モルディブでの海外挙式・結婚式に掛かる費用は?オススメは何月?


リゾート婚は国内とは全く違う雰囲気で行われる誰もが羨む結婚式。

ハワイやグアムが人気の中で、「モルディブ」も非常にオススメの島国の1つです。

正式には「モルディブ共和国」で、インド洋に浮かぶ「高温多湿」の常夏国です。

そんな常夏の国であり、広大な海に囲まれた中で行う「リゾ婚」は圧巻です。

今回は「モルディブでの挙式にかかる費用」についてお話していきます。

モルディブまでの飛行時間と時差について

スポンサードリンク

モルディブ4

モルディブと聞いても場所がどこにあるかわからない方も多いでしょう。

ただただリゾート地と知っているだけという方も多いはずです。

簡単に説明すると「インドの左下」にある島国です。

このモルディブまでの海外挙式となるとかなりの長旅となるのは大体予想付きますよね。

実際にモルディブに行くまでの飛行時間などはどのくらいかかるのでしょうか。

成田空港からの直行便での飛行時間は「10時間前後」の飛行時間となります。

結構長めの飛行時間なので、飛行機が苦手といいう方にとっては苦しいかも知れません。

では、日本との時差はどれくらいあるのか。

時差ボケが酷くなると「仕事」や「家庭」に多少なりとも影響を受けますが、

日本とのモルディブの時差は「マイナス4時間」なのです。

日本の方が4時間進んでいると言う事なので、ほとんど変わりません。

時差ボケが起こると言われている時差は「5時間前後」と言われていますので、

人によっては時差ボケを感じる事でしょう。

と言っても、時差ボケは「放っておけば治る」と言われているので、特に気にする必要はありません。

モルディブでの海外挙式が人気の理由

モルディブ8

まず言えることは、「ザ・リゾート」と感じることができるという点です。

いくつもの島があるこのモルディブ共和国では周りはもちろん海一色。

この海も透明感が強く、リゾートの魅力を味わう事ができます。

それだけでなく、周りにはハワイみたいな都市などはないために、「時間を忘れられる」という

のどかでより自然を感じる事ができるところが魅力なのです。

周りには人はあまりいない状態なので、思いっきりストレスを解消できる憩いの場ともいえるべき場所です。

ここでは1島1リゾートという環境なので、先ほど言った通り解放感抜群ともいえる絶好のリゾート地なんですね。

いくつもの島があることから、違うところに移動もできるので、

かなりの長期滞在とはならない限りいつまでも居たくなる空間と言えるでしょう。

しかし、観光などはあまり向いておらず、長期滞在となると他の島に移動したりしない限り

時間を持て余すくらいになってしまう可能性はあります。

ただ、移動しても「島」「ホテル」といったシンプルな島ばかりなのでレジャーを楽しむほかはあまりないとも言えます。

モルディブで結婚式を挙げるための費用について

モルディブ6

モルディブで式を挙げるにあたって、当然2人だけの結婚式とするのか、

親族を交えての結婚式にするのかと言う事ですが、

どちらのパターンにおいても多いので、どちらの可能性も兼ねておよその費用を調べましたが、

モルディブで大事なのは「ホテル」と言われ、このホテルの良さが全ての良さに繋がるのです。

なのでホテルを安く抑えて楽しむとなると中々難しいとも言えます。

それを踏まえて実際におよその挙式費用を見ていきましょう。

スポンサードリンク

モルディブでの平均挙式費用

挙式のみの費用:50万~80万

2人だけの旅費込み費用:130万~160万

親族・旅費込み費用:260万~320万

平均滞在日数:5泊

このような費用が掛かるとされています。

もちろん抑えるところは抑えるなどをすると半分程の費用でも行けないことは無いですが、

ほとんど何も出来ずに終わってしまうといったことや、ホテルも不安要素が残る可能性がありますので

出来るだけホテル等は奮発したほうが良いと言われています。

また、「オールインクルーシブ」と言われる、料理やレジャー体験、ジムなどの料金などが全て込みのプランなどの

挙式&旅行プランにする事で他にかかるとされる料金はほとんどなくなるので、

最初に掛かる費用は多少高くても後々他にお金を使うところがなくなりますので、結果的にはそちらの

「オールインクルーシブ」を使われるとより満喫できるかと思います。

また、挙式のみで100万を超えることは珍しく、100万程も出すとかなり豪華な挙式となるでしょう。

しかし、親族のみや2人だけなので、基本的に「スタンダード」なプランである、

写真や衣装やメイクなどがあらかじめ入っているプランを選ばれる方が多いです。

そして、親族込みでの旅費ですが、平均額に大きく差があります。

これは「親族の滞在日数」に関係します。

基本的に親族は新郎新婦よりも早く帰国することでしょう。

そうなった場合は比較的安い金額での旅費トータルとなりますが、

新郎新婦と共に滞在するとなれば5日ほどの宿代などとなりますのでトータルで見ると結構な額となるでしょう。

それだけではなく、全員をオールインクルーシブにするとなれば比較的旅費は高めの値段となります。

オススメの時期はいつ頃?

モルディブ3

オススメの時期も視野に入れなければなりません。

いくらリゾート地での滞在だからと言って、周りは海と言う事で自然に囲まれたところが「モルディブ」です。

なので、「天候」」には気を遣うべきといえます。

基本的にモルディブは年中暖かく、年間平均気温は「26℃~33℃」にもなる暑い国です。

ただ、モルディブには「乾季」「雨季」がはっきりしており、その季節によっては雨ばかりとなることも考えられます。

せっかくのリゾート地なので、天候には恵まれたいですよね。

モルディブの乾季と雨季に関しては以下の通りとなります。

乾季:12月~4月中旬

雨季:5月~10月

このように、雨季がちょうどジューンブライド真っ最中なので、日本で定番の6月あたりでの結婚式は控えた方が良いのです。

そうなると、オススメの時期は「2月~4月」が1番オススメの時期といえます。

12月や1月は年末年始も挟むことから、激戦区となりますし、

逆にゴールデンウィークとなるとすでに「雨季」になっている可能性があります。

そのことから、その間の期間である「2月~4月」の期間が良いでしょう。

春休みだからと言って「モルディブ」に旅行に行く方は急激に増えるわけではないのであまり心配はいらないですが、

一応春休み期間である3月後半も控えた方が良いかもしれないですね。

まとめ

モルディブでは1島1リゾートというように、1つの島にホテルが1つという事が基本となっています。

島も100以上が滞在可能な島なので、ホテルも数多くあります。

モルディブ7

モルディブ5

出来れば奮発して、水上コテージから直接階段で海ダイブできる事や、

サンゴが多くあるハウスリーフの良い島にすることを目標とし、

サンゴに集まる魚をたくさん見られるレジャー体験をすることが楽しみの1つといえますので、

その他は削ってもホテルは削らない方が良いといえるでしょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ