学校で友達がいない学校生活を楽しむ方法!!寂しいなら友達作り!?


学校に通いだすと、何十人のいるクラス、

そして何百人といる校内の一員として自分は存在しなければいけません。

その大勢いがともに何年もの間を過ごす間、学校生活を楽しくさせてくれるのは「友達」でしょう。

もちろん友達だけが楽しみではないでしょうが、

「友達」がいるかいないかでその後の学校生活に様々な影響が出ています。

今回は「学校に友達がいない場合の学校生活で楽しむ方法」についてお話していきます。

スポンサードリンク

友達が出来るかできないかは最初が肝心!?

友達3

学校に通いだすとすぐに友達が出来る子もいれば全然友達が出来ない子もたくさんいます。

これは「性格」と言えるもので、「明るくフレンドリー」な性格の子と「根暗で人見知り」な性格の子など様々ですが、

友達ができにくいのはやはり「根暗で人見知り」な性格の子でしょう。

「明るくてフレンドリー」な性格の子は第一印象から話しかけやすいオーラがすでにあるのです。

一方で、根暗で人見知りとなると「話しかけづらいオーラ」が漂っているのです。

また、明るくてフレンドリーな性格の子の特徴として「ハキハキ大きい声を出す」というのが特徴ですが、

根暗で人見知りな性格の子は「ボソボソ小さい声で喋る」という特徴があります。

大抵はこの法則に当てはまるのですが、「ボソボソ小さい声で喋る」となれば

一瞬のうちに決まる「第一印象」があまり良くなりません。

まずは「第一印象」が大事なので、なるべくハキハキと喋り、

ナヨナヨした回答をしない事やなるべく大きめの声でしゃべる事、そして笑顔を忘れないことが肝心です。

また、周りが明るいキャラばかりだと中々話すのも難しいと思うので、「喋りかけてくるように仕掛けをする」ことも大事です。

例えば「筆記用具類を忘れる」や「教科書を忘れる」などの人と触れ合うきっかけを作ってしまえばいいのです。

こうやって最初にきっかけさえ作ることができれば、あとは普段の中で会話を膨らませていくだけとなります。

「友達が出来ない」という人は「きっかけ」が無ければ「方法もわからない」「知ってても出来ない」「やるだけ無駄」などと

やりもしないで「逃げている」ことも考えられます。

一度振り返ってみて「逃げてはいないか」と言う事を考えてみてください。

友達ができやすいのは「最初」なのですから、その最初を大事にしなければ「友達」はつくりづらいと言えるでしょう。

寂しいなら拒んではいけない

友達4

友達が出来ないという状態は辛いと感じる方が多いと思いますが、

「寂しい」と感じるならやはり「今」という現状を何か変える必要があります。

中々難しい事ではありますが、先ほど挙げた「きっかけ」を作る努力をする必要があります。

いつまでも殻にこもっていると、そのまま時は流れて卒業まで1人の学校生活となりますが、

「自分の好きな本を読んでいる人がいる」「好きな音楽の話を聞いてる人がいる」

「好きなゲームの進み方について話している」「自身の得意分野の教科についての話をしている」

など、悪く言えば盗み聞きですが、そういった自身が話に入れそうなきっかけを見つけます。

そして、いきなり話に入り込むのも「空気を乱す」に繋がるので、

1対1になったときなどにさりげなく話を振ってみるという行動が大事です。

自身がその話に詳しいだけに、あえて「まだ初心者」という風な感じで話に入るのも良いでしょう。

疑問をきっかけに会話をするきっかけとするのもアリです。

「寂しいから」と言っているまでも逃げているなどであればそれは「マイナス」にしか物事動きませんので、

どこかのタイミング、何かのタイミングを逃さずに空気を読みながらも話かけてみることも必要です。

スポンサードリンク

自身と同じような人に話しかける!?

話のきっかけはどんなことでも必要ですが、どうしても「1人でも友達が欲しい」というのであれば、

自身と同じような人と友達になりましょう。

それは、「似ている人」と言う事です。

友達5

もちろん相手が1人で孤独という人でもいいでしょうが、

1人じゃなくても「この人なら仲良くなれそう」と感じることは無いでしょうか。

そんな人がいればその人に話しかけてみましょう。

「仲良くなれそう」と思うと言う事は少なからず「興味はある」と言う事でしょうから、

周りにいる「イケイケグループ」などよりは話しかけやすく、自身にとっても気持ちがノリやすいでしょう。

また、そういう「仲良くなれそう」と思う人に話しかけると「受け入れてくれやすい」と感じるはずです。

それはあなたの興味があるという気持ちの表れか、「表情の強張り」が比較的弱いからでしょう。

自分の近くにいる人と仲良くなろうと考えると「視野が狭くなりがち」と言う事になります。

もっと視野を広げて「他のクラスだとしても」違う方面から友達作りをするのが良いでしょう。

友達を作るのがめんどくさいなら

友達6

友達を作りたいという人が多い一方で、「友達は作りたいけど話しかけたりするのがめんどくさい」というような方もいます。

このような方は、「友達をわざわざ作る必要はない」といえます。

「めんどくさい」と言う事であれば無理に作る必要はないでしょう。

それよりも学校内で何か「楽しみ」を見つける必要があります。

それは「同級生の会話の盗み聞き」「読書」「勉強」「先生との会話」「保健室での会話」「部活」など

学校内での楽しみを増やすことができれば「友達などいらない」となるでしょう。

こういうタイプの方は「何か暇つぶし出来る事がしたい」という傾向にあると思います。

なので、友達は欲しいけどわざわざ話しかけるまでは行かないのです。

自身に合う「暇つぶし」となるものを見つけることに専念しましょう。

ただ、このようなタイプの方は「社会」に出ても苦労することになります。

社会ではもっと濃い人間関係が求められるからです。

その苦労をしない為には「友達作り」は必要と言う事になりますが、それは自由でしょう。

まとめ

やはり学校生活を楽しくさせてくれるのは「友達」が圧倒的でしょう。

日常において、勉強や給食や弁当や登校・下校などに変化はほとんどありませんが、「友達」は常に変化します。

友達との会話は常に新しい事ばかりなのですから、楽しいに決まっています。

その友達がいないとやはり楽しさはかなり低いといえます。

ただ、友達はいつでも作るチャンスはあると言う事は覚えておきましょう。

自身が「臆病になっている」だけではないでしょうか。

今一度自身が「ネガティブになっていないかどうか」を考えてみる必要があります。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ