婚約指輪と結婚指輪の違いは値段相場?使用目的と重ね付けはアリなの?


婚約指輪を渡してプロポーズ・・・はい、こちらこそこれからもお願いします。

こんなドキドキする瞬間などないですよね!!

男性が気持ちを込めて購入した婚約指輪を貰った女性は「素直に嬉しい」と思う方も多いでしょう。

一方で、結婚して共に生活を始める様になってからも指輪は付けることになりますが、

この時は「結婚指輪」を付けるのが基本です。

この違いは一体なんなのでしょうか。

今回は「婚約指輪」と「結婚指輪」の違いなどについてお話していきます。

婚約指輪と結婚指輪の違いは何?

スポンサードリンク

婚約指輪という指輪と結婚指輪という指輪とそれぞれありますが、

この2つには一体どんな違いがあるのでしょうか。

では、さっそく見ていきましょう!!

値段相場の違い

まずは「指輪の値段」の違いが1つ目です。

婚約指輪に関しては「プロポーズ」をするときに必要とする「気持ちを込めた指輪」と言う事です。

これによって「女性がその気持ちに答える」ことで2人が結婚へと歩み始めるのです。

なので、気持ちを込めて選ぶ婚約指輪は「ダイヤ入りが基本」ということから、値段の相場も高めなのです。

そんな婚約指輪の相場は「30万」が相場となっています。

昔は「給料3か月分」というのが一般的でしたが、今ではほとんどそのような風習は無くなっています。

中には「安い婚約指輪でショック」という方もいますが、最近では30万が基準なんですね。

一方で結婚指輪に関しては正式に婚約届を提出してこれから2人で家庭を気づくために

お互いがお互いを想って繋がり続けるものこそ「結婚指輪」なのです。

この結婚指輪には「ダイヤが付いていないことがほとんど」なので、値段相場も婚約指輪よりは下がります。

結婚指輪の相場は「10万」が相場となっています。

こちらには「給料3か月分」などの風習もないために、お互いの意思によって決まる絆のリングと言えるものです。

このように「婚約指輪」と「結婚指輪」には「値段相場の違い」があるのです。

・「婚約指輪の値段が安くてショックだった!?」

使用する人数の違い

カップル

次に言えるのは「使用する人数」が違うと言う事。

これは単純に「婚約指輪」は「気持ちを伝えるための1つのアイテム」と言う事から、

女性が受け取り、女性がはめるものなのです。

一方で、「結婚指輪」は「お互いの絆を深める輪(リング)で繋がる」というのが結婚指輪です。

これは「2人で共にはめるもの」と言う事から、

「婚約指輪は女性限定の指輪」で「結婚指輪は2人だけの結婚指輪」となります。

使用目的の違い

指輪3

使用する人数と被っている部分ではありますが、「使用目的」も違います。

基本的には「婚約指輪」は「プロポーズ時につける」「結婚指輪をするまで」というのは一般的とされています。

一方で「結婚指輪」は「家庭を築く中で繋がり続ける為の普段用リング」とされています。

これらをまとめると以下の通りとなります。

✔婚約指輪・・・プロポーズ時・結婚するまでの期間(結婚指輪との交換)

✔結婚指輪・・・結婚後にお互いが普段の生活で付ける指輪

このようになります。

ただ、これは「基本」としているだけで、人によってさまざまな付け方をしている方がいます。

婚約指輪は普段も付ける!?

スポンサードリンク

先ほどは「プロポーズ時」「結婚指輪をつける前の段階の指輪」と言ってきましたが、

婚約指輪を普段の生活で付けている方も多くいます。

婚約指輪自体は「普段から付けても全く問題はない」と言えるのです。

特に決まりなどはない事から付けても問題はないのですが、1つだけ気をつけなければいけないことがあります。

それが「ダイヤ」です。

婚約指輪にはダイヤがついていることが多いです。

また、そのダイヤは「指輪よりも浮いている状態にある」と言えるので、普段の使用は向いていないのです。

「服に引っ掛ける」「どこかにぶつける」「ダイヤが紛失する」などのイレギュラーなことが起こります。

このことから婚約指輪は特別な期間での装着とが多いと言えるわけです。

もちろん「指輪とフラットな位置」にある「指輪に埋め込まれたダイヤ」であれば

普段使いでも全然問題ない指輪と言えるでしょう。

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けについて

そんな普段でも使う方もいるとされる「婚約指輪」ですが、

結婚指輪と重ねてつける「重ね付け」をされる方も多いといいます。

何故重ね付けをするのかというと「結婚指輪がシンプル過ぎるから」と言う事が言えます。

結婚指輪は普段使いとなるので、「生活に支障のないシンプルなデザイン」が主流です。

なので、「シンプルに飽きる」「オシャレ度が無い」と言えるために、

ダイヤのついたオシャレな婚約指輪を一緒につけて「結婚指輪をゴージャスにする」という事が目的の方が多いです。

ただ、これはデザインの違いから合わせるのが難しいということと、婚約指輪が消耗することに繋がります。

婚約指輪は比較的値段が高いですが、普段から使うと当然消耗はします。

なので、劣化も進むことからいつも重ね付けをするというのは難しいでしょう。

重ね付けを上手くするには

指輪4

重ね付けを上手くするには「購入店」にて相談する方法が良いでしょう。

相談と言っても「婚約指輪のリフォーム」が可能かどうかによります。

婚約指輪の華やかさと結婚指輪のシンプルがマッチする場合は

そのまま重ね付けしていてOKなんですが、合わない方もいます。

そんな時は「リフォーム」にて形を変える又は、

「最初から婚約指輪+結婚指輪の重ね付けセット」を購入するのが良いでしょう。

特に今では「重ね付け」をする方は増えてきていますから、最初から想定して「重ね付けセット」が売っているのです。

もちろん重ね付けに適しているだけでなく、1つだけを付けるという方法も全く問題ないです。

オシャレが好きな女性などには「最初から重ね付けセット」を購入するのも良いでしょう。

また、指輪によっては「形を変えることができる」という事から、少しもったいないですが、

指輪自体の形を変えての重ね付けという方法となります。

ですが、「婚約指輪」は比較的高価であまり傷をつけたくない物でもあります。

そんなことから、「普段使い」はあまりしない方が良いともいえるでしょう。

万が一、留まっていたダイヤを落とした場合、もしかしたら取り返しの付かないことになるかもしれません。

なので、普段使いに慣れている「結婚指輪」で我慢するか

「ファッションリング」を重ね付けするかなどにするのが良いでしょう。

まとめ

婚約指輪と結婚指輪にはそれぞれ違いがあることがわかりましたが、

そんな違いも「重ね付け」をしたり、婚約指輪の普段使いなどのこともあり、

人それぞれともいえるようになってきています。

ですが、重ね付けによってメリットを感じられるとは思いますが、もちろんデメリットも相当大きいので、

しっかりと考えたうえでのそれぞれの指輪の使用を心がけましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ