シルバーウィーク2016は最大何日の連休?長く連休を取る方法とは?


日々お忙しくして働いていらっしゃる方は、お疲れになっていることでしょう。

しかし、連休にはしっかりと休みたいでしょうし、

リフレッシュをしたいと思われることもあるかもしれません。

そこで今回は、2016年のシルバーウィークについて探ってみたいと思います。

2016年の9月の連休はどのようになっているのでしょうか。

ぜひ、あなたのご計画を立てる際のご参考になさってください

スポンサードリンク

シルバーウィーク2016の休みは何日?

カレンダー2

まずは、2016年のシルバーウィークの日程を確認しましょう。

2016年については、9月の17日(土)から19日(月)までの3日間となりますよ。

2015年は5連休だったので、それよりは少なくなるのですが、3連休というのは嬉しいものですね。

最も長く連休を取るには?

考える

3連休だけではなく、もっとお休みをもらって、

旅行などを楽しみたいという方もいらっしゃるでしょう。

暑さも落ち着いてきた良い季節に長めの連休を取るためには、

どういった風にお休みをすれば良いのでしょうか。

2016年の9月は、3連休の3日後にはまた祝日がありますよ。

その祝日の間の2日間を有給休暇にするのも一つの手ですし、

23日(金)も有給を取得すれば、もしかしたら9連休が可能になるかもしれませんね。

長い連休を取るには早めの有給で対応するべき!

長く連休を取るなら、やはり早い段階で有給休暇をもらうことが大事です。

忘年会5

シルバーウィークなどの時期には、お休みを取りたいという方も少なくはないはずです。

ですので、ご自身の職場の方も、あなたと同時期に有給を取得するかもしれません

しかし、そうなると業務に支障が出てしまいかねませんね。

なので、周囲の方との兼ね合いもしっかりと考えて、有給を申請する必要がありますよ。

自分ばかりがお休みが欲しいわけではないということです。

自分だけではなく、先輩を優先してもらうことなども、考える必要があります。

スポンサードリンク

どうしても休みが取れない場合は?

無理

9月のシルバーウィークの時期にお休みが取れない場合には、

他の時期を活用するというパターンもありますよ。

ちょっと長いお休みを狙うなら8月ですね。

2016年から、8月11日に『山の日』という祝日が追加になるんですよ。

お盆休みが8月13日(土)から15日(月)までなので、

8月12日(金)を有給扱いにしてもらうと、5連休にすることはできるでしょう。

他の月にも3連休というのはあるのですが、

5連休にまでできるような時期というのは、あまりないようですね。

ちなみにゴールデンウィークも有給を使うことで、長く休める可能性はありますよ。

5月は、3日(火)から5月5日(木)までの3連休がありますが、

2日(月)と6日(金)を有給にして、さらに4月29日(木)と30日(金)を合わせることで、

5月7日(土)と8日(日)も休みになるので、最長で10日間お休みできるかもしれませんね。

急に連休が欲しくなった場合に会社を休む方法

忘年会4

急に連休が欲しくなったとしても、気持ち良くお休みしたいものですよね。

そのためには、きちんと周囲に連絡をしておくことが大事なんです。

あなたがいない間に、あなた宛てに仕事上の連絡が外部から来るかもしれませんし、

社会人としては、事前の連絡をしっかりとしておきましょう。

この時にはお休みする期間と、いつ出社してくるかということ、

そして、いない間の連絡先なども職場の方に伝えておくとスマートですね。

問題が起こる事も防げますし、気兼ねなくお休みできるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。2016年の9月については、

3連休についてはあるのですが、その後にも祝日があるので、

その日を加え、間の平日を有給休暇扱いにするなどをすると、

割と長いお休みを取得することも可能となるのですね。

お休みを取得されるのであれば、前もって早めに有給を申請しましょう。

周囲への連絡も忘れないという点が、ポイントとなりますよ。

賢く連休を取得して、あなたもお休みを満喫しませんか。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ