ホワイトデーのお返しと告白への返事で傷つけない断り方や文章の書き方は?


バレンタインに告白をされたり、本命の彼女に

チョコを貰ったりしたら、お返しをしたいものです。

では、本命の彼女にはどういったお返しが適しているのでしょうか。

また、告白への返事には直接答えるべきなのか、

文章にして返しても良い物なのかも疑問に思うこともあるでしょう。

さらに、告白された相手が好きな人ではない場合、

どの様に断るべきなのでしょうか。

今回は、これらの点について探っていきたいと思います。

スポンサードリンク

本命チョコを貰ったお返しに最適なお返しのオススメは?

ホワイトデー

本命の彼女へのお返しなら、ハンカチはいかがでしょうか。

日頃持ち歩くものですし、何枚あっても重宝しますね。

ただ、どういった柄が良いのかということで、

悩まれる男性も多いでしょう。

そういった場合には、バーバリーのものをチョイスされるのも一案です。

定番のブランドですし、様々デザインがあって、

大人びた印象の中にも可愛らしさのあるものがあるので、

何枚かセットで贈っても良いでしょう。

また、本命の彼女には形として残るアクセサリーを贈るという手段もありますよ。

女性なら喜んでくれる確率も高いですし、

贈った相手の女性が身につけてくれたら

贈る側のあなたもきっと嬉しいはずですね。

ティファニーなどのブランドのものが最適ではないでしょうか。

さらにお花を贈るという方法もあります。

お花には花言葉がありますので、

贈るお花にその意味を込めてプレゼントすることができますね。

特殊加工により半永久的に楽しめるプリザーブドフラワーもありますよ。

告白された返事をする際には直接言う?文章で渡す?

告白4

告白の返事をホワイトデーにするなら、

手段は別にどういったものでも構わないでしょう。

相手の方から直接告白を受けたとしても、

手紙で受け取ったとしても同様です。

直接言いにくい場合や、文章の方が伝えやすいというのであれば、

手紙等でも良いでしょう。

しっかりとご本人に直接会って伝えたい場合には会う機会を

設けてお返事をするという方法も有効です。

大事なのは、受け入れるにしても断るにしても、

きちんと真心を込めて返事をするということですね。

適当な返事をすることや、

相手の気持ちを考えないような返事をすることを

避けるようにすれば良いでしょう。

スポンサードリンク

女性からの告白を断る時の傷付けない方法とは!

直接の断り方

告白7

まず、直接であっても文章であっても、

告白への感謝の気持ちは伝えることが必要です。

そして、今は恋愛をする気はないことなど、

女性に非があるわけではないことを告げましょう。

そうすると、女性としても諦めざるをえません。

文章での書き方

メール

『年下の子がタイプだから・・・』など、

自身のタイプをはっきりと書くという方法もあります。

そうすることで、相手の女性も自分がタイプではないのだ

と理解することもあるでしょう。

大事なのは、文章にして告白を断る場合にも、

うやむやにせずはっきりと断ることです。

それでも、文章にするのであれば、

形として残るものであり、ちゃんと読み返すなどして、

相手が読んでどう感じるかを配慮することは必要でしょう。

断った後が気まずい場合の対処法は?

泣く3

告白を断った相手との間が気まずくなってしまうこともあるでしょう。

そうした場合には、メールなどで連絡を取り合うことや、

直接話すことはなるべく避けた方が良いでしょう。

振った側のあなたの行動一つで、

まだ脈があるのでは?と女性側に思わせてしまいかねないからです。

職場などで会わざるを得ない時は、

必要最小限の対話にするようにしましょう。

まとめ

ホワイトデーにお返しをするにしても、

告白の返事をするにしても、

真心を込めて返すということが大事なのです。

断るにしても、はっきりと伝えることは大事ですが、

決して適当にあしらったりしてはいけませんよ。

スポンサードリンク

ホワイトデー関連の記事はこちら!!

・「職場で喜ばれるホワイトデーでのチョコ以外の義理アイテムとは?」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ