タヒチでの結婚式の参列者の服装のマナーは?靴はどんなのがいい?


リゾート地でのリゾート結婚式、リゾ婚。

リゾートの中でも「タヒチ」を訪れる日本人は年々増えており、

「ハワイ」「グアム」と肩を並べられるほどの人気となりつつあるタヒチですが、

そんなタヒチでの結婚式に招待された!!といった場合、国内で挙げる挙式とは違うのは明確。

でも国外での挙式は未知だから何もわからない・・・という方のなかでも、「服装」について困るという方も多い。

今回は「タヒチでの挙式の参列者が着る服装のマナー」と「靴」についてお話しします。

日本の結婚式の服装マナーは海外では通用しない!?

スポンサードリンク

結婚式

日本での結婚式および披露宴などでは「スーツ」が基本となっていますが、

それはあくまでも日本においての服装マナーなのです。

「アメリカ」は日本と同じで、「招待状」を頼りにその指示に従うのが一般的と言われています。

「中国」となると「赤」または「白」の一色統一はNGと言われています。

その理由は「新婦の色が赤で被ってしまう為」なのです。

このように、国によって「決まり=マナー」が違うんですね。

日本での「白ネクタイ」も海外ではNGも多いです。

「アロハ」で知られる「アメリカ・ハワイ」では

「アロハシャツ」「ムームー」を着て参列するのが「正装」とも言われています。

こうしてみると「日本」はやや堅苦しいイメージで、国によっては「ラフ」な国もあるという事がわかります。

・「ハワイ挙式の際の服装マナーについて」

タヒチの正装って何?

タヒチ

では、「タヒチ」ではどのような服が正装と言えるのでしょうか。

実はタヒチでの正装は「アロハ」「パレオ」が正装と言われています。

「アロハ」はハワイのイメージですが、タヒチでも正装なんですね。

「パレオ」というのは良き覚えがない方も多いと思いますが、

タヒチでの民族衣装で、日本でも女性の水着の上に巻き付けるスカートのようなものがありますが、

それが「パレオ」なのです。

「パレオ=巻きつけるスカート」という意味なのですが、

実際のパレオは「1m×2m程の布」を体に巻いてスカートにしたり、

アレンジして「ワンピース」「ズボン」などの役目も果たす万能衣装です。

現地タヒチでは「ワンピース」として使うのが多いとされています。

タヒチではメインで着るものですが、日本では「水着に付属するアイテム」として愛用されています。

「アロハ」はタヒチの民族衣装ではないですが、「南国」での定番衣装として「正装」と認識されているようです。

結婚式の参列での服装はどうすればいいの?

結婚式に参列する時はどうすればいいのか。

海外でも「独特のマナー」などがあればそれに従うべきでもありますが、

日本からの挙式となると日本のマナーも取り入れ無ければならないと考えるのも無理ないです。

そんなタヒチでの服装は以下にまとめています。

男性の参列時の服装例

スポンサードリンク

✔「アロハシャツ+チノパン+革靴(サンダルも場合によっては可)」

✔「Yシャツ(白・薄明るいカラー)+チノパン又はスーツのズボン+革靴」

✔「Yシャツ(薄明るいカラー)+パレオ(ズボン仕様)+サンダル(しっかりとしたサンダル)」

これらが主な定番の服装です。

スーツは入っていませんが、厳密にいうと真ん中の「Yシャツ+スーツのズボン」がそれに該当します。

ジャケットは暑い事から、着る必要はないといえます。

するとYシャツにネクタイ姿となりますが、そのネクタイも外しましょう。

基本は「アロハシャツ」を基本とするのが1番オススメといえます。

動きやすい・ラフ・正装と言う事が言えますし、雰囲気も海外の雰囲気が出ます。

パレオはズボン代わりに使うと効果的です。

無くても「ベージュのチノパン」であれば何でも応用が効くので、チノパンもオススメといえます。

実際に、「アロハ+チノパン」はもはや定番で、かなり多いと思います。

また、ズボンは「半ズボン」は控え、「長ズボン」にしましょう。

女性の参列時の服装

✔「ワンピース+サンダル」

✔「パレオ+サンダル」

これらの服装が定番で、オススメといえます。

男性から見るとレパートリー少ないですが、これらは「正装」であり、定番なのです。

もっというと、「ワンピース」と「パレオ」は一緒とも言えます。

女性の場合はほぼ「ワンピース」での参列なのですが、

「普通のワンピース」か「パレオによるワンピース」という2通りの中から選ぶと言っても過言ではない服装なのです。

スーツはほとんどいませんし、いても「暑い」と言う事から、相当大変です。

なので、「参列者での服装」がスーツが多いという場合は「スーツで統一する」というのが良いですが、

基本的に「周りに合わせる」と言う事が良いでしょう。

と言う事は「ワンピース」での参列が良いと言えるでしょう。

ただ、あまり柄が多いものや、「黒」といったカラーは控え、明るめのものにするのが良いといえます。

靴は革靴?

靴5

靴に関してですが、靴は男性では「革靴」を主とし、ビーチサンダルみたいな軽くてラフに見えるものはなるべく避け、

しっかりとしたサンダルであればそちらでも問題ないといえます。

一方、女性では「サンダル」が主とされ、こちらも同様に「ただのサンダル」ではなく、

少しヒールのあるサンダルなどが良く、逆に高すぎる「ピンヒール」なども控えた方が良いでしょう。

なので、サンダルは良いのですが、「ただのビーチサンダル」と言えるものはNGと言う事になります。

サンダル4

もちろん、先ほども言いましたが、「高さのあるヒール」も控えるのが無難です。

まとめ

タヒチでの挙式では「ラフ」とまでは言いませんが、

「暑い国」と言う事を考えた服装でOKという事がわかりましたね。

タヒチでの正装「パレオ」「アロハ」はどちらでもOKということなので、

親族共々出来るだけバラバラにならない統一感の出る様に事前に話し合いをするのも良いでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ