婚約指輪の値段が安いのがショック!?安いなら渡さない&いらない!?


良い雰囲気で婚約指輪をプレゼントされる・・・最高のひと時となることでしょう。

昔は「シチュエーション」が最も大事とされており、値段もある程度決まっていました。

しかし、現代では昔とは少し違い、「カジュアル」へと向かっています。

カジュアルへと向かう事で不満が生まれているというのです。

それが「婚約指輪の値段」です。

昔は「給料3か月分」と言われていた婚約指輪も、今では「数万円~」と言う事も珍しくありません。

女性は「婚約指輪」を貰う事に関しては「値段」は気になるという方も多いようです。

そこで今回は「婚約指輪が安い」と言う事に関してお話していきます。

婚約指輪は高い方が良い!?

スポンサードリンク

指輪3

婚約指輪は昔では「給料の3か月分」というなんとも高額ともいえる値段が相場とされていました。

なのでおよそ「80万~100万」というのが相場でしたが、今ではそういった風習も少なくなり、

値段が比較的安めとなっています。

そんな中、婚約指輪を貰う側の女性としては値段的に安い&安そうだと残念に思う方がいるのは事実。

と言う事はやはり今でも「高価な指輪をプレゼントする方が良いのでは?」と思うのも無理ないですが、

これは「良い」とも「良くない」ともいえるのです。

というのも、残念に思う方は高いものを貰うとそれはそれで何かしらの不満が出てくる可能性があると言われています。

そんな不満に思う方の意見しては以下の通りとなります。

✔「値段を抑えて結婚指輪を少しだけ高価にしてほしかった」

✔「結婚式を豪華にしてほしいから高いのは要らない」

などという女性からの「高価」に対する不満もあるというのが事実です。

ですが大半は「嬉しい」と思われるようなので、非常に難しいですが、「高価」だから良いとは言えないというのが事実です。

そんな男性を思ってくれる女性はまさに男性にとっての1番大事なダイヤそのものでしょう。

婚約指輪が安いと不満が出る理由

泣く3

婚約指輪が安いと不満が出る・・・これは理由はわかる気もしますが、

人間どうしても同じ条件、同じ待遇で仕事をしているわけではなく、状況も違います。

当然男性側の事情もあっての婚約指輪だからこそ値段に差が出てしまうのは当然のことですが、

女性にとっても「一生に一度」ともいえる大事なイベント・プレゼントなのです。

なので、「妥協」してほしくないというのが本音です。

貰う側である女性は指輪についている「ダイヤ」に目が行きます。

ダイヤの数や大きさや輝きなどを気にしてみる傾向にあるので、

どうしてもそのダイヤが明らかに小さい場合などには「安い」と判断せざるを得ないと言えるでしょう。

安い指輪を貰うとこれらの不満が出る方もいるといいます。

✔「着けるのが恥ずかしい」

✔「気持ちがあまり伝わらない」

✔「その分結婚指輪・結婚式を豪華にしてほしい」

✔「貰った実感がない」

このように、安いには安いなりで不満は出てくるようなのです。

やはり婚約指輪というのは「男性からの想い」を「指輪」を通して贈られると言う事が言えますので、

あまりにも値段が安いとなると「ガッカリ感」が出てしまう方もいるのです。

なので、あまりにも安すぎるというのは残念に思う方もいるといえます。

男性が婚約指輪を贈るために必要な平均費用とは?

スポンサードリンク

では、「高い」だの「安い」だの言うのならばどれくらいの値段の婚約指輪なら良いのかと言う事です。

先ほども言ったように、男性側には人それぞれ状況が全く違います。

なので、平均費用と言われてもどうしてもそれに届かない額の指輪になる方もいるかと思いますが、

まずは婚約指輪の費用相場を見ていきましょう。

✔婚約指輪の費用相場:約30万

最近では「30万」が日本人が購入する婚約指輪の平均費用なのです。

では、安いとされる費用相場はいくらなのか。

✔婚約指輪の安いと判断される費用相場:10~20万

このように「10万」となれば安いと思われ、20万だと思っていたより安いかな?位の感じです。

なので、頑張って10万円の婚約指輪を買っても「不満」と思う女性は中にはいると言う事になります。

でも無理にお金を出してまで買えない・・・という方も多いです。

ですが、全然大丈夫です。

・「婚約指輪と結婚指輪の違いや値段の相場について」

実は「気にしない女性は多い」

笑顔2

最近では昔の給料3か月分という風習は無くなりつつあり、「平均費用」も「30万」となっていることもあり、

「昔よりも安くなっている」ことは明確です。

しかし、昔の給料3か月分というイメージが強い方によっては「平均費用30万」でも満足しないのです。

当然、「10万」でも満足出来ません。

また、そういう方は「100万」という高額な指輪だとしても「ダイヤの大きさ」など、細かい部分もしっかりしたい方や

「売る」という方もいるというのが現状です。

もちろん、本当に愛していてその愛に答えてほしいといった意味での「高価な指輪」という方もいます。

確かに給料を多く貰っている方からの100万円と年収250万円で100万円の指輪をくれるのとでは

気持ちや状況が全く異なる為に、「給料が高額なのに100万の指輪だった」と思われることはあるでしょう。

人それぞれ状況は違うのですから、男性に合わせる又は「気持ち」として受け取ることが重要です。

逆に「全く気にしない」という女性も実は多いのです。

それはなぜかというと「現状を知っているから」といえます。

現状というのは「男性の気持ち・経済面」の事や「昔の給料3か月分は昔の話」という受け止め方をしている方です。

こういった方は最近ではかなり多く、実際には「安くても満足」といった女性は多いのです。

さらには「要らない」という方もいます。

婚約指輪は高額になるのが一般的だし、その分を「結婚式」「新婚旅行」「結婚指輪」などにあててほしいという思いです。

これでわかるのは「値段」は大事ですが、「気持ち」が何より大事なのです。

安くても良いからデザインが良いやつがほしいと言って「1万」「3万」「5万」などの指輪で満足という方は多いです。

なので、絶対に高価な指輪を購入して渡さなければ行かないといった考えや、

平均相場である30万を超えるくらいの指輪でなければならないといったことは考えなくてもいいのです。

不満に思う方は不満に思いますし、気にしない方は気にしないのです。

男性側もあまり気負いはしない方が良いと言えるでしょう。

安い指輪しか買えないけど、安い指輪を渡したくない・・・

指輪4

どうしても男性側は「婚約指輪」というのを重すぎるくらいに受け止める程「プライド」も出てしまうものです。

女性側からすると、「そこまで高くなくても」という女性がいるくらい、男性は高いのを購入しなければならないと考えます。

でも安い指輪しか購入できない・・・安い指輪は渡したくない・・・どうすればいいのでしょう。

安い指輪を条件付きで渡す

これは先ほどから何度か出ていますが、女性の気持ちを考えてみると

「高いのを買うくらいなら結婚式・結婚指輪・新婚旅行を豪華にしてほしい」というように、

最初から安い指輪で少しだけ我慢してもらい、後にある「結婚式」「結婚指輪」や「新婚旅行」を

少しでも豪華にしてみることを考えるのが良いでしょう。

なので、「今はこれくらいのものしか渡せないけど、結婚式や新婚旅行は満足できるものにするからね」と

一言添えて渡すと女性も気持ちを受け取りやすいでしょう。

あえて婚約指輪は渡さない

無理に婚約指輪を買うというのもあまりお勧めできません。

安いのを渡すと「満足されない」といった方もいる様に、

無理に購入をすることでもしかしたら「ただ無理をしただけ」になる可能性があるのです。

なので、無理をするくらいなら「購入はしない」と決め、婚約指輪は無いということを伝えましょう。

ですが、その時に一言「結婚指輪は3年おきにランクアップできるように頑張るね」などと、

いつまでも相手に対する気持ちがあるということを「一言メッセージ」としてその時に伝えるのです。

これだけで、ただただ婚約指輪が無かったというよりは「ちゃんと思ってくれている」と言う事がダイレクトに伝わるでしょう。

「今はお金が無いからあげれないけど、頑張って稼いで今度は良いものをプレゼントする」という意思表示が大事です。

女性に対する気持ちは非常に大事です。

男性は形を大事にしがちですが、女性はプロセスも大事にします。

まとめ

いかがでしたか?

男性にとっての悩みは「婚約指輪」の値段に対する女性の気持ちです。

これでいいのだろうか、喜ぶのか。

これだけでドキドキするものですが、女性は「高過ぎる」「安すぎる」と思う女性はいますが、

「値段は気にしない」というじ女性が多いのです。

なので、男性もあまり気負いしないようにするのが1番と言えるでしょう。

何より、「気持ち」は大事にすることです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ