ジューンブライドの意味・起源!結婚式を挙げると幸せ度は上がるは嘘?


日本でもジューンブライドと聞くと「結婚式に向いている最高の時期」と思うのが不通となっています。

ジューンブライドは「6月」ですが、そもそもなぜジューンブライドと言われ、「6月」なのか。

そしてジューンブライドに結婚すると「幸せ度は上がるのか」という事です。

今回は「ジューンブライドの意味・期限」と「幸せ度」についてお話しします。

ジューンブライドの意味とは?

スポンサードリンク

結婚2

そもそもジューンブライドは横文字。

元々は海外から来た風習と言われています。

ジューンブライドの意味は直訳すると「6月の結婚」となります。

ですが、実際には「年中結婚式が行われている」というのは確かなのです。

そもそもなぜジューンブライドという風習があるのか。

起源についてみていきましょう!!

ジューンブライドの起源とは?

ギリシャ神話説

ギリシャ神話に登場する「結婚」にまつわる女神である「ヘラ」ことローマ名「JUNO(ユノ)」が関係していると言われています。

このヘラは6月の守護神と言われており、夫はギリシャ神話の中での最高の神である「ゼウス」です。

この最高の神「ゼウス」の妻であるヘラは「家庭」「子供」などの守護神とされ、

そんな守護神であるヘラは「6月1日」に祭礼を行ったとされており、6月の守護神となっています。

これにより「6月はヘラに守られ、より幸せになれる」と言う事がヨーロッパにて広まったと言う事が起源とされています。

最高のシーズン説

ヨーロッパでは6月までは気候も不安定で寒い日もあったりと、

基本的に祝い事などに向いていない気候が多いとされていますが、

6月は「日本からも観光が多い」と言われるほど暖かい事と、天候も安定的になっていることから、

「お祝い事には最高のシーズンだ!!」と6月は様々な祝い事が開かれるといいます。

これによって結婚式も6月が最高だと言う事から「6月の結婚」とされる

「ジューンブライド」と言われるようになったとも言われています。

ただ、ヨーロッパも広いため、場所によってはすでに暑いという場所もあるようです。

6月まで結婚できなかった説

ジューンブライドの起源はまだあり、ヨーロッパは6月が最高のシーズンとなっていますが、

3~5月でも気候がかなり悪いとは言えず、「肌寒い春」ではありますが、決して「結婚出来ないシーズン」ではありません。

ですが、そこに新たに結婚出来ないとされた理由が「農作」

ヨーロッパでは昔から農作業は多くありました。

農作業は朝から夜まで行われることから「多忙」という付き物がネックとなり、

「お祝い事(結婚)」をする時間がない(禁止)とされていました。

この時期が3月~5月とされていて、6月はその多忙な農作業もひと段落する事から「結婚」をする時間も増え、

結果的に6月の結婚式が増加したというのがジューンブライドという起源の1つと言われています。

今では昔ほど農作業が困難ではないこともあり、ジューンブライドと言う事も昔よりは「薄くなっている」のです。

日本で「ジューンブライド」はなぜ流行り出したのか

スポンサードリンク

本来はヨーロッパでの風習である「ジューンブライド」ですが、なぜ日本でも定番となっているのでしょうか。

それは「経営策」にやられていると言っても良いブライダル関係の作戦があったのです。

日本では「挙式プロデュース会社」「宝飾品店」などなど「結婚」にまつわる会社が多くあります。

ですが、結婚式は記念となるための大事な式であり、「季節」「天気」「気温」「日時」など、

色々な物事から考えて「1番良さそうな時期」に結婚式を挙げる方が多いのが実態で、

昔は特にその傾向が強く、日本で天候などの条件が悪いとされる季節は「真夏」「真冬」そして「梅雨時期」でした。

「春」と「秋」は過ごしやすく、結婚式には向いている時期なのですが、

梅雨時期はシーズンとしては向いているのに「結婚式を挙げる人が少ない」というのがブライダル関連会社での悩みでした。

それを打破したのが「ジューンブライド」だったんですね。

ヨーロッパで「ジューンブライド」という風習があるのを日本に持ち込み、「6月の結婚式」を増やす作戦を試みたのです。

すると、試みる前を試みた後では明らかにジューンブライド効果が現れ、

6月に結婚をすることで「幸せが訪れる」というロマンチックな風習に心打たれた日本人の多くは

「6月が結婚に向いている」と定着したことが日本でジューンブライドが定番化したきっかけなのです。

とはいったものの、やはり「梅雨」というネックは大きく、

大きな打開策とまではなっていないというのが現在進行形の話です。

ジューンブライドによって幸せになれるのは本当なの?

家族8

ヨーロッパでは「ジューンブライド」は「幸せになれる」と言われているため、

日本のジューンブライドでも同じ風習を受け継いでいる事から「幸せ度が高くなる」と想像しています。

実際に「ジューンブライド」に結婚する方も多くいます。

ですが、本当に幸せ度は上がるのでしょうか。

実は意外な答えがあったのです。

それは「離婚率が高い」と言う事です。

どの月でも「離婚率は一定の割合がある」といえますが、「ジューンブライド」とされる「6月」の離婚も多いのです。

その理由として「女性の憧れから来る過信」です。

イベントを大事にする女性はジューンブライドというイベントももちろん憧れのイベントで、

どうせなら「ジューンブライド」での結婚が良いと言う事で6月に結婚します。

ですが、「これで幸せになれる」という「過信」が「理想と現実」に押し寄せられることで

「幸せになれないじゃん」という思いへと変わり、そのギャップにやられることから離婚に繋がるとされています。

落ち込む7

他には「スピード婚」「略奪婚」「押し切り婚」「おめでた婚」などの比較的早く結婚式を挙げるといった方又は

早く結婚式を挙げないといけないという状況にある方も中にはいます。

その方が「ジューンブライド」という月に結婚したことによって「離婚した」と言う事も言えるのです。

上で挙げた「スピード婚」「略奪婚」「押し切り婚」「おめでた婚」は離婚率が高いのです。

これらが重なったことによる可能性もあるので、もちろんジューンブライドによって「幸せでいる家庭」も数多くいます。

「ジューンブライド」によって離婚率が高くなるとは一概には言えませんが「離婚する理由ができる」と言う事も言えるということです。

なので、自身が1番したいと思う時期の結婚で良いのです。

無理に6月に結婚するという「理想」が「現実」というギャップとなって後から「後悔」へとつながらないようにする他ないでしょう。

まとめ

ジューンブライドは海外からきた風習で、日本では「ブライダル業界低迷時期」の回避法として

ジューンブライドを上手く使う事で6月という条件難な月での結婚式を増やそうとした作戦だったんですね。

ですが、現時点でもジューンブライドによって結婚式件数が増えているかと言われれば「増えていない」のです。

やはり自然には勝てないと言う事でしょう。

そこで「海外挙式」ならジューンブライドとして向いている国もあります。

それが「ハワイ」「バリ」「タヒチ」での結婚式はジューンブライドオススメの国です。

以下にそれぞれの国での挙式についての記事を記載しています。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ