すぐイライラする人の特徴は同じ!?嫌われない為に怒るのを抑える対策!!


人は「喜怒哀楽」という感情を持っています。

子供でも100歳のおじいちゃんでも同じく感情はもっている。

そんな中、「すぐにイライラしてしまう」という方も多いことでしょう。

いわば「癖」になっているのではないかというくらい

毎日イライラしている人を見るとあまりよくは思えないですよね。

イライラしてしまう方は「こう思われている」かもしれません。

ということで、この記事では「イライラしてしまう」という方はどうしてイライラするのか。

また、イライラを抑える方法などはないのかなどについて解説していきます!!

スポンサードリンク

イライラしてしまう人はなぜイライラするの?自分が悪いのだ!

怖い3

イライラしてします人は大抵「いつもイライラしているイメージ」ではありませんか?

仕事場で出勤したときは笑顔でもすぐに「イライラ」へと変わる。

こんな方は多いでしょう。

周りも気を使わなければいけないと言う事もあり、中々「しんどい」のが本音。

そんな「イライラする人」の特徴をまとめました。

同じ空間に嫌いな人がいる

さっきまでは何もなかったのに、ある人が来ると「すぐにイライラ」と言う事があります。

それは「嫌いな人が近くにいるから」と言う事がありえます。

万が一、以前に仕事の関係で何かをやらかしていたのなら

「嫌っている可能性がある」といえます。

ただ、怒り方も人それぞれで、「明らかに口調が悪くなる人」や

「笑顔がなくなり素っ気なくなる人」といった人が「イライラする人の特徴」といえます。

喫煙時間がない又はスペースがない

妙にセカセカしているなと感じた時はもしかしたら

「喫煙できていない」という可能性はあります。

このことから、多少気が荒い感じになるので

「仕事の多忙」や「喫煙場所」などが遠くにあるなどの場合は

こちら疑ってもいいでしょう。

仕事前などにも「異性又は他人との」とトラブルに遭った時

仕事などの時以外、特に仕事前の時間内で人とトラブルがあった場合や

交際している方などと喧嘩した場合など、

やはり人とのトラブルなどが原因の場合もあります。

仕事前などの異性との喧嘩などは「仕事に持ち越す」こともあると言う事です。

自分の理想とはかけ離れているとき

1番多いのは「理想とはかけ離れている」と言うのが多いです。

特に仕事などの時では

「これをこうやってこうやればこうなるのになぜやれないんだ」と

自身の理想だけがどんどん頭の中で怒りとしてつのっていくわけです。

これにより溜まっている間は「態度に」、溜まりきったら「怒りの言葉」として

放出されてしまうのがこの例です。

イライラ度も結構高めですね。

間違っているのを隠す嘘の行動

これはダメなパターンですね。

何かを指摘されて合っているからこそ腹を立て、

間違っているのにも関わらず「相手にイライラを見せつける」と言う事で

一種の威嚇攻撃をすることもあります。

照れ隠しでもありますね。

「黙ってらればいいんだ」と心の中で思っているのかもしれません。

ただただ見ているだけの人が気に食わない

すぐイライラする人は「せっかち」かもしれません。

すぐにこれをやらなければいけないというときに

ルーズな人を見かけたり、ただ ぼーっとしている人を見かけると

イライラがとてつもなく上昇します。

イライラしやすい方以外でも多いかもしれませんね。

話が回りくどい時

かなり遠回りしての会話になったときもイライラするでしょう。

相手の遠回りな会話によって「で、何が言いたいの?」と思っているのです。

とりあえずなんでも「グイグイ」来る人

仕事場などでもそうでなくても多いかもしれません。

いい事ではあるのですが、グイグイと質問や話しかけてくるタイプの人がいます。

「しつこいな」「いい加減にしろよ」「他の人に聞け」と思っているかも知れません。

基本的に「相手のせいにするのが得意」なのだ!

夫婦3

これらはイライラに着火するパターンであるが、

基本的にいずれも「相手が存在している」ということがもちろんで、

その中で相手による行動によってイライラが増していくと言うのが正しいかもしれません。

自身によっておこるイライラは喫煙不足によるイライラとなるでしょうし、

物を落としてしまったというときに「チッ」と舌打ちをする人がいますが、

こういう時は自身によるイライラなのです。

ただ相手が悪いからといった良いとは言えない理由で

「イライラする」のは是非とも治したいところです。

自身が原因でイライラすることを相手にぶつけないのであれば

それはそれで問題はないでしょうから「相手にぶつけてしまうイライラ」は

どうにかしないといけないでしょう。

では、どうすれば抑えることができるのか。

スポンサードリンク

イライラを抑える方法

男

プライベートな時間の場合

まず、プライベートな時間である日ごろイライラする場合は

これで解決するでしょう。

「イライラしそうになったら運動する」です。

ストレッチ3

運動をし終わった後は「幸福のホルモン」とされるエンドルフィンが

ストレスをかき消してくれるため、あまりにも無茶なことでない限りは

なんでも許せてしまうほどの高揚感(幸福感)をもたらすんですね。

その結果、先ほどあったことがどうでもよくなってしまいます。

運動した後に怒っている人ってあまり見かけないですよね?

自身でも運動後に怒るという感情が湧いてきますか?

それくらい運動には人間を高める効果があります。

ただし、軽い運動ではなくしっかりとした運動をテキパキやることが重要です。

仕事中などには

忘年会5

仕事中などは効果的な「運動」ができません。

そういった時はどうすればいいのか。

・笑いの対象にする

あまり良いことではありませんが、「こんな考えで行動していたのか」や

「あぁこういう人間もいるのか」など

ある意味悟りを開くような感じで「自身には無い感覚だな」というのを

植え付けるようにしてみましょう。

「面白いな!!」と思えるくらい心を広く持ちましょうと言う事ですね。

・共感を得られる人を探す

これも重要です。

明らかに「イライラさせる人」は存在しますが、

そのイライラさせる行動などは間違っていると言う事を

同じく共感できる人間のところへ行き、語り合ってみましょう。

そのうち「イライラさせる人」に対して何も思わなくなることもあります。

・目標を確認する

簡単に言うと、その場では関係のない自身の夢や目標を思い出し

それを成功させるにはどうすればいいのかといった

自身に関しての話題を自身の中で自問自答していくと言う事です。

・頭の中で好きな曲をカラオケ風に大熱唱する

ヤバイと思った時はすぐに自身の好きな曲を頭の中で再生し、

それと同時にカラオケにいるつもりで脳内で全力で歌いましょう。

・逆に「自分が間違っている」と思い込む

これも簡単に言うと「相手が持っている考え方も自身に取り込もう」と言う事です。

なんでも知識や経験として自身のたくわえにするのです。

将来会社を作る!!といった方であれば、

こういった「イライラしてしまう事」は日常茶飯事になってしまうかもしれません。

なので、免疫を作り、適切に対応できるくらい「自分が間違っている」と錯覚させ

相手の事を理解するからくりを作ることも大事といえます。

まとめ

今回は「イライラする」に関しての内容でしたが、

イライラするのは誰でも当たり前ではあります。

ただ、対応の仕方が「丁寧」なのか「雑」なのかだと思うので、

イライラを雑に扱わずに丁寧に接することを心がければ

おのずとイライラはどこかへ消えてくれるかも知れません。

大事なのは「相手だけが問題ではない」ということを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ