適応障害の症状を克服するための対処法・治療方法について!!


あなたは適応障害という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

適応というのだから、周りに合わせるということと、

何か関係があるのだろうかなどと、疑問に思われるかもしれません。

しかし、適応障害について知らないことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、適応障害とはどういったものなのかについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

適応障害とは?

世界保健機構の設けた診断のガイドラインでは、

症状がストレスが原因となって情緒的な面や行動の面において出るもので、

社会の中で働きを見せることが困難になってしまうのが、適応障害としています。

倒れる

起こるのは、生活環境が大きく変化した際や、日常的にストレスのある事柄がある場合があるのですね。

適応障害というのは、その人にとり生活の変化やある出来事が大きな意味を持ち、

通常の生活さえできなくなってしまうほどに、

鬱屈した気持ちになったり、不安感を抱いてしまうなどということが要因となります。

それは、普通の状態よりもより強く現れるものです。

適応障害から、やがて鬱病へと移行してしまう可能性もあるでしょう。

仕事による社会的ストレスは大丈夫?

仕事から受けるストレスというのも、適応障害の原因にもなるんですよ。

朝、会社に行こうと準備を進めながらも、何となく『仕事に行くのが辛いな』と思うこともありますし、

職場の前に辿りついてみると、とたんに不安感を抱いたり、吐き気を催すこともあるのですね。

仕事上などで抱えるストレスを、自分の中に溜めこんでおけなくなってしまうんです。

アナフィラキシー

激務であったり、責任の伴う仕事をすると、やはり疲れてしまうものです。

それに、仕事の分量の多さや締め切りに間に合わせるためなので、

仕事を根詰め過ぎて、睡眠不足になることもあります。

そういったことで、ストレスに段々と打ち勝つことができなくなっていくことがあるのです。

適応障害は、ストレスの対象となっているものから離れることによって症状が良くなるという点が特徴になっていますよ。

適応障害の症状

健康診断

適応障害の症状をすることで自身の日々のセルフチェックも行えますので、

是非覚えておくのが良いでしょう!!

適応障害の症状

✔不安感や恐怖感などを抱き、それが元で動悸や吐き気などを感じる

✔多量の飲酒をしてしまったり、仕事を怠けてしまう、喧嘩をしてしまうなどの問題行動を起こす

✔身体的な特徴として、ダルさを感じたり、腹痛や頭痛などが起こる

✔憂鬱になったり、虚ろな気持ちになる、諦めのような感情を抱いてしまう

✔子供がなった場合は、指しゃぶりをしてしまうなど、赤ちゃんに返ってしまうことがあります

適応障害の対処法・治療法

まずはストレスの原因を取り除こう

カラオケ5

適応障害を治すためには、環境が第一になります。

患者の方が良い環境にいることが良い治療になるでしょう。

患者がストレスと感じている対象から、患者の方を遠ざけることが望まれます

ただ、その対象から何らかの原因で離れることが困難であることもありますね。

そういった場合には、それ以外の方法を模索することになりますよ。

薬を使って情緒や行動を安定させる

風邪6

薬を用いて、情緒的な症状や行動面での症状を抑えることも可能ですよ。

ベンゾジアゼピン系のものは、不安な気持ちや眠れないという症状に効果があるでしょう。

そして、鬱々とした気分には鬱に効く薬を使うこともありますね。

とは言え、これらは症状について使われるものなので、

適応障害そのものの本質を治せるものではないんですよ。

適応できるように努力をしていく

健康診断3

治療には、カウンセリングの認知行動療法というものを用いることがありますよ。

患者の方がストレスをどういった風に受けているのかを分析することで、

その受け止め方には法則性があることがわかるんですね。

認知行動療法は、その法則性について働きかけることができます。

さらに問題解決療法という、問題の根幹にあるものに対して一緒に挑んでいこうという治療法も存在します。

まとめ

適応障害は、何らかのストレスなどにより、日常の生活まで支障を来たしてしまう病気なのです。

さらに、症状についてはストレスの要因となっているものから離れることによって、

緩和されることもあるという点が特徴です。

カウンセリングや薬などによって治療をすることが可能になっているのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ