ディズニーランド・シーで持ち込みはOK?必要・便利な持ち物は?


ディズニーランドやシーに行くなら、

何を持っていけば良いのだろう?と悩まれることもあるでしょう。

それに、持って行ってはダメな物についても気になりますよね。

そこで今回は、ディズニーランドやシーにおいての

持ち込みOKやNGのものや、持っていくと便利なものなどについて、

ご紹介したいと思いますので、ぜひご参考になさってください。

スポンサードリンク

ディズニーランド・シーでの持ち込みはOK?

ディズニーランドやシーでは、ベビーカーは持ち込みOKとなっていますよ。

小さなお子さんと一緒に周れるようにということでしょうか。

離乳食やベビーフードといったものも大丈夫ですね。

ディズニーリゾートでは、セルカ棒が禁止されていますよ。

セルカ棒

スマホを装着して自分を撮影する写真用のアイテムですね。

周囲の迷惑になることや、ぶつかったりして危ないという点が、

禁止になった理由であり、これはディズニーの正式な発表となっています。

自らを写真に残したくても、セルカ棒を持ち込んで撮影することは避けましょう。

ちなみに、三脚などといった撮影機材も持ち込みができません。

また、飲み物でも缶のものや瓶のものも持ち込みはできませんよ。

禁止なのは、衛生的な観点からでしょうか。

アルコールの入ったものも持ち込むことはできません

お酒を飲んで、酔っ払ったことで周囲に迷惑をかけることがあるからです。

ただし、シーの場合はパーク内のレストランで飲酒ができますよ。

ディズニーリゾートでは、ペットボトルの飲料を持ち込むことは可能です。

アルコール以外が入ってるなら、水筒も大丈夫ですね。

さらに、周囲を歩く人の邪魔になったり危険であることから、

キャスターの付いたキャリーバッグ等も持ち込みが不可となっています。

キャリーバッグ

お弁当も持ち込みができませんが、もし食べるならパーク外でどうぞ。

お弁当と言っても、アレルギーのある方の物であれば大丈夫となっていますよ。

そして、当然ですが危険物は持ち込まないようにしましょう

アメやガムなどの食べ物はどうなの?

ディズニーのパーク内においては、

アメやガムといったものの持ち込みはOKとなっていますよ。

アトラクションの待ち時間などで、

ちょっと空腹を紛らわすのにも便利でしょう。

例えば、シーの場合はパーク内でガムやミントなどを、

購入する機会があまりないので、あらかじめ持って行くことがおすすめですね。

ただし、マナーは絶対条件ですよ!!!

ガム

持って行って助かる便利な持ち物!!

食べ歩きをすることも多いディズニーですが、

ウェットティッシュがあると、手などを拭けるので重宝するでしょう。

夏場なら、日焼け止めやサングラスといったものもあると良いですね。

寒い冬ならば耳あてやマフラーなどで防寒対策をしましょう。

また、ホッカイロも温まるために便利なアイテムですよ。

待ち時間の退屈凌ぎになるのは、携帯型のゲーム機でしょう。

3DS

もしお持ちであれば、アトラクションで並んでいる時や、

パレードの開始までの時間にできますよ。

スポンサードリンク

楽しむ為に必要な持ち物とは?

笑顔

ディズニーを楽しむなら、パワーも必要になるでしょう。

そんな時には、エナジードリンクを持っていき、

疲れた時などに飲むと、その後も精力的にパークを周れるのではないでしょうか。

また、暑い時期なら、濡れるアトラクションもありますよね。

それを楽しむなら、レインコートやビーチサンダル、

スマホを水から守るケースなども必要になるでしょう。

着替えを持って行くというのも手段の1つですよ。

さらに、冬にパレード待ちをしたりするなら、膝がけがあると便利ですね。

パレードで座る時はお尻が痛くならないように、

携帯型の座布団も用意しておくとお尻に優しいですよ。

まとめ

ディズニーランドやシーに行くなら、

他の方の迷惑になるような物(お酒やセルカ棒など)を持って行かない様にしましょう。

季節に合わせて、暑さ対策や防寒対策となるものを持って行くことも大切ですし、

待ち時間があると思われるので、その時間を潰せるアイテムがあると良いですね。

持ち物の準備を万端にして、ディズニーに向かいましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ