適応障害とうつ病の違いはなに?接し方で気を付けるべき点とは?


うつ病に加え、最近では適応障害も注目されるようになってきたと思います。

しかし、適応障害とうつ病はどういった違いがあるのかわからないこともあるでしょう。

そこで今回は、適応障害とうつ病の違いや、どう見分ければ良いのかなどについて探っていきます。

また、応障害などの方にはどのように接するべきなのかについても、

ご紹介いたしますので、ご参考になさってくださいね。

スポンサードリンク

適応障害とうつ病の違い

はてな

「適応障害の症状を克服するための対処法・治療方法について!!」にて詳細は書いていますが、

適応障害は、特定の対象が原因でストレスとなり、不安感を抱いたり憂うつな気分になるものです。

ストレスの原因から離れることで、症状が和らぐことが多いと言えますね。

一方のうつ病は、脳自体の働きにトラブルが起きている状態と言えます。

気分が落ち込むことや、やる気が起きないということがありますが、

何でその様な状態か原因がわからないこともあり、辛い面があります。

脳内にあるべき神経情報伝達物質が減ってくることで、起こるのです。

適応障害とうつ病を見分けるポイントとは?

実を言うと、適応障害とうつ病の区別というのはさほどはっきりとしていません

病院の外来においては、うつ病以外の心的な不調は適応障害とされることが多いんです。

適応障害の場合は、その人にとってストレスの原因になるものがあるものなのですが、

うつ病の場合はストレスがあったとしても、精神的に落ち込むなどの症状ばかりではなく、

食欲減退や体を動かす気になれない、眠れないといった体の面の症状が出るのです

適応障害

そういったことから、適応障害の方はうつ病の方よりしゃんとしている風に見えるんですね。

また、大きな両者の違いというのは、症状がどの程度続くのかという点なんです。

適応障害はストレス要因から離れると改善されることがあるんですけれど、

うつ病の場合は、例え良いことが起こったとしてもずっと気分が晴れやかにならないんですね。

病院はどういうところに行くべき!?

健康診断

適応障害かも?と思われた場合には、精神科を受診されるのがおすすめですよ。

何だか行き辛い・・・と思われるかもしれませんが、早めの行動がカギですね。

また、心療内科も適していますので、お近くにないか探してみると良いでしょう。

一番は、カウンセリングや心理療法を行っているクリニックが望ましいんです。

心療内科や精神科は『メンタルクリニック』という名称である場合もありますよ。

スポンサードリンク

適応障害やうつ病の人とはどういう風な接し方が大事なの?

まず、うつ病の方に対して『怠けているだけでは?』と疑うことはいけませんよ。

怠けたいだけなのに、『うつ病』を装っているだけなのではないかと思ってはいけないんです

そんな風に思われていたとしたら、その事はご本人にもわかってしまうんですね。

何だかうつじゃないのかな?と言う方がお近くにいたなら、

病院に行かれることを、さりげなく促してあげることも良いでしょう。

また、うつ病の方にかけてはいけない言葉は『頑張って』というものです。

励ましはうつ病の方には厳禁なのです。

さらに、ゆっくりと休養させることも大事なので、そういった空間を作ってあげましょう。

適応障害の場合は、休養している際には支えてあげたり、共感してあげることが大事です。

笑う

そして、本人がご自身の環境と対峙している時機には、工夫すべき点などをアドバイスすることも一案です。

例えば、『仕事をもう少し続けてみるのも良い』ということなどですね。

適応障害の方にも、心身が疲れてしまっている時には励ますことはNGですよ。

まとめ

適応障害は、ストレス要因が取り除かれると回復することもありますが、

うつ病の場合はいつまでも症状が長引いてしまうという点が違います。

適応障害やうつ病では、心療内科や精神科などに早期に受診されることが望ましいです。

また、うつ病の方への励ましは禁物ですよ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ