結婚式の服装で男性のネクタイやシャツの色をオシャレはマナー違反?


結婚式は神聖な場ともいえる「マナー」は今でも重要とされていて、

特に年配の方は昔から教えられてきている変える事の出来ないマナーがあります。

いざ、自身が結婚式に招待された場合、どんな服装で行くか迷う・・・なんて方もいるでしょう。

最近では「フォーマル」も「カジュアル化」しつつある、

そんな「結婚式で男性が着る服装のオシャレとマナー」についてお話をしていきます。

結婚式でやってはいけないマナー違反な服装とは?

スポンサードリンク

結婚式

結婚式に招待されるのは会社関係や友人、

親戚などなど色々な方の式に招待されることが多いでしょう。

日本では日本独自のマナーというものが存在します。

海外の結婚式では中々面白いマナーもありますが、日本はかなり「硬派」と言えるほどです。

そんな日本ではこれらのNGとされているマナーが存在します。

NGとされる服装

✔スーツの白はNG

✔新郎新婦より目立つカラーを使ったスーツはNG

✔柄ものの靴下はNG

✔黒以外の靴下はNG

✔ブーツなどの靴はNG

✔ネクタイの黒色はNG

✔ヒョウ柄などの動物柄はNG

✔動物革を使ったものの使用・着用はNG

このような言い出したらきりがないほど「NG」とされているものがあるのです。

これ以外にも「それはやめた方が良いんじゃないの?」と言われるような事も多くあります。

常識的じゃないと言われる服装

✔カラースーツ

✔カラーシャツ

✔カラーネクタイ

✔ストライプ柄のスーツ

✔ストライプ柄・ドット柄のシャツやネクタイ

✔ブラックスーツにブラックベスト

このように「目立つ」ようなことも「常識的にNG」とされています。

これらは本当にダメなのでしょうか。

実は意外な事が明らかになっています。

TPOでわきまえればOK!?

カジュアル

TPOというと「時」「場所」「場合」ですが、このTPOによって服装を変えることができるのであれば

基本的にフォーマルとして決まった服装以外はしても良いと言われているのです。

ただ、もちろんそれらは「常識的にNG」と周りからは思われることから「マナー違反」と勘違いされているものの、

本当のマナー違反というのはほとんどないと言われています。

フォーマル装は「正礼装」「準礼装」「略礼装」とあり、これらをTPOによって変えることは必要といえますが、

実際には「どれでも大丈夫」なのです。

恐らく、皆さんが想像するのは「準礼装」と言われ、「ブラックスーツ」「ディレクターズスーツ」を着る事です。

実際に、大抵は「黒いスーツ」に身を纏っています。

「正礼装」というのは親族らが身に纏うのが一般的とされる「モーニングコート」「タキシード」などです。

「略礼装」というのは「招待状」にて服装に関する文章にある「平服」というものがこれにあたります。

TPOによって変えると言う事ですが、「会社の上司」といった「身分が上」とされる方に向けては「準礼装」で

友人などは「略礼装」といったことです。

ただ、これは一般的な考えで、決まりなどはないのです。

唯一やってはいけないとされているダメなマナーは「黒スーツ」「白シャツ」「黒ネクタイ」なのだといいます。

ようするに「喪」を意識させる事に触れるのがいけないと言う事です。

それ以外には実は縛りは無いというのです。

年配者・上司などの場合はキッチリ型

スーツ4

年配者は昔からの「マナー」「常識」というものに強く気にされる方が多いので、

自身よりも明らかに身分が上などの方の場合は、

オシャレに走ると「浮く」「良く思われない」という傾向にありますから、

シンプルに「準礼装」として、「ブラックスーツ」で行くようにしましょう。

間違っても「ビジネススーツ」は控えましょう。

特に「会社の上司」などでは常識的なNGとされます。

また、親戚や親族などの場合も同じく「準礼装」で良いでしょう。

若者・友人はオシャレOK!?

スーツ3

年配者からは「良く思われない」とされる略礼装ですが、

これは上司や身分の上の方の時では「向いていない」といえます。

ですが、「若者」「友人」「後輩」などのいわゆる若者が主体となった挙式・披露宴では略礼装で十分なのです。

もちろん平服とあったうえでの話で、略礼装と言っても過度な演出は不要です。

それによって新郎新婦よりも目立ってしまうのは良くないことです。

ですが、許容範囲内ならオシャレをしても全然OKなのです。

その許容範囲を詳しく見ていきましょう。

・「ハワイでの結婚式の場合は?」

オシャレスーツについて

スーツ5

スーツは略礼装であれば特に決まりはありません。

ですが、基本は「ブラックスーツ」です。

一応フォーマルスーツとされていますから、これをベースにするのもありでしょう。

しかし、他にも着て良いスーツはたくさんあります。

オシャレスーツとしては「紺色」「グレー」「ブルー」などもOKとされていて、

「ストライプ柄」であっても「目立たないくらいのストライプ」であれば問題ないです。

ストライプは基本的に常識的NGと言われがちですが、このような場合は問題ありません。

シャツについて

スポンサードリンク

シャツについてですが「NG」とされている「カラーシャツ」も全然問題ありません。

こちらはNGとされていますが、最近は「カジュアル志向」なのでそういった場合では

逆にカラーシャツを着てちょっとしたオシャレをするのが良いでしょう。

カラーシャツでも「柄もの」ももちろんOKなので、

人気のある「パステルカラー」の「ピンク」「水色」「薄黄」などの無地でもいいですし、

ストライプやドット柄で攻めても良いでしょう。

ですが、なるべくカラーシャツは無地で攻め、加えるとしても「細かいストライプ」などでおさると

プチオシャレポイントがアップします。

もちろん単色の「赤ストライプ」「青ストライプ」でも良いですし、

白シャツに色ありのストライプでもいいです。

オススメは「パステルカラー」です。

ネクタイについて

ネクタイ3

ネクタイもシャツ同様、本来は「白」を付けるのが基本ですが、

今では「カラー」も多く取り入れています。

特に人気カラーということは無く、「シャツ似合う色・柄」を選ぶのが良いですね。

ただ、やり過ぎたい派手な色と柄は目立つことから、

さりげない「単色+ストライプ」「パステルカラー+ドット柄」などはオススメで、「グレーは合わせやすい色」といえます。

「薄青」のシャツだとすると「青のドット柄ネクタイ」「青のチェック柄ネクタイ」などは合わせやすいですし、

「白シャツ」だとしても「ピンクのストライプ」「グレーのチェック柄」などは非常に相性がいいです。

ただ、あまりにも「発光色」とされる、光沢あるグリーンなどになると色が強すぎることから、

少し控えた方が良いでしょう。

靴下について

靴下は「黒」以外はNGとされています。

これはどんな服装だとしても「黒」に統一すべきです。

黒と言っても「柄もの」がありますが、「柄」も控えるべきでしょう。

なので、シンプルな黒を履くのがベストですし、基本となります。

靴について

靴5

足元もオシャレの1つ。

服装をしっかりしていても靴が違うと全て台無し。

靴での常識的マナーとなると「白革靴」「ブーツ」「メダリオン(靴の先に複数の穴があるもの)」はNGといえます。

略礼装ではなく、単なるカジュアルになってしまう事が言えるのです。

なので靴でいえば「紐付きの黒革靴」「ドレスシューズ」などでもOKです。

基本的に色は「黒」ですが、茶色でもいいですし、グレーや紺色などでもいいです。

また、ひも付きでなくても問題はないですし、ビジネスシューズで構いませんが、

汚れなどの無い綺麗なものを履くのが大事です。

ベルトについて

ベルトは靴の色と合わせるのがベストです。

見られないからと適当につけるのではなく、さりげなく見える部分だからこそ、

しっかりと色を合わせてオシャレコーデをしましょう。

小物類

チーフ

チーフ・タイピン・カフスなどは人それぞれですが、オシャレポイントはここにもあります。

服装だけでオシャレをするのではなく、「小物」をさりげなく着けるのがオシャレポイントですので、

余り目立たないようにさりげなく付けれるくらいのサイズのものを使用しましょう。

また、ポケットチーフは「白の無地」が基本ですが、シャツと合わせた色でもいいでしょう。

あまりにも暗い色は控えましょう。

まとめ

最近の結婚式は「カジュアル」になってきています。

昔では考えられなかった「カラー系」の服装でも全然問題ないのです。

とはいっても昔から問題は無かったのですが、「常識」という壁によって着ることができなかったと言えるでしょう。

ただもちろんTPOをわきまえて、準礼装の時はブラックスーツに白ネクタイで統一し、

略礼装の時はオシャレコーデで楽しい結婚式・披露宴を迎えると良いでしょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ