水太りの特徴と原因を知ってむくみの解消法は何が効果的なの?


水をたくさん飲んだら太った・・・こんな方いますか?

それは当然ともいえるし間違っているとも言えます。

水をたくさん飲むことで「水太り」になることは言えるのですが、これは太っているわけではないのです。

水をたくさん飲んで体重計に乗ると太っているのは「水分が体内に摂取されたから」なので、

水をそのまま手に抱えて体重計に乗っているようなもの。

一定期間が経てば排出等の関係によって体重は元に戻ることが大半です。

ですが、水太りにはまだまだ深い話があるのです・・・。

水太りの原因とは?

スポンサードリンク

肌荒れ

水太りは「水の飲み過ぎは水太りに?」にて記載していますが、

水の過剰摂取によって人間の一定量と言われる60%の水分量を超えることが原因で

体内に余分な水分を持て余してしまうと言う事がきっかけです。

この状況に陥りやすいのは代謝が悪いと言う事なので、「運動不足」「デスクワーク」といった人に多いです。

こういった方は代謝が悪くなりやすい又は悪いといえますので、「老廃物の排出」などが正常に行えず、

体にドンドン溜まっていくことで「脂肪」へと変わってしまいます。

むくみであると共に水太りともいえるものを放置すると「脂肪細胞」となり、体がそのままブヨブヨ体質へと変わってしまうのです。

水太りからセルライトに!?

水太りは水分代謝が悪いことがきっかけで水分を体に持て余し、

むくみとなって表面上に現れて、それを放置してしまうと脂肪細胞と結びつくと言う事ですが、

脂肪細胞がどんどん増えると血流を悪化させて代謝が悪くなるので悪循環となってしまいます。

このようにドンドン増えて大きくなった脂肪細胞が続々と集結し1つの大きな塊と作ってしまうのです。

これが「セルライト」と呼ばれる脂肪の固くなった塊です。

なので、水の飲み過ぎから始まり、水分代謝が悪い結果水分が体内に溜まり、

老廃物の排出などが行えずに脂肪細胞へと吸収され、脂肪細胞が集結し1つの固い塊となってセルライトになると言う事です。

セルライトともなれば中々解消しづらいので、ここまで行くまでに対策したいものです。

水太りは何故足に多いのか

水太りは血行不良(代謝が悪い)ということがそもそもの原因と言えますが、

血行不良は「自律神経の乱れ」「運動不足」「偏食」「貧血」などが原因の為、特に女性に多いのです。

冷え性も女性に多いですが、冷え性も血行不良によるものです。

冷え性では血行不良が原因で「心臓から1番遠い部分」である手足などに多いとされています。

何が良いたいのかというと、水太りが足などに多いとされているのは「心臓から1番遠い場所にあるから」なのです。

脚5

血行不良ともなれば下半身の特に足の血行が悪くなりがちですから、当然代謝が悪く、水分を溜め込みやすいというわけです。

なので、足にむくみとされる水太りが多いのは「血行不良によって下半身に水を溜め込みやすいから」と言えるのです。

水太りの特徴

水太りの特徴はいくつかあり、脚がむくみやすいという人であれば

✔「夕方ごろにはすでにむくんでいる」

✔「正座がしづらい」

✔「明らかに太くなっている」

✔「足を指で押してみてもへこんだままで戻りづらい」

などの特徴がみられた場合は「水太り」と言えるでしょう。

また、水太りかどうかをチェックするには他にもあり、これらに当てはまる場合があると水太りしていると言えるでしょう。

✔冷え性

✔立ちくらみなどがおこる

✔肩こりが酷い

✔指が曲げにくい

✔脚がいつもよりダルイ

✔血色が悪い

これらのどれかに当てはまるようならもしかするとすでに水太りが起こっているとも言えます。

やはりこれらを解消するには「溜まった水を逃がす」という方法をとらなければいけないのです。

水太りを解消する方法は?

スポンサードリンク

食事と飲料のバランスを図る

水は2リットル飲んだ方が良いというのは健康上でも美容上でも間違いのない結果となっています。

しかし、飲み過ぎは「水毒症」となり、最悪は亡くなると言うケースも存在します。

一般的には成人の1日の水分排出量は2リットルなので、このバランスを取ることが必要となるわけです。

ですが、毎日2リットルの水を飲むことで1日の合計の水分摂取量は3リットル~4リットルとなる可能性もあります。

それが普段の食事です。

食事2

食事中の水なども2リットルに含めますが、それだけでなく、食事にも多くの水分が使用されており、

麺類などはスープなどもありますし、味噌汁も同じく水分となります。

このように水を飲む以外にも水分を体に取り込むことは日常的に多いと言う事です。

したがって、毎日必ず水を2リットル飲むのが良いと言う事でなく、

むくまないようにするには食事で摂取した水分量を大体で計算して水を飲むようにすることが良いのです。

運動・筋トレをする

運動不足は水太りの原因となる「血行不良」を招いてしまう原因なのです。

ということから、「運動不足」を解消し、血行を良くすることが解消できる方法の1つと言えます。

出来るだけ足を使った運動が良いといえますので、「ウォーキング」「ジョギング」といった普段から出来る有酸素運動から、

水泳などの水中トレーニングもオススメです。

運動2

また、筋肉をつけることも重要で、筋肉は代謝を上げる重要な要素ともいえるので、軽い筋トレを行いましょう。

特に「スクワット」は下半身の最も多い筋肉部分である「太もも」を大いに使い、

体全体の血行アップにもつながりますのでオススメと言えます。

マッサージする

血行不良を解消するにはマッサージをして体の温度を上げて血液の循環を高めることが大事です。

出来ればぽかぽかしてきたなと思えるまで行うと「血行が改善されている証拠」ともいえるので、

なるべくまんべんなくマッサージしましょう。

また、老廃物の排出は「リンパ」に関わることです。

なので、「リンパマッサージ」をすることも重要と言えます。

入浴する

入浴2

入浴というのはお湯を溜めた湯船に浸かると言う事です。

シャワーのみでは十分な血行改善が期待できません。

なので、少し温めの38℃~40℃前後のお湯でゆっくりとジワジワ体を心から温めてください。

出来れば先ほど「マッサージ」についてお話ししましたが、マッサージをしながら入浴すると血行が良くなることが多いです。

体を冷やさない

体の冷えが血行不良・代謝の悪化につながると言えますので、出来るだけ「体を冷やさない」という事が大事です。

入浴後の湯冷めはもちろん、家の中で年中薄着と言う事や、クーラーの調節なども出来るだけ低すぎないようにし、

風が直接体に当たらないようにするといったことが必要となります。

冷たいものばかり食べない・飲まない

アイスクリーム

体の冷えは外側ばかりではありません。

内側も冷やしてはならないのです。

特に「冷たい飲み物が好き」という方は出来るだけ冷えすぎた状態から戻したり、

一気に食べる・飲むなどをしないようにしましょう。

内蔵の冷えは体の冷えなのです。

まとめ

水太りはむくみですので、むくみを予防するために普段から血行をよくしておく必要があるといえます。

万が一「水太り」してしまったと気づいたら、先ほど挙げました「運動」「入浴」などといった簡単に出来ることから初め、

それを日々行う事が何よりの解消法とも言えますので、症状が出ていなくても普段から心掛ける必要はあるのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ