エイプリルフールの由来とは!なぜ嘘をついていいの?次の日の嘘はOK?


エイプリルフールと言うと、今年はどんな嘘吐こうかなと、

考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、その由来などはご存じでしたか?

さらに、エイプリルフールは嘘を吐いても良い時間帯が決まっているのです!

今回は、このようなエイプリルフールについて取りあげたいと思います。

スポンサードリンク

エイプリルフールの由来は?

まず、エイプリルフールがどのようにしてできたのかについて、

見ていきたいと思います。

エイプリルフールの由来は、様々あるようですよ。

まず一つ目は、イエス・キリストがユダによって銀貨30枚で裏切られたという、

そのことをいつまでも記憶として留めておく意味で、作られたという説です。

さらに、方舟によって洪水から生き伸びたノア(聖書にも載っているノアの方舟)が、

陸地を求めて放った鳩が、そのまま陸が発見できなかったので、

戻ってきたのが、4月1日だという説もありますよ。

理由は、”無益なことを受ける”という日ということから生まれたということですね。

また、他の説では国王に反旗を翻したということもあるようです。

ヨーロッパでは、16世紀ごろには新年が3月25日でした。

そして、新年のお祭りを4月1日まで行っていたようですよ。

しかし、フランスの王様だったシャルル9世が、

新年を1月1日にするという新しい暦を1564年に使い始めたのです。

国民はそれに反対したのですが、4月1日は嘘の新年だとして、

厭味も交えて騒ぐようになったそうですね。

国王はそれに怒り、国民を処刑してしまうのです。

こうしたことがあり、フランス国民が反発の意味を込めて、

今後も忘れないということで、4月1日にお祭り騒ぎを続けるようになったということです。

このほかにも色々と起源と言われているエピソードはあるようですよ。

なぜ嘘をついてもいいのか

嘘

さて、ではなぜエイプリルフールでは嘘を吐いても良いのでしょうか。

もともと、4月1日は日本において江戸時代頃から不義理の日とされていました。

4月1日に、いつもは不義理なことをしてしまっている相手に、

お詫びをするという意味があったようですよ。

それから時を経て、大正時代には嘘を吐いても良い日となったのです。

エイプリルフールに吐く嘘は、罪がないものにすることや、

日常的ではないことをすること、そして嘘を吐かれたからと言って、

仕返しはしないことという、ルールもあるようなので、

こういったことにも気を付けましょう。

スポンサードリンク

エイプリルフールの次の日の0:00になった瞬間の嘘はOK?

エイプリルフールには、時間が決まっているのをご存じでしょうか?

実は、4月1日の午前中しか有効ではないという噂もあるんですよ。

そして、午後には、吐いた嘘のフォローをするのだそうですね。

『さっき言った事はエイプリルフールの嘘だった』と告げることです。

とは言え、この点についてははっきりと決まりになっているわけではないですよ。

ゴメン

ちなみに、4月2日0:00に日付が変わると、

『トゥルーエイプリル』という習慣に変わるという説もあるんですね。

真実しか言ってはいけないという日だと言うのです。

しかしこれは、エイプリルフールで誕生したネタだったようですよ。

嘘をついたらダメなのは上司?恋人?誰?

嘘をついてはいけないのは、やはり目上である上司ですね。

上司3

当たり前のようですが、取引先の方などもNGのようですよ。

また、場合によっては先輩もいけません。

恋人についても、兄弟や両親に比べたら

エイプリルフールとは言え、あまり嘘は好ましくないようです。

・「エイプリルフールに『別れ話』や「妊娠話』はしても良いの?良い嘘悪い嘘について」

まとめ

キリスト教が由来と考えられる説やフランスから生まれたという説など、

色々とエイプリルフールの由来があることがおわかりいただけたでしょうか。

また、エイプリルフールは午前中しか嘘を吐けないという事実もあるのです。

さらに、嘘を吐くにしてもその相手はきちんと選ばなくてはいけませんよ。

こうした事に注意し、エイプリルフールを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ