冬は太りやすいけど痩せやすい?!太る原因と効果的なダイエット法!


冬になると「太るから嫌だ!」というイメージはつきもので、実際に太ってしまう人も多いでしょう。

特に女性は気を遣う部分ですから大切にしたいところ!

しかし、それはあなたの日々の行動がいけないのです。

実は冬は太る原因もあれば1年で最も痩せやすい時期でもあるのです。それはなぜか。

そこで今回は冬に太りやすい原因と痩せやすい原因、そして、

効果的なダイエット方法などをご紹介していきます!!

冬は太りやすいと言われる原因

スポンサードリンク

春夏秋冬で1番太りやすいのは冬だ!!と思われる方は多いかと思います。

実際に冬に太ってしまったという方もいるでしょうし、正月太りなんてものもあるので、

実質冬に太る方は多いかと思います。

太るのをわかっていて訪れるという季節は嫌だとは思いますが、

では冬に太りやすいというそもそもの原因とは何なのでしょうか。

冬は「鍋」などを食べ過ぎてしまう

鍋料理

日本の冬というのは1年で最も気温が下がる季節。

実はこれは動物の本能でもあると言えるのですが、クマや蛇などなどは冬になると冬眠などをしていました。

冬は寒さや雪などの環境が変わるので、食材となる食べ物が減る時期でもあるため、

冬の冬眠時期を迎えるまでに食物を溜め込むのです。

しかし、人間も動物なので、本能的に冬は食べ物を溜め込むというようなことが言われています。

なので、どうしても冬は食べ過ぎてしまうと言う事が起こるとされています。

特に人間にとっては「食欲の秋」から始まり、冬は体を暖める鍋料理などがあります。

鍋料理は一件ヘルシーでカロリーも少ないものもあると思いきや、

ついつい鍋という量がわかりにくい量だからこそ、ついつい少し多くても完食してしまう事が多いです。

これは誰しも経験があるかと思います。

他にも様々な美味しい食材があり、加減しづらい食べ物も多いために冬になると太ってしまうのです。

部屋に引きこもりっぱなしになる

冬に太る原因

冬は家から出なくなることも多くなりますが、部屋のコタツからも出ないなどや、

ベッドの布団に入りっぱなしなどと言う事もあるかと思います。

やはり寒い季節は出たくないという心理が働くものです。

しかし、これこそが原因の1つとなっているのです。

簡単言うと「運動不足」となることが原因で、体に取り入れたカロリー(エネルギー)を消費出来ない状態が続くのです。

人間には代謝というものがあり、この代謝によって基本的なエネルギーは消化できますが、

それに加えて運動をすることでしっかりとエネルギーを消化することができます。

なので、運動不足となると当然食べたエネルギーを全て消費することができなくなりますので、

太る原因となってしまうのです。

血行不良で代謝が落ちる

こちらも運動不足が原因となりますが、運動不足によって筋肉の働きが弱くなり、

血液の流れがどんどん悪くなっていきます。

腕立て伏せをやった人の腕を見ると血管が盛り上がっているなどがあるように、

日ごろ運動していない人は血行不良となるとともに、代謝の悪化につながるのです。

また、血行不良が体内の内臓機能の低下へとつながることでも代謝が落ちることも太る原因となります。

代謝の低下で冷え性

冷え性

血行不良が代謝の低下に繋がり、代謝の低下が冷え性を引き起こしてしまいます。

基礎代謝というのものは人間の体温を一定に保つための重要な要素で、

その基礎代謝が下がることで体温の維持をすることが難しくなり、冷え性を招いてしまいます

なので、運動不足が血行不良になり、血行不良が代謝の低下を引き起こし、

代謝の低下が冷え性を引き起こすという悪循環になるともいえるのです。

また、冷え性になると「内蔵機能の低下」により、腸内の動きも悪くなり、

便秘を引き起こすことや、冷え性による「下半身太り」にもつながります。

でも実は冬は痩せやすい季節だった!?

これだけ太る原因となるものがあるのならば、太るのも当然といえます。

特に女性はむくみや下半身太りなどにも敏感になるかと思いますが、

実は冬は痩せやすい季節と言われているのです。

それは基礎代謝が上がるからなのです。

基礎代謝は人間の基本となる体温調節をはじめ、何もしていない状態でエネルギーを消費してくれるのがこの基礎代謝。

冬となれば外側は寒いですが、体の熱を逃がさないようにと体内がフルパワーでエネルギーの燃焼を続けます

これが内蔵脂肪を落とすなどの、基礎代謝が上がるきっかけとなるのです。

逆に夏は何もしなくても汗をかくほど暑いので、中での燃焼はなるべく抑えるようになります。

これらが「冬は実は痩せやすい」と言えるのです。

しかし、現実的には太りやすい原因になることがきっかけで太ってしまう事もあるのです。

冬に太らない、痩せるための効果的なダイエット法!!

スポンサードリンク

食べ過ぎない

食べ過ぎ

まずはおいしい食べ物がある中で量を食べ過ぎないことが大事です。

先ほども言いましたが、鍋料理は加減が難しいので、少々お腹がいっぱいでも「全部食べちゃうか~」となりがち。

なので、なるべく1人分の腹8分目の量をしっかりと調整し、

出来るだけ偏らないバランスの良い食事で食べ過ぎを防ぐことが大事です。

効果的な食べ物で痩せる体に

冬は基礎代謝が高くなることが言われていますが、もっと燃やすために

辛い食べ物に入っている唐辛子の成分の1である「カプサイシン」を摂取しましょう。

カプサイシン

鍋だと「キムチ鍋」などを食べることで体内燃焼が行われ内蔵脂肪を取り除くことへとつながります。

また、「しょうが」を使った料理は有名ですが、体の内側を温める食材の1つ。

厳密には体を温めるというよりは血行を促進し、体の隅々まで血液を送る役目となるのです。

しょうがでの効果を期待するには、しょうが料理でもしょうが湯でもいいですし、しょうがココアなども良いとされています。

しょうがココアのココアにはテオブロミンという成分が入っており、

これによって血管の拡張を手伝い、血行不良を改善できますので、代謝の低下や冷え性の改善ができます。

これらによって、太る原因を減らしていくのが良いでしょう。

暖房を弱くして無理しない程度に薄着で過ごす

薄着

冬は体を温めやすい服や暖房機器で温めようとしますが、これは代謝が上がらない状態を引き起こします。

代謝を上げるには「外側を冷やす」と言う事で体内で燃焼が強く働きますので、

なるべく暖房を弱くして、部屋の中を暖めず、体調を崩さない程度に薄着で体表面を温かさから遠ざけましょう。

コタツなども暖めてしまう要素の1つなので、出来るだけ使わないのが良いです。

なるべく動く

ストレッチ

ストレッチなどでも良いように、なるべく寒くて動かなくなってしまう冬に動くようにしましょう。

出来れば「スクワット」をして、心臓から1番と多い部分で、筋肉量の多い足をメインに運動すると

血液の流れが良くなり、血行不良を改善できますし、体内での燃焼を高めます。

もちろん、体全体を使った「ジョギング」「筋トレ」などでも十分です。

とにかく足を使う事をお勧めします。

ぬるめのお湯で入浴する

入浴

半身浴でも効果はありますが、入浴自体がとても効果のあるものといえます。

朝起きて冷水シャワーを浴びて体内燃焼を働きかけるというクリニックの院長もいますが、

一般的な方法ではないので、シャワーではなく入浴するという方法が良いでしょう。

半身浴も推奨されているのはやはり「下半身(足)」が重要となるからです。

下半身太りなども起こり得る冬は血行を促進して足の隅々まで血液をきちんと巡らせる事で、

代謝や冷え性への効果を発揮しますから、なるべくぬるま湯でゆっくりと入浴するのがおすすめです。

入浴中は足をメインにマッサージしながら入浴すると血液の循環も良くなります。

まとめ

冬は太りやすい原因も多くありますが、同時に痩せやすいチャンスでもあるのです。

暴飲暴食を繰り返し気味になる「忘年会」「新年会」「正月」などなどはなるべく控え気味にし、

自身の体のコントロールをしっかりとすることが非常に大事となります。

普段よりも動いていないのなら動くことが大事ですし、食べ過ぎているのなら少し控えるのが大事です。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ