ゴールデンウィークに京都の混雑予想!!車渋滞は避けるべき!?


ゴールデンウィークでの国内旅行で人気のある「京都」。

京都といえば「お寺」「神社」など数多くある文化を知ることができる日本でも人気の地ですが、

この京都を観光する観光客の数は恐ろしいほど多いのです。

これはゴールデンウィークは関係なく、いつでも夜でも混雑している場所もあります。

それに加えてゴールデンンウィークとなると混雑はどうなるのか。

車渋滞や電車・バスなどの影響はあるのかについても解説していきます。

スポンサードリンク

京都のゴールデンウィークの混雑について

八坂神社

京都はゴールデンウィークでなくても「連日混雑」しています。

特に「八坂神社」付近からまっすぐ「四条通り」は普通に歩くだけで疲れる程混雑がすごいです。

京都は「日本人」のみならず、外国からも多くの観光客が訪れるので、観光客数が多いとされています。

そして、これがゴールデンウィークとなるととてつもないです。

ゴールデンウィークの京都の混雑はかなり多いといえます。

これは毎年「変わらない数の観光客が来てる」といえます。

ただし、見た目上ですが「八坂神社」や「清水寺」「四条通り」などは変わらないです。

しかし、多くなっていることは間違いなく、人と人の方がぶつかるくらいの人口密度となっています。

京都は「道が狭い」ので仕方がない事なのですが、広くても多いのは間違いないですし、

人気処を観光するとなるとどうしても混雑からは間逃れないですので、諦めることも大事です。

混雑しているのは一部だけ!?

四条通

混雑していると言っても「一部だけ」というのが本当のところです。

それが「有名スポット」である「清水寺などのお寺」「八坂神社などの神社」「祇園」「木屋町」

「三条」「四条」「新京極商店街」「京都市動物園」「嵐山」などが混雑スポットです。

「宇治」も駅周辺である「平等院鳳凰堂」などは多少の混雑はありますが、

やはり「京都市内」のなかでも「四条」がメインで混雑するといった状況にあります。

ちなみに、宇治に行って宇治抹茶などを堪能したいという方や本場で味わいたいという方でなければ

四条通りでも「福寿園」や「辻利」などの店舗はいくつか出ているので堪能できます。

また、2012年にオープンした「京都水族館」もゴールデンウィークともなれば大混雑します。

貴船方面も人気スポットですが、市内から距離が離れていることから混雑はまだマシといえます。

なお、京都駅周辺には「京都タワー」以外は観光スポットはほとんどないので多少の混雑はありますが、

何か目的が無ければ特に気にしなくても良いでしょう。

交通状況

四条通2

混雑は交通面でも大きく影響を受けます。

いつでも多い「四条通り」他、四条付近はほとんどが混雑しています。

また、清水寺付近の東大路通などの混雑も凄いです。

市内はバスやタクシーも多いですが、バスは渋滞のおかげで大体は遅延します。

また、タクシーに乗るとメーターの上りも早くなりがち(混雑によるもの)ですので注意が必要です。

車を運転の場合は「四条通りはタクシーが急に発進、停車」などがありますのでそこも注意が必要です。

走りやすさでいえば市内(四条)などは車線も2車線あったりするので良いのですが、

少し市内から離れると場所によっては「1車線」という場所もありますし、宇治に行かれる方は車は結構不便かと思います。

スポンサードリンク

車は不便!?

お察しのとおり、京都のゴールデンウィーク期間では車での移動はかなり混雑するため、基本的にオススメは出来ません。

なんといっても京都市内では観光スポットはかなり密集していることもあり、

場合によっては徒歩でいけるところもあれば、「電車」や「バス」や「地下鉄」を使う事で行きやすい場所もたくさんあります。

どうしても場所がわからない、行きかたがわからないなどであれば「タクシー」「バス」などをお勧めしますが、

基本的に近くまで「地下鉄」などで移動するのが良いでしょう。

「市内」ではなく、「宇治」や「嵐山」などでは乗り換えはありますが、「電車」を使うのが1番早くていい方法です。

京都市内(四条)から宇治などに移動するとなると4000円以上はかかるかと思いますので、

出来るだけ電車で距離を縮めましょう。

混雑を避ける方法とは!?

嵐山

これだけ混雑すると言っていることから、混雑を100%避けるのは無理です。

どこに行っても「観光名所」であれば「観光客は多い」ので、

出来ることとして「時間帯をずらす」などの事が効果的でしょう。

行けるのなら朝のうちに周ってしまうなどの方法ですね。

時間帯をずらしてもすぐに混雑はするでしょうから、目的が終わったら次々に移動することが大事です。

混雑により「移動が中々スムーズにいかずに時間のロスが目立つ」ことがあります。

特に市内での公共機関を使った移動は時間が掛かってしまうので、

歩ける距離は歩いて、何でもバスで移動よりは「電車で近くまで行ってそこからバス又はタクシー」とすると

効率よく回ることができるでしょう。

また、あらかじめ周りやすいプランを考えましょう。

近い所を集中して見て周るなどをすると良いです。

また、市内の混雑があまり関係のない「宇治」「嵐山」「貴船」などの方面などでは

「バス乗り放題券」などを多用するのも良い手でしょう。

市内だけで観光は終わるといいうのであれば、最悪は「自転車」での移動となります。

自転車

自転車は祇園付近のお店が飲み屋に出前配達をする際にも使ったりするくらい使われている乗り物といえます。

確かに人混みを走るのは危ないですが、小道に入って漕いで行くと比較的楽に目的地まで着くでしょう。

ただし、しんどさは保証できません。

よって、何をするにも混雑・手間などはかかってしまうというのが本音です。

まとめ

京都のゴールデンウィーク期間は本当に混雑がすごいですが、

市内なら市内で作戦を練ったり、空いている時間帯を利用したり、バスやタクシーなどの道路を避け、

電車などの遅れがほとんどない乗り物での移動をするかは自由ですが、どの場合も混んでいることは覚えておきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ