京都鉄道博物館の開館時間と入館料はいくら掛かる?休館日などの詳細!!


2016年4月29日よりオープンする「京都鉄道博物館」。

日本には「鉄道記念館」などが複数の地域にて存在しますが、

日本最大級ともいえる広さの中で多くの列車を見ることができ、楽しみも多くある、

ここに来れば鉄道が好きになるともいえる場所がこの京都鉄道博物館なのです。

ここでは鉄道の歴史を実際に目で見ることができ、ファンはもちろん、子供や初心者でも楽しめる

博物館ともレジャー施設ともいえる場所となっていますが、

今回は「京都鉄道博物館の詳細」についてお話しします。

京都鉄道博物館とは?目的・コンセプトについて

スポンサードリンク

電車

ただ単に「面白そうだから」と行くこともあるかとは思いますが、

この京都鉄道博物館はどういった目的で創られたのでしょうか。

京都鉄道博物館の目的として以下の事が言えます。

「鉄道の歴史を多くの人に知ってもらう」

「学業の一部に使ってもらう」

「楽しみを伝える」

「鉄道という凄さ・魅力を伝える」

「今後の鉄道への関心を持ってもらう」

「気軽に来られる博物館」

地域活性化を第一として考えているとされる京都鉄道博物館ですが、

ここでは「子供」を対象とした興味・学習・楽しさなどを伝えるための場として使ってもらうと言う事や、

鉄道の凄さ・歴史を知ってもらう事などを主として建てられた博物館となっています。

また、「憩いの場」「学びの場」としても使用していただきたいとあるのですが、

簡単に説明しますと「何度でも足を運んでもらえるような仕組み」「勉強の場としても来る価値がある」と言う事です。

ファミリーで行った際には親である大人はもちろん楽しめるような設計ですし、

子供は興味を持てる・楽しめる・学べるという目的に合わせた博物館になっていると言う事です。

開館時間に注意!?

時間6

京都鉄道博物館は2016年の4月29日(金)よりグランドオープンですが、開館時間には注意が必要です。

京都鉄道博物館の開館時間は「朝10:00~17:30」となっており、入場できるのは「17:00まで」となっています。

これは開館日であれば固定の開館時間となっており、変わることはありません。

朝の10時から夕方5時半と言う事ですが、入場は5時まで。

つまり、5時までに京都博物館に到着し、入場しなければ閉館と同じ意味を持ちます。

夕方5時以降は退館する方のみとなりますので、ここは注意が必要です。

開館時間の詳細

開館時間:10:00~17:30

*入場は17:00までとなっています。

休館日はいつ?GWや夏休み・冬休みなどは?

スポンサードリンク

こちらの休館日も把握していないと行こうと思っていたら休みだったと言う事もありますので、

子供と行く際などの為にも事前にチェックしておきましょう!!

休館日と特別期間の詳細は以下の通りとなっています。

休館日と特別期間の詳細

休館日:毎週水曜日

ゴールデンウィーク:全日営業(2018年5月2日は水曜日(平日)なので休館日の可能性あり)

春休み:全日営業(3/25~4/7という期間設定)

夏休み:全日営業(7/21~8/31という期間設定)

冬休み:詳細未定

年末年始:12/30~1/1

*祝日は開館日となります。

*天候により、休館する恐れがありますので、天気によって連絡の必要があります。

このようになっています。

気を付けるべき点はゴールデンウィークでも水曜日が平日の場合は休館となる事。

そして、春休み・夏休みは全日営業とはありますが、期間が設けられており、

各学校によって期間外と言う事もあるので注意が必要です。

入館費用について

お金

入館するにはもちろん有料での入館となります。

年齢分けも細かくされており、団体の値段もしっかりと分けられているのも特徴です。

そんな入館料の詳細は以下の通りとなります。

入館料の詳細

~個人料金~

赤ちゃん(0歳~2歳):無料

幼児(3歳~6歳年長):200円

小学生(6歳含む):500円

中学生:500円

高校生(高等専門学校生含む):1000円

大学生:専門学生・短期大学:1000円

一般:1200円

*中学生以降は「学生証の提示が必要」となります。

~団体料金(20名以上から)~

赤ちゃん(0歳~2歳):無料

幼児(3歳~6歳年長):100円

小学生(6歳含む):400円

中学生:400円

高校生(高等専門学校生含む):800円

大学生:専門学生・短期大学:800円

一般:960円

*団体の場合、事前に連絡が必要となります。

~障がい者手帳持参での料金~

赤ちゃん(0歳~2歳):無料

幼児(3歳~6歳年長):100円

小学生(6歳含む):250円

中学生:250円

高校生(高等専門学校生含む):500円

大学生:専門学生・短期大学:500円

一般:600円

*入館の際に「障がい者手帳の提示」が必要となります。

*付き添いの方は1名まで同料金での入館が可能です。

SLスチーム号の乗車料金の詳細

赤ちゃん(0歳~2歳):無料

幼児(3歳~6歳年長):100円

小学生(6歳含む):100円

中学生:100円

高校生(高等専門学校生含む):300円

大学生:専門学生・短期大学:300円

一般:300円

*団体料金はありません。

*SLスチーム号とは、実際のSLの客車に乗り、SLのプチ乗車体験ができるというイベントです。

これらが各料金の詳細となっています。

いろいろ注意点はありますが、年齢によってそれぞれ料金が別れていますから注意が必要です。

また()にある年齢にしっかりと目を通し、「何歳から何歳まではいくらか」という点についてもしっかりと把握すると便利です。

まとめ

今回は「京都鉄道博物館」の基本的な情報の詳細について解説しました。

中での内容や詳しい情報は別途記事にてご紹介します。

また、冬休み期間は「本州の冬休み期間は短い」という点から、

通常営業になる可能性もありますので、詳細が決まった場合は後日追加いたします。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ