫が良いですね。

外食(デート)

レストラン2

プレゼントという意味ではこれも効果的。

いつもは彼氏に出してもらっているデート代なども

この時だけは「自身が払う」などにするといいですね。

映画や娯楽、特に外食であれば相手の好みに合わせたお店を選択して

2人きりの空間を作るのがベストなバレンタインでしょう。

その時に合わせて「アイテム系のプレゼント」も良いです。

アイテム系プレゼント

ではそのアイテム系プレゼントとはどんなものかというと、

これも重すぎないアイテムが良いです。

例えば、冬にさむがっている姿を見たのなら

「インナーパンツ」「ヒートテック」などの日常使えるアイテムですね。

他には「手袋」「マフラー」「就寝用のパジャマ(スウェットなど)」も良いでしょう。

マフラー

普段あまり自分では買わないというアイテムであれば喜ばれるかと思います。

まとめ

今回は「甘いものが苦手な上司&彼氏」をメインに

バレンタインで何をプレゼントするのが良いのかをお話ししました。

バレンタインは世界的に見ても「チョコレートでなくても良い」というものですので、

余りチョコにこだわらずに、時にはしょっぱい系のお菓子や

外食のプレゼント、小物系アイテムなどを送るというのも全然アリなのです。

1番は誰にでも持っている「気持ち」のプレゼントですので、

余り深く考えすぎるのも逆効果でしょう。

良い日になると良いですね!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ