ダラケが面白すぎる!NGギリギリだけど内容がタメになるその魅力!


BSスカパーで放送されている、千原ジュニアさんと米田弥央さんらが司会の

コアでNG内容ギリギリの面白番組「ダラケ」。

数々の放送の中で、疑問が解決されるためになる放送回もあれば、

自分とは全く無縁の回など色々ありますが、どの放送回もとても魅力的なのです。

ダラケが持つ魅力とはいったいどういったところなのかについてご紹介します。

ダラケとは

スポンサードリンク

ダラケとは、BSスカパーで放送されているバラエティ番組で、

芸人「千原ジュニアさん」とアシスタント「米田弥央さん」の2人によって進行する

「お金を払ってでも見たい」をモットーにしたコアなバラエティ番組です。

毎回の放送内容は誰もが興味のあるようなものではなく、

普段あまり気にしていないようなことから、ほとんど知らないような世界の深い部分を教えてくれる番組となっており、

一般人向けではないからこそ逆に興味がわき、もっと話を聞きたいような内容が展開されています。

なので「お金を払ってでも見たい」というくらいにタメになるような内容を放送することが多いです。

思わず「へぇ~」と言ってしまうのは見てみると1発でわかる番組と言えるでしょう。

ダラケの内容について

ダラケの番組内容は上記でいった通りですが、具体的に言うと、

「プロギャンブラーダラケ」「北朝鮮潜入ライターダラケ」「M女ダラケ」

「ドヤ街と共に生きてきた男ダラケ」「プロゲーマーダラケ」「究極のサバイバーダラケ」などなど。

一般的な番組内容ではないことがわかるかと思いますが、

どれも見ただけで「確かに詳しくは知らない」というような内容ばかり。

実際に見てみると、本当にめちゃめちゃマニアックでついつい話が気になり、

もっともっと見たいとまで思う事も良くあります。

プロギャンブラーになって世界中を周る方もいれば、北朝鮮への入国をNGにされる方もいれば、

プロゲーマーとして世界一となって生活する方もいれば、

命の危険を冒してまでも冒険に出る方もなどなどたくさんいます。

そういった誰もやりたがらない・知らないような経験をしている世界の基本情報から詳しい情報

わかりやすくクイズ形式で説明してくれるので、内容は深いけどわかりやすくて面白い番組です。

NGギリギリだからこそ面白い

戦争

一般的な民放の番組ではまずNGとされる内容がてんこ盛りです。

「セクシー女優」がメインとなる内容や、「お風呂嬢」がメインとなる内容、

そして「A〇男優」がメインとなる内容が展開されますが、

実際に行っているプレイなどを千原ジュニアさんが例として体験したり見たりもするので、

もちろん視聴者も興味をそそられるわけです。

例でいうと

  • 「大人のお店の女性選びで失敗しない方法」
  • 「おなべが行う子宮・卵巣の切除費用」
  • 「ドヤ街(西成など)でよくある事件」
  • 「クレームの対処方法」
  • 「極道が指をつめる時の方法」
  • 「美少女ゲーム内の音の出し方」

これらのように、民放ではまず放送できない内容がいっぱいありますし、

こんなことがあったの!?と言う事や、こうやってるんだ!!などとあまり興味の無かった事でも

興味を持つようになりますし、実際にのめり込まれていきます。

司会者である千原ジュニアさんもかなり興味津々で、こういう事を知れるのがタメになると感じているのでしょう。

ダラケの魅力とは

スポンサードリンク

千原ジュニアさんがドンドン突っ込む

ダラケの内容は一般向きではないために少し理解しがたい内容も多く出てきます。

しかし、放送内でしっかりと千原ジュニアさんが視聴者にもわかりやすいように話を掘り進めてくれるので、

非常にわかりやすく、「これ知りたかった」という内容までわかることができます。

なので視聴者は「もっと知りたい」となるのでしょう。

また、実際に千原ジュニアさんがプレイなどを体験することがあり、

どんな感じなのかが少しですが理解することもできます。

一般向きではない内容を一般向きでわかりやすく、放送ギリギリのラインを攻めていくのが

見ていて魅力を感じる点といえます。

米田弥央さんがシュールすぎる

アシスタントして大活躍する米田弥央さんですが、

米田弥央さんの真面目でまっすぐな人柄がすでに面白いです。

民放では放送できないようなNGワードも表情変えずに淡々と説明することや、

質問をする等の事がシュールすぎて魅力的です。

決して下ネタには反応しないのですが、それでも淡々と仕事をこなすのが良い所です。

また、毎回の放送でシュールなボケですべるのもまた魅力の1つでしょうし、

米田弥央さんと千原ジュニアさんのコンビがまさに合っているとしか言いようがありません。

その仕事について知らなかった~という職業の人が登場する点

プロゲーマー

一般的な職業とは言えないようなマイナーな職業の方が毎回登場しますが、

番組にしてしまう職業のチョイスがかなりいいと思います。

「プロゲーマー」の実態はほとんどの方が知らないけど気になる人も多いでしょうし、

「離婚カウンセラー」などは一般的ではないけど需要は大きいです。

「サオありセクシー女優」などはほとんどの人が知らない世界だからこそ興味がわきます

本当に内容としてはお金を払わないと聞けないような、詳しくてタメになる内容を放送している点が良い点です。

ゲストにとっては常識だから面白い

一般の方向けではない内容が多いため、一般的な回答はほぼありません。

だからこそ面白いのです。

一般の方が答えられるような問題は出ず、その人の経験値から繰り出される問題は、

その人らからしたら常識的なクイズなんてことも多いのです。

一般目線の視聴者や司会者と、経験で語る常識とのギャップは計り知れず、

クイズに答えられずにただただ話を聞くような形となりますが、

そのギャップが魅力的で面白いと感じます。

まとめ

ダラケは本当に魅力的な番組で、管理人の私としては「クレイジージャーニー」と同レベルというか同ジャンルです。

本当に出てくる方出てくる方がある意味クレイジーな方が多く、内容もクレイジー。

今の時代ではクレイジーなことは放送できないこともあるだけに、こういった一般向けではない、

内容が深くて知らないけど興味がわくような番組だからこそ人気があるのでしょう。

「大人のお店のプロフィール写真の背景を見ると修正具合がわかる」というのはかなり興味をそそられましたね。笑

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ