ホワイトデーで脈あり脈なしがわかる!お返し内容によって男性の本音が・・・


バレンタインも無事しっかりと渡せたし、後は「お返し」「返事」に期待!!

そんな期待をしている女性とは裏腹に、受け取った男性は

色々なことを考えているでしょう。

例えば、「気持ち伝えなきゃ」「似合うものを渡そう」

「何でも良いか」「めんどくさい」など、

貰った男性は「良いこと」も「あまり良くないこと」も考えているのが本音です。

そしていざホワイトデー・・・もらえなかった・・・・。

こんな悲しいことは信じたくないですが、実際にあるでしょう。

今回は「脈あり」「脈なし」を見抜くホワイトデーの男性の本音について迫ります!!

スポンサードリンク

ホワイトデーはバレンタインの渡し方でも決まる!?

バレンタイン

ホワイトデーで良いお返しや良い返事が聞きたいと思っている女性はいるでしょう。

ですが、その前に「バレンタイン」という女性から男性へと渡す行事があります。

問題ですが、バレンタインをお粗末にしていると

「良い反応」はもらえないと言う事は自覚していますか?

男性はシンプルですが、「勘が鈍い」人も多いのです。

  • 「これ誰にでも配ってるんだろう」
  • 「普段部活(仕事)で一緒に頑張ってるからかな」

このようなメッセージ性の弱い本命チョコやメッセージカードでは

男性は感じるものがとても少ないのです。

中には、「何にも思っていない」という人もいるくらいです。

なので、メッセージ性の強い本命チョコにしなければ

スタートラインには立てていないですから、そこを意識しなければダメなんですね。

  • 「明らかに手作りでハートが多い」
  • 「メッセージカードも短くなく、そしてシンプルに直球勝負している」
  • 「他の男性には興味がないことを伝える」

このような「ハッキリ」とした理由や想いがプレゼントになければ

言い方を悪く言うと「おやつタイム」となってしまうのです。

これは絶対に避けるべき部分ですので、

あなたの意思表示をしっかりと相手に示すことが大事です。

これがしっかりと出来てやっとスタートラインである

「お返し」「返事」といったステップへと上がって行くんですね。

「付き合って!!」「一緒に映画見に行こう」など

女性からのアプローチをする場なのが「日本のバレンタイン」なのです。

渡した日以降もアプローチを忘れずに!!

視線

すでに渡していたのであれば、

渡してからはお互いちょっとは意識が変わっていることが多いでしょう。

しっかりと伝えているのであればなおさら男性は意識します。

なので、渡し方から終わり!!ではなく、

渡したから、次は「今以上に相手に近づく」ことをしましょう。

これは「相手が鈍感で気づいてない」という事態を穴埋めする方法でもあります。

「遠くから視線を送る」というだけでも「意識に変化が起きる」事が多いと思いますので、

このような方法でもいいでですし、「2人だけの会話時間を増やす」でもいいでしょう。

「脈あり」がわかるサイン

脈あり

バレンタインで本命を渡して次は男性からのホワイトデーでのお返し!!

気持ちは「ドキドキ」してしまうものですね。

そんな男性からの脈ありのサインについて見ていきましょう!!

丁寧なお返しがあったとき

まずはお返しがないことには始まりませんね。笑

あなたが男性にしっかりと手作りや熱いメッセージを添えていたお返しが

ホワイトデー当日にしっかりと男性側からあるとすると、

「脈なし」ではありません。

「丁寧なお返し」というのは「男性の手作り」「オシャレなブランドチョコ」

「メッセージカードの添付」などがあれば、

「脈あり」と捉えることができます。

ただし、メッセージカードを読んで

  • 「チョコレートありがとう!!これからもよろしくね」
  • 「バレンタインのチョコありがとう!!美味しかったよ!!」
  • 「みんなで今度遊びに行こうね!!」

このような「内容が薄い場合」は

脈無しにもなってしまう事もあるでしょう。

男性は貰ったことに対して「うれしい」と言うのは間違いなくあり、

良いもの貰ったか返さなきゃ!!ということで

丁寧なお返しがあったと言う事も考えられると言う事です。

実際には「ほとんどが脈あり」と言っても良いので、

この場合は「脈あり」と言えることが多いです。

ホワイトデーに呼ばれる

これは間違いないと言っても良いでしょう。

ホワイトデーにて呼ぶという行為は「今から告白します」と言っているようなもの。

なので、その際は相手が緊張していても「可愛いな」と思いながらでも

しっかりと相手の話を聞きましょう。

あなたに興味がないとそもそも呼びません。

お返しが食べ物ではない場合

これは結論から行くと「脈あり」ですね。

買ったチョコなどでも「選ぶ時間」はかかっていますが、

妥協点も少なからずあると思います。

チョコレートの細かい違いは男性はあまりわかりません。

ですが、食べ物ではないもの、つまり

「アクセサリー」「時計」「帽子」「映画のチケット」「保湿クリーム」

などの「じっくり選んだ」と言われるような「気持ちが見え隠れしている」

と言う事があれば、それはまさに「脈あり」でしょう。

男性はしっかりと選んで買ってくれているので、

気持ちをしっかりと受け取ることがベストです。

名前が呼び捨てになっている

これはバレンタイン後からでも言える事ですが、

すでに男性は「意識している」と言っても良い行為です。

少し「浮かれているほど」と言っても良いですね。

明らかに本命だとわかる物を貰って「すでに付き合っている気分でいる」

といった様子が見受けられる「突然の呼び捨て」。

これは脈ありですね。

また、ホワイトデーにて「ちゃん」「さん」づけだったのが

「呼び捨て」というのも脈ありです。

デートの誘い

これも脈ありの代表例ですね。

少し壁があるほどの関係であるホワイトデーの段階では

距離を近づけるために「デート」という方法をとることがあります。

これは意識が無ければまず言われる事はありません。

ただ、例外があり、「かなりチャラい」と言われる人に関しては

デートに誘うと言う事は「なんでもないこと」でもあります。

俺に気があるから「どうにかしてやろう」などのような

いい加減な考えをしている方もいなくはないのです。

ですが、99%大丈夫と言っていいでしょう。

スポンサードリンク

脈なしサイン

脈なし

次は脈なしサインです。

これはわかりやすい事だけしかないので、判別しやすいかと思います。

そもそもお返しがなかった

お返しが無いというのは「意識が弱い」と言う事です。

つまり「あまり視界に入っていない」とも言えます。

キツイですが、これは上記でも説明した

「バレンタイン」での渡し方で「意識させる」という方法が甘かったためでもあります。

なので、お返しが無いということは「脈なし」といえます。

お返しが「コンビニ」

お返しをしてくれる男性の中でも脈なしと言えるような例はあります。

それが「コンビニ」にて急遽買ったような「雑な渡し方」です。

実際、コンビニのホワイトデー用のチョコでも最悪良いとは思うのですが、

しっかりとした袋に入れてメッセージも添えるなどが無いような

コンビニで買ったことが明らかにわかるようなことでは

「貰ったお返し」程度の考えと言っていいでしょう。

なので、これは「脈なし」と言っていいでしょう。

「メッセージが弱い」

これは「お返し」をしっかりと貰っているけど脈なしとわかるパターンです。

しっかりとしたお返しがあり、中にメッセージカードもあるのにも関わらず

「メッセージ自体が短い」事や「内容が薄い」と言う事があれば

友達以上恋人未満レベルかと思います。

上記でも書きました、「チョコ美味しかった!ありがとう」といった

「お礼」のメッセージカードでは「脈なし」といえますね。

とりあえず量が多い

これも脈なしです。

お返しのチョコレートでもチョコレート以外のものでも

「お返し」としては考えられないほどの「量」をくれる人は「適当」が絡んでいます。

とりあえず「多く渡せば良いか」といったような考えの方に多い行為です。

「とりあえず感」が強い行為は基本的に「NG」と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

男性は「鈍感」と言えることが多い生き物ですが、

それゆえシンプルでもあります。

なので、脈ありか脈なしかは「行動」「言動」を気にしているだけで

わかりやすいものとなっているのです。

ですが、何度も言うように、「お返しがほしい」「返事がほしい」という事は

バレンタインの渡し方から始まっているので、

女性はバレンタインからがすでに勝負なのです。

良いホワイトデーにするには

「女性のアプローチ」から見直すべきでもありますよ!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ