PS4バイオハザード7最新速報動画情報!ベイカー以外の新ゾンビ登場?


2017年1月26日より発売となるバイオハザード7。

そんなバイオハザード7に新たにYOUTUBEにて最新動画情報が出回っています。

今まではランタンや武器と軽い内容について公開されてきましたが、

今回は少し踏み込んだ「クリーチャー」や回復薬の組み合わせなどなど。

ベイカー以外にもクリーチャーがおり、バイオらしさが復活!!

では、詳しい情報について解説していきます。

ついに解禁!!ベイカー以外の新ゾンビ!?

スポンサードリンク

今まで、ベイカーという「ファミパンおじさん」が毎度登場しているイメージでしたが、

最新動画ではついにファミパンおじさん以外に「新クリーチャー」が登場しました。

バイオハザード7

ん?これはゾンビではないのでは?とも思いますが、ゾンビというよりは寄生体というクリーチャーに近いのかと思います。

ウィルスによって変化した人間の可能性が高いこの新クリーチャー。

最初見た時はファミパンおじさんが主人公との争いによって変化したゾンビ的な物かと思ったのですが、

デモでボスの姿を見せないだろうということと、戦闘している部屋が狭い事から大ボスではないだろうという事。

普通の戦闘シーンだと思われることから、ファミパンおじさんではなく普通のクリーチャーでしょう。

しかし、どうやら少々苦戦するような相手で、こちらのハンドガンなどの攻撃はあまり聞いていない様子。

今回は「戦闘」以外にことが要素として大きいという事で、ハンドガンなどの使い過ぎによる詰みゲームにならないようにしたいところ。

とはいえ、動画内で出てくる上半身の服を脱いでいるベイカーこと、ファミパンおじさんは不死身なのか・・・。

「追われる恐怖」という事で、最後まで不死身でラスボス要素満載なのか・・・。

様々な謎解き要素!!

ランタンでのデモプレイでもクモの影を完成させるなどの謎解き要素がありましたが、

最新動画の情報でも謎解きに関する情報が解禁されています。

同じ場所での謎解きみたいですが、謎解きに必要な様々なアイテムがあるという事を紹介しています。

木彫りの人形みたいなものから、基盤のようなもの、そしてナイフにバルーンなどなど。

バイオハザード7

謎解きは以前のバイオハザードのように、ゲーム中に複数盛り込んでいますよというアピールでしょうか。

もちろん、この映像での謎解きなどはほんの一部なので、実際のプレイではもっともっと多い事でしょう。

噂ではゲーム総プレイ時間は15時間を超えるのではないかとも言われていますが・・・。

ハンドガンの音とグラフィックについて

最新動画の情報では、ベイカーや新クリーチャーに対して「ハンドガン」にて攻撃をしています。

ここから見て取れるのは、音の響きなどの良さや光沢などのグラフィックです。

やはり映像にこだわるREエンジンの搭載などでグラフィックの良さは折り紙付き。

また、射撃速度などもわかるようになっており、撃ちすぎてしまうくらいの速さで撃つことも可能と言えるでしょう。

このバイオハザード7では、弾丸の制限はキツめでしょうから、残弾数には気を付けたいところ。

負傷したときの画面

バイオハザード7

万が一、クリーチャーなどによってダメージを負った場合、画面が血におおわれる様になっている様子。

しかし、これは一定時間で消えるようで、負傷した際の動き方もかなり歩くのが遅く、足を引きづりながら歩くなど、

かなり動き方にもこだわっていることがわかります。

今回のバイオハザード7は特に動き方に力を入れていますから、リアルな動くスピードを考えているといえます。

自身の体力は腕時計型!!

スポンサードリンク

バイオハザードといえば体力画面は必須。

緑→黄色→オレンジ→赤といった変化によって自身の体力ゲージがわかるようになっていますが、

バイオハザード7では、左手にしている腕時計にて自身の体力を確認できる様子。

バイオハザード7

映像の中ではドアを開ける際などの手の動きによって左手の腕時計が確認できますが、

自身のプレイとなれば、ボタン操作や下を向くなどの動作にて体力ゲージを見ることができるでしょう。

回復アイテムの組み合わせ

バイオハザード7

最新動画では回復アイテムの組み合わせについても触れています。

バイオハザードシリーズではおなじみの「ハーブ」を使用する回復方法で、

いつもはハーブとハーブによる組み合わせなどですが、今回は少し違うのか、

「FIRST AID MED」という応急処置用のキッドみたいなものとハーブを組み合わせることで、

回復瓶のような液体が出来上がり、それを使用すると腕に液体をかけて回復できます。

バイオハザード7

見たところによると、ハーブ単体でも「少量の回復」と書いてあるので、単体でも使用できる様子。

バイオハザード7

しかし、「FIRST AID MED」との組み合わせで「程々の回復」と回復量に変化が起こったと思われます。

なので、ハーブの組み合わせは「FIRST AID MED」との組み合わせがあるという事がわかり、

実際に液体を自身にかけて回復するという回復方法もリアルになりました。

バイオハザード7

しかし、今回はアイテムスペースが少なく、アイテムボックスとの連携を上手く取らないとすぐに

容量が満タンになってしまうので、組み合わせなどには少し頭をひねらないといけないかもしれません。

バイオハザード1をプレイされている方には懐かしいようなゲーム内容ともいえます。

今後も最新動画が公開となる!?

発売となるまでにまだ期間があるので、これからもゲームの内容を徐々に公開していくでしょう。

しかし、グロテスク版でも通常版でもどちらでもゲーム内容に変わりはなく、

恐怖であり、謎多しであり、アクション要素もそれなりで、リアルさは本物であります。

徐々にデモを公開していくのはゲームのグラフィックを知るためでもあるので、

リアルさを追求したこのバイオハザード7は実際に体験した方が数倍恐怖が楽しめると思います!!

そして、バイオハザードの世界を存分に楽しめるハラハラドキドキプレイが待っているでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ