勉強ができる人と仕事ができる人の違いや特徴は考え方?天才と遺伝


世の中には不公平かと思われるほど

「頭の良い人」「仕事ができる人」などが存在する。

逆に「頭の悪い人」「仕事ができない人」も存在する。

この差はいったい何なのか。

これは「遺伝」での差なのか「天才」との差なのかを

仕事ができる人と勉強ができる人の違いや特徴などを掴んでいきましょう。

スポンサードリンク

勉強ができる人出来ない人の違いと特徴

人2

勉強ができる人はクラスに絶対数いたはずです。

なぜなら、「学校側でクラスの生徒の頭の良さのバランスを取っているから」なのです。

頭の良いクラスで集めるなどは高校の「特進クラス」などだけでしょう。

小学校や中学校では

「それぞれのクラスが勉強・運動・人格の偏りを無くす」という事をしているから

それぞれのクラスには頭の良い人は数人存在している。

ではなぜ、頭の良い人と頭の悪い人はいるのか。

それは単純に「努力の差」でしょう。

ようするに、”やるかやらないか”といえるでしょう。

学校の1クラスの人数は大体40人前後。

その中で、一定数「不良」と呼ばれるグループもいたはずです。

その不良などのグループの生徒に頭の良い生徒は

ほとんどいなかったのではないでしょうか。

もちろん不良でも頭の良い人はいますが、

大抵テストの点数は低かったはずです。

それはなぜか。「勉強していないから」です。

逆に勉強が出来る人は「勉強をしていた」といえます。

授業は真面目に聞いたり、休み時間はしっかり休む人もいれば

休憩なしで勉強する人もいたでしょう。

そして家に帰っても他人にはわからない「努力」が積み重なっているのです。

これがやるかやらないかというものです。

出来る出来ないの違いが判らないのは「見える努力」と「見えない努力」があるからです。

見えない努力を惜しみなく時間を費やして勉強していた結果、「練習通りに行く」と言う事です。

勉強していない人は「練習をしていないから本番は上手くいかない」のです。

もちろん勉強をしていても点数が伸びないと言う事はあるでしょう。

それは「正しい努力だったのか」と言う事です。

どこかで道を踏み外して進んでいたら「点数は伸びない」と言う事です。

勉強をしていない人は勉強が出来ないのは当たり前という事です。

勉強はしているけど点数の差が開くといいうのは、

「コツを掴んでないから」とも言えます。

テストは範囲が決まっていることがほとんどでしょう。

ならば、テスト範囲のみに集中して勉強していくのが重要と言う事です。

要らない「単語」や「漢字」など覚えなくていいのです。

点数が伸びないという人は「まんべんなく勉強している」ともいえます。

範囲内の事であれば全部やってしまうという人の事ですね。

もちろん範囲内なのでやるのは当たり前ですが、全てやらなくてもいいのでは?

という疑問を持ってトライする事が大事といえます。

仕事ができる人出来ない人の違いと特徴

アナフィラキシー

では次は仕事です。

仕事ができる人出来ない人の違いはどういったものなのか。

これも同じく「努力の差」でしょう。

やはり”やるかやらないか”といえます。

入社して同期という同じクラスのライバルでもあり友達が出来る事でしょう。

その同期と成績に差は多少なかれつくでしょう。

争いがあっても無くてもです。

この同期との差がつくのは紛れもない「努力の差」です。

ただし、仕事には勉強にない部分がたくさんあります。

なので、目に見える努力も目に見えない努力も必要といえます。

仕事の時間は「朝少し早く出勤して早めに終わらせるものは終わらせておく」

「悪い点を見つけるために行動を続け、トライアンドエラーの時間を多く作る」など

経験値を上げる必要があると言う事です。

仕事ができない人は「仕事中に頑張る事しかしない」のです。

当たり前の事を当たり前のようにやっているからみんなと平行線だと言えます。

頭1つ抜けるには「圧倒的な行動量」が必要とも言えます。

もちろん勉強も仕事もですが、スタートは0からではないかもしれません。

小さいころから中学生の問題を解いていたという人や、

小さいころからプログラミングの技術を身につけていたなどあるでしょう。

なので、スタートは0ではないからこそ努力を惜しみなくするのが鉄則です。

もちろん仕事ができる人も「家で仕事はする」でしょう。

仕事ができない人に限って「家ではプライベート」といって

OFFの時間を長く作っていることがあるとも言えます。

スポンサードリンク

勉強ができるのに仕事ができない人

怖い3

このような方もいますよね。

勉強が出来るのに仕事は出来ないという人。

なぜこのような人がいるのか。

答えはこれでしょう、「柔軟性」です。

勉強が出来るというのは「普段から勉強していれば当たり前」とも言えます。

型にはまった事をするのが勉強です。

基本的に教科書に書いていることがテストでは出ます。

しかもうれしいことに「範囲」まで設定してくれていることもありますよね。

仕事からすると勉強はVIP待遇です。

やることやればそれなりの点数が望めます。

しかし、仕事は違います。

まず教科書など「スキル」の事しかないのです。

スキルを身に着けるのは良いことですがそれだけでは無理です。

コミュニケーション能力や視野を広げることやマナーなど、

覚えなければいかないことも多いですし、現場に出て初めて習う事が多いのです。

そしてその習ったものはすぐに使えなくなることも多いです。

人と人が関わる仕事では「教科書通りの繋がりなどない」からです。

型という型がないのが仕事。

だから常に前に進み続けなければ時代も遅れ同期には抜かされ、

しまいには後輩にも抜かされるといった最悪の状況を作ってしまいます。

それなのに、なんとなく仕事をしてなんとなく休憩して

なんとなく帰って晩酌してと言うのは伸びるわけがありません。

結局仕事ができるというのはある程度「センス」などはあると思いますが、

ほとんどが「努力」といえます。

もちろん勉強も努力ですが、柔軟性などほぼいりません。

遺伝や天才は関係あるのか

目標4

では、センスなどと言う言葉は使いましたが、

「遺伝」「天才」などは存在し、意味はあるのかと言う事です。

結論から行くと「関係はあるが、関係なくても良い」と言う事です。

どういうことかというと、遺伝というのは生まれた時からといいうわけではなく、

生まれて育った環境の事です。

中には貧乏だったからハングリー精神が煮えたぎっている人もいれば、

経営者の子供として生まれてずっと父の仕事の姿を見てきたなどがあれば、

小さいころから磨かれているものがあり、「遺伝」ともいえる物に近いことはあるでしょう。

また、天才も世の中には多くはないですが、「いる」のは間違いないでしょう。

ですが、よく聞くのは「天才は努力の賜物」と言う事です。

天才同士でも「何もしない天才」よりも「努力を積み重ねた天才」には叶わないでしょう。

それほど、天才と努力はもはや紙一重ともいえるのではないでしょうか。

成功者の言う事は同じことばかりです。

「とにかく行動すること」「失敗しても続ける事」これです。

まとめ

勉強出来る人も仕事出来る人も凄い方ばかりです。

だからといって勉強が出来ないからダメとか、

仕事ができないからダメというわけでもありません。

その人にたまたま合わなかった仕事かもしれないですし、

それは正直わかりませんが、少なくとも「努力をすること」を怠ってはいけませんという事です。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ