仕事で多くの失敗して寝れない位落ち込まない為の辞めたい防止改善策


人生の半分程が仕事という人が多いでしょう。

その長い年月の間仕事をしていると「失敗」というのは付き物といえます。

その失敗で落ちこむ人もいれば、気にしていないような人もいる。

落ち込むタイプの人は「もう嫌だ!!行きたくない」「なんでミスしたんだろう!寝れない」

「辞めたい」など日々考えてしまう方もいるでしょう。

そんな方に向けた「落ち込まない改善策」をお話ししていきます。

スポンサードリンク

落ち込んでしまう理由になるのはどんな事?

忘年会5

これだけ皆も失敗しているから気にするなといっても

誰もが失敗をして寝れないほど考え込んだり、

泣いてしまうほど落ち込んだりしているのは減らないでしょう。

そこまで落ち込んでしまう理由はどんなことがあるのか見てみましょう。

  • 「なぜか上司のあたりがキツイと感じる」
  • 「頑張っているのに失敗を繰り返してしまう」
  • 「自分は出来ていると思っている」
  • 「人に相談できない」
  • 「相手の言う事がわからない」
  • 「なんで失敗したのかがわからない」
  • 「他人との差を感じる」
  • 「自分が出来ないとわかっている」
  • 「前にあったことを思い出す」

これらが落ち込んでしまうという代表的なパターンですね。

人によりますが、該当する方は結構多いのではないでしょうか。

女性には「特に理由がないけど落ち込む」という男性には無いようなこともありますが、

「女性特有の生理」の他に「前にあったことを思い出す」などがあるのではないでしょうか。

これらにはある程度「共通するもの」が存在しています。

それが「自分の過大評価・過小評価」です。

ほとんどは自分の自信から来るものです。

「自信があってやってきたことが間違っていると気づく」と言う事ですが、

これはダメージはかなり大きいということです。

自分は正しいと思ってやっていたわけですからね。

ですが、失敗したと言う事は「間違っていた部分があった」

「間違いに繋がることをしていた」とも言えます。

逆に「自分が出来ないとわかっている」などはまさに「過小評価」といえます。

これは完全にモチベーションが下がっている状態で、

能力を十分に発揮できないだけでなく、今後も抜け出せなくなるため

「なぜ仕事をしているのか」がわからない状態となります。

これが悪化すると「辞めようかな」とやめてしまう事もあるでしょう。

どの状態も「状態が悪化すれば辞める」と言う事にもなるでしょう。

仕事で落ち込んでいるのはあなただけではない!!

落ち込む6

「私はすぐ失敗するし、落ち込んでしまうしどうしようもないの」。

こんな方は考え方が完全にネガティブに入っている証拠です。

よく考えてみましょう。

人生という長い目で見ると「仕事は人生の半分以上」ともにすることになると思います。

そんな長期の期間で「仕事で失敗をして落ち込んだことのある方はどれほどいるのか」と言う事。

実際には「ほとんどの人が仕事の失敗で落ち込んだことがある」というでしょう。

それは人間ですので、喜怒哀楽もあります。

そして、性格も当然皆違います。

ですが、仕事をしているというのは皆共通していることなのです。

この仕事を通して「失敗した事が無い人」など存在しないと思います。

もしかしたら今まで失敗をした事が無い人はいるかもしれません。

ただそれは「スーパー超人」か「ほとんど行動を起こしていない」という方達でしょう。

どんな人でも失敗しているのです。

そして落ち込んだこともあることでしょう。

あのホリエモンでも同じくいえますし、アップルの元CEOだった

スティーヴジョブズもそうでしょう。

あなただけが失敗をして落ち込んでいるわけではないと言う事を

覚えおく必要があります。

自分の先輩も同じく失敗をして怒られ、

落ち込んでいた時期があったに違いありません。

落ち込まない為の改善方法

落ち込む5

何が原因かを自身で把握すること

これは「考えすぎると寝れない位落ち込む」と同じと思われがちですが、

考えるのは考えますが、「なんで失敗したんだろう」ではなく

「どうすれば失敗しなくなるんだろう」と考えるのです。

落ち込む人は十中八九「過去」を振り返ります。

「なぜだ・どうしてだ・間違ってなかったのに・私じゃないのに」など

どうしても自分の傷を癒すことに集中しがちです。

それが逆に頭から離れなくなり「ネガティブ」へと導きます。

そうではなく、

「失敗したのは○○が原因だから○○を良くするためにどうすればいいのか」

こういった「ポジティブ」に考える癖をつけるのが大事です。

「失敗は取り戻すことは出来ない」のです。

だから、失敗したら失敗しない工夫を探す「トライアンドアエラー」が必要なのです。

このことから「失敗は悪いことじゃない」と気づくはずです。

もちろん、同じ失敗を繰り返すのなら意味がありません。

考えていない証拠でしょう。

失敗したら成功するにはどうするかを考えるのを忘れてはいけません。

1番不安なのは「ミスを全くしない人」です。

ミスをしないというのは「天才」なのか

「全くといっていい程行動していない」のどちらかだからです。

まずは失敗したら「ラッキー」と思いましょう。

自分を落ち込ませるイベントではなく「自分を見直し、強みにするイベント」でもあります。

コミュニケーションは取るべき

やはりコミュニケーションがある程度取れないと、

周りとの空気感に差が生じ、そのタイミングでミスをすれば

かなりの確率で目立つでしょう。

その結果「イメージが悪くなる」ということに繋がります。

仕事で会社に属しているのであれば「挨拶」「多少の会話」などで

自身がどういった人間かを知ってもらう事が必要です。

忘年会4

そうでないといざミスをした時の上司のあたりは強いものとなるかも知れません。

人間関係がうまくいっていると「甘い怒り方」をしてしまうものですが、

その分人間関係がうまくいってない人には日頃のストレス解消をしているのか

と思うほど強く怒ってきたりもするでしょう。

なので、最低限のコミュニケーションは取りましょう。

ミスが多いと自覚しているのならなおさら取るべきです。

「嫌われているのではないか」と考えてしまいそうですが、

仕事の空間とプライベートは別なので、仕事の話でコミュニケーションを取るよりは

趣味などでの共通点などを見つけると良いでしょう。

スポンサードリンク

今まで経験したことのない事に挑戦する

落ち込む2

これは「気を紛らわす」と似ていますが、

落ち込んだとするならば今までやった事が無いことに挑戦しましょう。

新しい経験はその瞬間から「過去」の事を忘れやすくなります。

新しいことは未知なので、そのことについて考えなければいけないことから

過去の事を考えている暇はないのです。

なので、落ち込んだら「新しいことをやる」はオススメです。

例えば「ダーツ」「ビリヤード」といったスポーツでもいいですし、

「DIY」「陶芸」などの文化的なことでもいいです。

「近くの楽器屋」でも「プラモデル屋」でもなんでもいいのです。

もしかしたら今後の人生において「結果」を生むことがあるかもしれません。

ペットショップに行く

ペット

これもオススメです。

なぜペットショップなのかというと、このペットショップというのは

もちろんペットを購入できるお店ですが、

このペットショップに行く人又はお店の中にいる人は

なぜか皆「笑顔」なのです。これはなぜか。

「ペットが可愛くて癒しにもなること」「ペットが元気」

「スタッフがペット好きで楽しそう」こういった

相乗効果がみんなを笑顔にさせているのです。

そんな姿を見ることで「癒し」をゲットするだけでなく、

ペット好きでペットショップのスタッフになったと同じように、

自身の仕事が嫌いというのであっても「好きになれる一部分」を見つけることができれば

その後の仕事の捗り(はかどり)、充実度などは目に見えるように変わりますよ!!

まとめ

正直、落ち込むことを完ぺきに治すなど無理に等しいでしょう。

人間は感情がある生き物です。

程度によるでしょうが、多かれ少なかれ誰でも落ち込むのは間違いないでしょう。

歌手で成功している人も「悲しい曲」を作りますよね?

悲しい経験などをして、その経験をベースに曲を作ったりしています。

たとえ今「武道館でコンサート」をしていてもです。

少しでも落ち込むことを無くし、考え方を変え、

モチベーションを上げることができれば

明日からのあなたは変わっているはず!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ