ゴールデンウィークの過ごし方で寝て過ごすはあり?1人楽しむ方法!


ゴールデンウィークといえば「大型連休」ですね!!

2016年ではうまく休みが取れれば「最大10連休」もできそうなほどの夢広がる大イベント。

子どもがいれば子供や家族との時間をいっぱい使える連休でもありますから

「旅行」や「買い物」、「帰省」なども考える事でしょう。

しかし、1人で過ごす方にとってのゴールデンウィークは「どこも行かない」という方も実は多いんですね。

そこで「ゴールデンウィークを寝て過ごすのは良いのか!?1人でも楽しめる方法」をご紹介します。

スポンサードリンク

1人で過ごすゴールデンウィークはアリ?

友達6

ゴールデンウィークは家族でどこかに行くと言う事が非常に多いのが特徴で、

家族と離れている社会人でも「帰省」などをして「家族とどこかに行く」などが多いのですが、

1人でどこも行かずに過ごすという方は多いのかと言う事。

1人ゴールデンウィークは、クリスマス1人ぼっち通称「クリぼっち」に等しいほど

1人でゴールデンウィークを過ごす方はいるようです。

理由としては「お金がかかる」「家が1番」「面倒くさい」「仕事で休みがない」「実家が遠い」などの理由が多いのです。

自身で無理やり1人でいると言う事がほとんどと言う事ではないです。

どこかに行きたくてもいけない方も大勢いると言う事で、「1人ゴールデンウィークはアリ」でしょう。

それが楽しい方法だとすると「むしろストレス解消できる良い連休」となるでしょう。

「寝て過ごす」には注意が必要!!

寝る3

寝て過ごすゴールデンウィークもあります。

ですが、注意が必要です。

連休をただただ1人家で過ごすという方にとっては「五月病」などに注意です。

連休までに淡々と仕事していた方(特に新入社員)はゴールデンウィーク明けになると

「適応障害(五月病)」になることも考えられます。

仕事の疲れがゴールデンウィークという大型連休中に一気に疲れとなり、ゴールデンウィーク明けになると

体の不調・ダルさ・不眠など、心の病などが発症する恐れもあります。

なので、「ただただ1人で寝て過ごす」というのも少しリスキーだと言う事は覚えておきましょう。

話はズレますが、ちなみにブラック企業で働き詰めで疲れ果ててるから1人で寝て過ごすというのも大問題といえます。

それこそなお「うつ病」「過労」に繋がる恐れが高いので、別途相談が必要になるでしょう。

スポンサードリンク

1人でゴールデンウィークを楽しむ方法!!

本を読み漁る

読書

まずは1人で過ごす場合に少しでもリラックスモード、そしてストレスを解消するという意味でも

「本を読む」という時間を作ることは大事です。

普段本を読まないのであれば、新しい挑戦として「読書」をすることは非常に脳にも良いです。

寝ていては思考を止めてしまい、ダラける要素となってしまいますが、

読書をすることで普段わからなかったことが分かったり、

自身の好きな分野だとしても深いところまで追求出来てしまうほどの時間はあるので、

自分の為にも読書は必要なのです。

本当に読書が嫌いというのであれば「漫画」でもいいでしょう。

それが「ストレスを軽減できる理由」だとすれば「良い連休を満喫できる」のではないでしょうか。

映画DVDをたくさんレンタルする

怖い

読書と同じく「映画」をたくさん見るという方法もアリでしょう。

読書というのは「読んでいる途中」だとしても再開しやすいものでもありますが、

映画となると「時間が決まっている」上に「途中で見るのを止めるのが難しい」という理由があります。

難しいと言っても「内容が忘れやすく最初から見てしまう」と言う事があるので、

時間の限られた平日などでは中々映画を見ることは難しいでしょうが、

この連休を使う事で「何本も一気に見られる」と言う事を上手く使ってドラマものなどでもいいですし、

好きなジャンルにとらわれない色んなジャンルを見てみることをオススメします。

何か新しいものを観たりするというのは脳を活性化させる良い方法でもありますので、

普段の平日では出来ないことをやるのがオススメです。

全くやったことのないことにチャレンジする

登山2

これはかなり推奨できることでもあります。

ただし、やったことのないことにチャレンジするというのは「直前になると面倒くさくなる」などの事がありますが、

それを打破して思い切ってやってみましょう。

新しいことを学ぶ時間を作るのは非常に脳にも良いのと、

もしかしたら今後の人生において思いがけない事が起きるかもしれないチャンスを生む時間でもあります。

新しいことをやってみなければ自身が本当にやりたいことや自分の限界などはわからないのです。

向き不向きもチャレンジによってわかってくるものです。

学校で行った「体力測定」などは自分がわからないことが分かったりします。

あれは「新しい事にチャレンジしているのと同じ」で、チャレンジすることで「自身の限界」「潜在能力」などがわかります。

なので、「だるい」などと思わずに思い切って行動を起こしましょう。

もちろん1人でも良いですし、「心細い」というのであれば誰か誘うのも良いでしょう。

筋トレをする

ランニング3

筋トレをいうのも「ランニング」「ジョギング」などの事も含む筋トレです。

車を使ってどこかに行くと言う事や電車に乗ってどこかに行くと言う事も「混雑」が確定している

ゴールデンウィークでは「余計に動きたくない」という理由もわかります。

だから「家で過ごすんだ!!」という理由もわかりますが、家で過ごすなら外に出て軽く走ってみることをオススメします。

歩道などに渋滞はほとんどないでしょうし、「運動する」という効果が「五月病予防」や

「エンドルフィン」という脳内物質のおかげでリフレッシュ効果がかなり期待されます

満足感なども得られたり、運動後に激怒するなどの事がほとんど無いのは「運動」によって「エンドルフィン」が分泌されているからです。

なので、軽くでも良いので「寝て過ごす」のであれば「運動」を取り入れるのは良い事です。

大掃除する

掃除3

やはり普段できないことといえば「大掃除」ですね。

掃除は普段から出来ていても「細かいところまで掃除をしている」という1人暮らしの方は少ないかと思います。

また、ゴールデンウィークは「上半期の終わりかけ」であり、下半期が始まる準備期間と言ってもいいでしょう。

このことから新たな気持ちの切り替え、部屋の環境を整えるという意味でも「大掃除」は必要なことです。

ゴールデンウィークが終わると「梅雨」が到来し、湿気も多くなりますから「整理整頓」を行って

カビ対策などを行うのもいいでしょう。

まとめ

ゴールデンウィークは大型連休と言う事でやりたいことをやるにはすごい良い期間でもあります。

家族とは過ごさずに「家で1人寝て過ごす」というのであれば一度考えなおして

「面倒くさい」などという気持ちを切り替え、新しいことなどに挑戦する機会として連休を過ごすのは悪い事ではないと思います!!

何より「今後の人生において何かをもたらす良い機会」と言える日になるかもしれません!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ