ゲーム進撃の巨人PS4・3・VITAの評価!!内容はアニメ以上!?感想も!


進撃の巨人といえば今では全世界で大人気のマンガ・アニメとなり、

当初は15巻程度で終わらそうとしていた内容も今では大きく超えてきて更に気になる内容となっている。

そんな進撃の巨人にあの「無双」で有名な「ω-FORCE」から2016年2月18日にゲーム「進撃の巨人」が発売なのです。

最近ではあの有名な「USJ」でもコラボもしていますし何かと話題となりますが、

今回はゲーム「進撃の巨人」の評価や内容と感想についてお話していきます。

スポンサードリンク

ゲーム進撃の巨人の内容がヤバイ!?

IMG_7212^2

今回のゲーム「進撃の巨人」ではアニメを基本とした再現をしており、

ストーリー通りに進むのはもちろん、ストーリーから外れたオリジナル要素もてんこ盛りなんですね。

その中でもスゴイと思った点を解説します!!

敵を倒す以外に楽しみがある!!

進撃の巨人といえば「駆逐してやる」といった言葉を使い、巨人を排除することを目的としていますが、

ゲームではこれがメインとなります。

ですが、それだけではなく、イベントで進むストーリーとは別にクエストと言えるハンジ分隊長(キャラ)から

巨人討伐の依頼を貰い、その依頼を引き受けて巨人討伐をしに行ったりできます。

これをすることで「資金」「資材」などを手に入れることができ、「新しい装備」が作成可能になったりします。

また、街中(ストヘス区)を徘徊出来たり、他キャラクターとの会話を「実声」で聞いたりすることもできるので、

ファンにはたまらなく嬉しいクオリティとなっています。

新しい武器・ガスなどの購入

これはオリジナル要素の部分で、アニメや漫画では同じ武器やガスしか使わないですが、

ここはゲーム要素を踏まえて、「新しい装備」が購入可能となります。

ただし購入するには「巨人討伐」をして「資材」「資金」を調達しなければいけなく、

調達出来たら「ストヘス区」にある武器屋の補給兵のところへ行き、装備の購入をすることになります。

もちろんキャラクターは入れ替わりもかなりあるので、様々なキャラでの武器があります。

「切れ味」「刀身長」「耐久度」の3つの要素で武器は成り立っており、

巨人討伐が難しくなるにつれて、こういった武器やガスの開発が必要不可欠となる。

ただ、戦場にて武器を拾ったりすることもできます。

グラフィックがすごい!!

なんといってもグラフィック!!

アニメを追体験したとされていますが、グラフィックは最先端グラフィックである「カスタムトゥーンシェーダー」という、

アニメ感は残りつつもかなり立体なグラフィックとなっており、人の奥行なども鮮明になっているのが良いところですね。

また、USJの進撃の巨人・ザ・リアルでの映像は「3D(4D)」でリアルを越えたリアルだったので、

それを超えることは出来ないですが、アニメからのゲームとしてはかなりのクオリティと言えます。

エレン以外のキャラの操作

IMG_7231-2

エレンは主人公ですが、主人公がメインとなるのはあたりまえです。

しかしゲームでは様々なキャラでの操作が可能となります。

そのキャラによってのイベントだったりもアニメ同様のストーリーを見ることもできますし、

戦闘方法もそれぞれ違う事がこのゲーム「進撃の巨人」の良い点ですね!!

エレンが巨人になっているときなどは「サポート」として他キャラを操作するなどのリアルさもしっかりあります。

もちろんエレン巨人の操作もストーリーに沿ったうえで体験出来ます。

あなたの行動次第!?

これはどういうことかというと、ゲームを進めるうえでプレイヤーの行動によって他の人とは違う体験もできます。

選択肢などが変わると言う事です。

戦場では「巨人討伐」が目的ですが、目の前の巨人だけに注力していては「やられてしまう可能性大」なのです。

IMG_7215^2

ストーリーに影響はないですが、討伐に対しての評価が変わってきます。

戦場で巨人討伐をしている最中にも自身だけではない様々な兵士が巨人と戦っており、

巨人にやられてしまいな兵士もいます。

「副任務」として他のキャラから「助けてくれ」などといったシグナルがメッセージとして届きます。

しかし、これを助けに行く行かないはあなた次第となり、助けに行かない場合は

巨人討伐が完了してからの評価がマイナスとなります。

逆に助けに行った場合は「仲間」となり共に討伐ができるようになると言う事です。

もちろんクリア後の評価も上がります。

このようにメインの任務の中にサブ任務もあることから、討伐は何かと忙しく、

マンガ・アニメ同様に地上に降り立ってじっくり考えている暇など無いという緊張感の中でプレイする事になるのも

進撃の巨人らしい楽しさとなっています。

なので、「立体起動装置」の使い方をある程度慣れなければ結構辛い所ですが、

慣れるまではひたすら練習がてらの討伐をするしかないですね。

スポンサードリンク

少し残念ポイント!!

無双っぽい!?

「ω-FORCE」といえば「三國無双」「戦国無双」などの無双シリーズが有名です。

今回の進撃の巨人では「非無双」として開発された物となります。

ですが、確かに「非無双」ではあるものの、アニメの内容上仕方がない事ですが、

自由に動き回り、自由に巨人を討伐し、仲間を引き連れ、仲間を上手く使う。

自由度でいえば「非無双」でありながらも近いものを感じるのは仕方がない所です。

その無双感を無くしているのが「ストーリーの追体験」「街での徘徊」「他キャラ視点のストーリー」などの要素です。

戦いの場面で少し感じるものの、全体的に見た「進撃の巨人」は正直ストーリーを知っていながら楽しいといえます。

もちろん知らない人も楽しめる「わかりやすい内容」と言えるでしょう。

少しネタバレ!?

アニメでは「獣の巨人」は出てきていないのですが、プロモーションの時点で「獣の巨人」が出てきてしまっています。

これはアニメ超えと言える内容とは思うのですが、存在はバレてしまっているものの内容としては問題ない範囲ですね。

これアニメ超えてるんじゃないの?とも思いましたが、開発側から「ネタバレになるようなことは無い」というので、

どんな方にでも楽しめる内容となっているようです。

しかし、「獣の巨人」が登場している段階ではかなりヒヤッとした少し残念ポイントとも言えます。

気になる評価は?

IMG_7245-2

当初、ゲーム化決定となったときは

✔「無双っぽくなるんだろう。」

✔「アニメ途中だけど」

✔「ただ殴るだけ」

✔「うなじ斬るだけ」

などのあまり良いとは言えない評価はあったものの、

プロモーション・内容などが公開されていくうちに

✔「カッコいい」

✔「けっこう楽しそう」

✔「なかなリアル」

✔「迫力ある」

✔「アクション要素が強いけどストーリーもあるから楽しめるかも」

というようなプラスイメージとなっているようですね。

最も最近ではこういった評価が数多くあります。

✔「めっちゃ面白そう!コーエー、こういうのを求めていた」

✔「立体起動が凄すぎて買いたい度が上がってきた」

✔「体験版がないから不安だけど、買い!!」

✔「オンライン4人までできるからみんなでやりたい!!」

✔「進撃の巨人あまり見てないけど、ゲームスゴイな!!」

✔「操作が難しそうだけど立体起動がヤバイ!!」

そうです、高評価ばかりです。

今回の「非無双」、そして「進撃の巨人」は間違いなく人気が出る事となるでしょう。

感想として

実際に一通り感じた点といえば、「立体起動のリアルさ」「ストーリーの再現度」「グラフィックの良さ」

どれをとっても最高としか言いようがありません。

USJの進撃の巨人の待ち時間にこのゲームが最高といったところです。笑

最初は操作性が少しシビアなことから「慣れないと少し難しい」という点はありますが、

巨人討伐だけならすぐに出来ることを「ミカサ・アッカーマン」の声優である「石川由依さん」が

ゲーム初心者ながらかなりお気に入りの様子でプレイしていますので、

「立体起動」が少し手こずってはいるものの、討伐は誰でも出来る簡単で楽しいゲームであることは間違いないです。

・「ゲーム・進撃の巨人PS4・PS3・VITAでの立体機動装置について」

何より、進撃の巨人を知らない人はゲームでのストーリーで知ることができ

ファンにとっては「他のキャラからの視点」「オリジナル要素」を味わう事ができる良いゲームと言えるでしょう。

なので、ゲーム「進撃の巨人」は「買い!!」ですね!!

まとめ

2016年はUSJで人気、アニメ2期で人気、そしてこのゲームで人気と

更なる人気が出てきている進撃の巨人ですが、

ゲームとしてのクオリティはオリジナリティがあることから「アニメ超え」と言ってもいいくらいのレベルです。

USJ程のグラフィックにする必要は正直無いと感じますし、アニメーションな感じが残っている事も良い点といえますね。

何より、買いたくなるものかと言われると「買いたくなる」と言えるゲームの仕上がりだと思います!!

スポンサードリンク


2 Responses to “ゲーム進撃の巨人PS4・3・VITAの評価!!内容はアニメ以上!?感想も!”

  1. タイチョー より:

    こんにちは。今回のゲーム化は成功でしたね。
    以前3DSで出たゲームが最悪だったので、ゲームとは相性よくないだろうと思ってましたが…購入して正解でした。
    無双云々に関しては、
    そもそもネットではエアプの無双アンチが新タイトルが出る度にぎゃあぎゃあ文句たれるのが日常茶飯事なので、気にしてません笑

    • taka2 より:

      コメントありがとうございます。
      なんといってもクオリティが高いですよね!!

      そして何より今後の進撃の巨人がますます気になるのがまたいいです。
      もしかして、進撃の巨人のアニメ第二期の前フリなのかな?
      とも思える位ファンを魅了している作品だと思います!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ